2009 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 12

海外株式投信評価額(2009.11.27現在)

kage

2009/11/28 (Sat)

今週気になった話題といえば何といっても一時14年4カ月ぶりとなる1ドル=84円台に突入した急速な円高でしょう。

円、独歩高の様相に 欧州・新興国経済にも不安感台頭

外国為替市場で円相場の上昇に歯止めがかからず、27日早朝に一時、14年4カ月ぶりの高値となる1ドル=84円82銭まで上昇した。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の資金繰り不安などから、欧州や新興国経済の先行きに不安感が高まり、ユーロ売りが加速。円はドル売りだけでなく、ユーロ売りの受け皿にもなっており、円独歩高の様相が強まってきた。藤井裕久財務相の円高けん制発言で大きく値を戻す場面もあり、当局の介入姿勢を試しながらの神経質な取引が続いている。

27日早朝のシドニー市場で、円相場は前日の東京市場でつけた高値の86円29銭を突破すると、損失確定のドル売りを巻き込みながら一気に84円台まで上昇。1995年7月上旬以来の高値を付けた。

円ドル相場はここ数日で円高・ドル安が加速していた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が24日発表した議事要旨で「秩序だったドル安」とドル安を容認する姿勢をにじませたのをきっかけに、ドルの先安観が強まり、円が買われた。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

少しだけ買ってみました

kage

2009/11/27 (Fri)

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府系持ち株会社「ドバイ・ワールド」が債権者に総額590億ドル(約5兆円)の債務繰り延べを求めたことで欧州株とユーロが売り込まれたいわゆる「ドバイ・ショック」の影響で今日のアジア市場は株も為替も大変なことになりましたが、ここで動かなければハイリスク投機家の名前が廃ると思い、わずかに猫パンチ投資2発(=金2万円也)ですが勇気を振り絞って買い出動しました。なお本日発注したのは下記のとおり「eMAXIS 新興国株式インデックス」と「世界経済インデックスファンド」で、来週月曜日の基準価額で約定の予定です。

SBI091127

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2009/11/25 (Wed)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,435円 (先月比で20円の低下)
●騰落率 : -6.9% (先月比で2.1%の悪化)


世界経済の最悪期脱却を背景に先月久しぶりに8千円を超えた約定価額ですが、今月は先月比で192円下落の7,865円と再度8千円台を割り込んだ価額での約定となりました。ご承知のとおりセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに占める米国比率は10月末時点で41.3%と大きいため、米国の株価動向や為替のドル円動向に大きな影響を受けることになります。先月の約定後の米国株は引き続き不思議な力強さを発揮して上昇を続けていたのですが、為替のドル円が前回の約定時点で1ドル=92円台だった水準が今回の約定時点では88円台にまで円高ドル安が進んだことが今回の約定価額下落の主因であったのではないかと思われます。ここ数ヵ月の基準価額の急速な回復を見て「もしかすると今年中に私個人の運用成績も黒字化するかも?」と淡い期待も抱いていただけに今回の一歩後退は残念であるのは確かなのですが、長期運用のゴールがまだまだ先であることを考えると現時点ではもう少し低い約定価額でじっくりと個別元本の引き下げを実現したいとの相反する思いもありますので、今しばらくはどちらに転んでも結果オーライというプラス思考でこの混乱期を乗り越えたいと思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.11.20現在)

kage

2009/11/21 (Sat)

今週報道されたニュースの中で私が特に気になったのは政府が正式に日本経済がデフレ状態にあると認めたことです。

政府月例報告「緩やかなデフレ」認定 3年ぶり

政府は20日発表した11月の月例経済報告で、日本経済は物価が持続的に下落する「緩やかなデフレ状況にある」と正式に表明した。月例報告で「デフレ」と認定するのは2006年6月以来、3年5カ月ぶり。国内経済は持ち直しに転じているものの、物価下落で企業収益の悪化や失業増大につながるリスクがあり、政府は雇用対策などに重点を置いた第2次補正予算案の策定を急ぐ。菅直人副総理は記者会見で「デフレ脱却には日銀にも協力してほしい」と注文をつけた。

日銀の白川方明総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、政府のデフレ認定について「日銀の判断も物価下落が続くというスタンス」と述べた。ただ日銀として現状をデフレとして認定するかどうかは「デフレには様々な定義がある」として、明言を避けた。

政府の月例報告は経済財政担当相を兼ねる菅副総理が、同日の関係閣僚会議に提出した。設備投資は「下げ止まりつつある」と上方修正したが、景気全体は「持ち直してきている」とし、判断を4カ月連続で据え置いた。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ありがトンの現金交換率がアップ

kage

2009/11/19 (Thu)

