2009 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 09

海外株式投信評価額(2009.08.28現在)

kage

2009/08/29 (Sat)

2週間前の定時報告で私は日本の年金運用について「それでは日本の年金運用は相変わらずダメダメかといえば、私は必ずしもそうではないと思っています。なぜなら今春の株価下落場面で「年金の買い」という報道がたびたびされており、それを裏付けるように東証の発表では(一般的に年金の売買が手口として現れるとされる)信託銀行経由の買いが突出していました。その時の買い入れ分をまだ売却していないとすれば現状では結構な含み益となっているはずで、日本の年金運用も今年前半はかなり期待できる結果を残しているのではないかと勝手に想像しています。」と書きましたが、昨日の日本経済新聞の報道によるとやはり今年春以降の年金運用は空前の好成績を残すことができたようです。

公的年金の運用利回り、4~6月4.85% 4四半期ぶりプラス

公的年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が27日発表した2009年4~6月期の運用実績によると、市場運用利回りは4.85%、運用収益は4兆4921億円となった。利回りがプラスになるのは4四半期ぶり。金融市場が落ち着いたことで08年度の損失の半分を取り戻した計算になるが、運用環境は依然厳しい。

GPIFは国民年金と厚生年金の積立金を運用する独立行政法人。6月末の運用資産総額は約122兆円で、このうち市場運用分が98兆円を占める。資産構成割合は国内債券が64%、国内株式が14%、外国債券が10%、外国株式が11%、短期資産が1%となっている。

4~6月期の市場運用利回りはすべての資産で運用利回りがプラスになった。国内株式が20%超、外国株式も17%超と収益回復のけん引役となった。外国債券も円安・ユーロ高が追い風となり、2%弱の利回りを稼いだ。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信運用責任者変更に伴う説明会のご報告を読んで

kage

2009/08/28 (Fri)

今週は所用のためほとんどインターネットと無縁の生活を送っていましたので今日になってようやく「ひふみ投信 運用責任者変更に伴う説明会」のご報告を読むことができました。この説明会で今回の運用責任者交代についてどのような説明がされたのか私自身ひふみ投信の顧客の一人としてとても気になっていましたので、このように詳細をサイトに掲載していただけたことは素直に感謝したいと思います。この顧客と真摯に向き合うレオス・キャピタルワークスの姿勢は高く評価して良いと考えます。

公開された説明会のレポートを読んで私が感じた印象を率直に書けば、親会社であるISホールディングスが業績低迷が続くレオス社の経営テコ入れを図ろうとしたところ、レオス社が当初掲げていた経営方針の修正が必要となり、立田氏はどうしてもそれを受け入れられなかった、という理解となりました。今回の動きの根本的な要因はレオス社の業績低迷にあると思われますのでISホールディングスの判断も理解できますし、それにより言行不一致となってしまうことを良しとしない立田氏の筋の通し方も理解できます。ただひとつ確実なことはひふみ投信の顧客は本来なら心配をしなくても良い組織上のゴタゴタで余計な不安を生じさせられたことです。そういう意味では一番の貧乏くじを引かされたのは顧客であったといえるのではないでしょうか?

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2009/08/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,500円 (先月比で30円の低下)
●騰落率 : -9.1% (先月比で2.7%の改善)


先月の定期積立約定以降もセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額は順調に上昇を続け、8月10日には7,971円と8,000円台回復目前にまで迫りました。しかし為替がちょうど8月10日をピークにして急速に円高に触れたこともあり今回の約定価額は7,758円となりました。投資全体としては早く含み損を解消して欲しいという気持ちがある一方で購入時にはなるべく安く約定して欲しいという気持ちもあるため、最近の基準価額動向は痛し痒しといったところですね。ただ騰落率がマイナス一桁台に入ったことは素直に喜びたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.08.21現在)

kage

2009/08/22 (Sat)

今朝終わった米国株式市場はバーナンキFRB議長が講演で世界経済が底入れしつつあるとの認識を示したことや7月の中古住宅販売戸数が市場予想