先日「SBI証券が投信マイレージサービスの内容を変更」でご紹介したとおり、一昨日の11月17日からSBIグループのポイントサイト「EGサテライト」で使えるポイント「ありがトン」が「Yahoo!ポイント」に等価で交換できるようになりました。この件について「EGサテライト」を運営するSBIポイントユニオンから出された下記のリリースを読んでみると、標記のとおり「ありがトン」の現金交換率アップの発表が含まれていました。

日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」が運営する「Yahoo!ポイント」へのポイント交換を開始

2) 住信SBIネット銀行の口座をご指定いただいた場合のEGサテライトの現金交換率の向上
(変更前)交換レート : ありがトン500 ポイント = 400円(現金交換率80%)

(変更後)交換レート : ありがトン500 ポイント = 425円(現金交換率85%)

NYダウETFが東証に上場

kage

2009/11/19 (Thu)

相互リンクさせていただいているrennyの備忘録でいち早く東証への上場が紹介されたNYダウETFですが、本日東京証券取引所より正式に発表されました。

12月10日(木)、NYダウETFが上場 (シンプレクス・アセット・マネジメント)

当取引所は、本日、シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社が設定するNYダウETF「Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信」の上場を承認しました。

上場予定日は12月10日(木)です。米国株指数に連動するETFの上場は国内初となります。ETFの連動対象となる「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(NYダウ)」は、米国の有力企業30銘柄で構成された代表的な株価指数で、ダウ・ジョーンズ社が算出している指数です。指数及びETFの詳細につきましては、以下の概要又はパンフレットをご覧ください。

※当該ETFは、国内で組成される「内国ETF」です。他の内国ETFと同様に、全国の証券会社でお取り扱いしております(売買時、配当受取時の課税の取扱いは株式に準じます。詳しくはパンフレット「課税上の取扱い」をご覧ください。)。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

個人投資家の約7割が年収500万円未満

kage

2009/11/18 (Wed)

投資に対する理解がなかなか深まらない日本ではいまだに「投資=金持ちの道楽」という偏見が強いようですが、本日ロイターが伝えた日本証券業協会の調査によると日本の個人投資家の実態は一般的なイメージとは大きく異なっているようです。

個人投資家の約7割が年収500万円未満=日証協

東京 18日 ロイター:日本証券業協会が全国の個人投資家に行った意識調査で、個人投資家の約7割が年収500万円未満であることが明らかになった。調査は全国2112人(有効回収は1095人)を対象に行われた。

調査結果によると、個人投資家の年収は300万円未満が42.3%と最も多く、続いて300-500万円未満が25.4%だった。合わせると約7割(67.7%)が年収500万円未満となる。また、個人の金融商品(預貯金を含む)の保有額は1000万円未満が50.6%と半数を超えた。証券商品の保有額は100-300万円未満が26.3%と最も高かった。調査は2010年度の税制改正要望の参考にする。

日証協の安東俊夫会長は18日の定例会見で、「証券に関する軽減税率が廃止されるようなことになれば株価への影響は大きい。ドイツなどは非課税にすることで個人投資家が約20%拡大している。金持ち優遇ではないことを理解して欲しい」と述べた。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

SBI証券が投信マイレージサービスの内容を変更

kage

2009/11/16 (Mon)

SBI証券独自のポイントプログラムである投信マイレージサービスの内容が下記のとおり12月1日から変更されるとのことです。詳細は下記のリンク先でお確かめいただきたいのですが、要は毎月の平均評価額に応じて一定のポイントを毎月付与するマネックス証券方式に変更となるようです。

投信マイレージサービス変更のお知らせ

2009/12/1(火)より、投信マイレージサービスの内容を変更させていただきます。

・サービス変更内容

現行の投資信託の販売手数料(消費税を除く)の50%相当のポイントの付与と、投資信託の信託報酬の販売会社受取分(消費税を除く)の20%相当のポイント付与に代えて、2009/12/1(火)より投資信託の月別平均評価額に応じてポイントを付与する内容に変更いたします。

投資信託の月別平均評価額が1,000万円未満のお客様に年率0.1%相当のポイントを付与し、投資信託の月別平均評価額が1,000万円以上のお客様に年率0.2%相当のポイントを付与いたします。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.11.13現在)

kage

2009/11/14 (Sat)

経営危機に陥っている日本航空は昨日、中間期の損失としては過去最大となる1,312億円の赤字決算を発表し、同時に当面の危機回避策として私的整理手法の一つである事業再生ADRを申請しました。ちなみにここでいうADRとはAlternative Dispute Resolution(裁判外紛争解決手続)を指し、外国企業が米国株式市場に上場する手段として私たち個人投資家におなじみのADR(American Depositary Receipt=米国預託証券)とはまったく関係がありません。この事業再生ADR申請を受けて大手格付け会社が相次いで日本航空の格下げを決めています。

S&Pが日航を格下げ R&Iも格下げの方向

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、日本航空と子会社の日本航空インターナショナルの長期会社格付けを「トリプルC」から「ダブルC」に引き下げたと発表した。両社の長期優先債券の格付けは、「トリプルCプラス」から「トリプルC」に引き下げた。

事業再生ADR(裁判外紛争解決)が正式に受理されたことで「債務が期日どおり履行されない可能性が高まった」(S&P)ためとしている。

一方、格付投資情報センター(R&I)は同日、日航と日航インターの発行体格付けを「トリプルC」で据え置き、引き続き格下げの方向で見直すと発表した。「事業再生計画手続きの成否やその詳細を確認したうえで、新たな格付けを公表する」としている。 (日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

日本の長期金利上昇が東アジア共同体実現を促す?

kage

2009/11/12 (Thu)

まず始めにお断りしておきますが、これから書く内容は100%私の妄想であり、素人の単なる連想ゲームであることをご承知置きください。それではまず日本国債の長期金利が上昇しているところからこの連想ゲームをスタートさせていただきます。

長期金利、一時1.485%に上昇 財務相「非常に気にしている」

10日の債券市場で、長期金利の指標である新発10年物国債利回りが一時、前日比0.010%高い1.485%に上昇した。6月16日以来、約5カ月ぶりの高水準。株価の上昇に加え、来年度予算編成や国債増発への不透明感が意識され、売りが先行した。ただ、藤井裕久財務相が歳出削減を徹底することなどを改めて強調。その後は買い戻しも入った。

藤井裕久財務相は10日の閣議後の記者会見で、長期金利の上昇について「非常に気にしている。国債市場の信頼を失うと国益を損なう」と述べた。背景には財政悪化への懸念があると指摘したうえで、2010年度予算編成に関し「(財政悪化の)是正は何としてもやる。歳出を切るのはそれが目的だ」と強調。10年度予算の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えを改めて強調した。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.11.06現在)

kage

2009/11/07 (Sat)

昨日米労働省が発表した10月の雇用統計で失業率が前月比0.4ポイント上昇の10.2%に悪化しました。この10%を超える数値は1983年4月以来実に26年半ぶりとなる高い水準とのことで、雇用不安の長期化を懸念して為替市場ではドル円が大きく円高に振れています。ただしここで注意しなければならないのは単にドル円だけを見て現状が円高であると判断すると実態を見誤る恐れがあることです。下記のチャートはYahoo!ファイナンスからお借りした直近一年間の主要通貨比較チャートですが、これを見ると最近の為替動向が必ずしも円高傾向ではないことがご理解いただけると思います。

JPY091107

緑:豪ドル/円 橙:ユーロ/円 赤:カナダドル/円
黒:英ポンド/円 青:米ドル/円


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

野村アセットがインド株連動ETFを東証に上場

kage

2009/11/06 (Fri)

本日の日本経済新聞の報道によると、日本の株式市場に上場する新興国系株式連動ETFとして個人的にも登場を待ち望んでいたインド株式に連動するETFがいよいよ上場されることになるようです。

野村アセット、インド株連動ETF上場 BRICs出そろう

野村アセットマネジメントは11月下旬に、インドの株価指数に連動する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場する。既にブラジル、中国、ロシアの株価指数に連動するETFが東証や大阪証券取引所に上場しており、BRICsすべてのETFが出そろう。個人投資家が複数の新興国株に分散投資したい場合などに利用するケースが増えそうだ。

連動対象になる株価指数はインドのナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成する「S&P CNX Nifty」。最小売買金額は9000円程度になる見通しで、個人投資家による売買を見込んでいる。現物株で運用すると、インド非居住者の株式売買に対する課税対象になるため、株価指数に連動する仕組み債で運用する。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

eMAXISシリーズを初買付

kage

2009/11/04 (Wed)

先週の定時報告で私は「DIAM中国関連株オープン(愛称:チャイニーズ・エンジェル)の決算で分配金2,000円が出ました。個人的には含み損を抱えたままなので無分配を期待していたのですが出てしまったものは仕方ありませんので単純に再投資はせず来週の動向を見極めながら何か有効な使い道を考えたいと思います。」と書きました。本日、その分配金再投資の第一弾としてSBI証券にて今話題の低コストインデックスファンド・eMAXISシリーズの中から「eMAXIS新興国株式インデックス」に猫パンチ投資(=10,000円)を繰り出しました。

SBI091104

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング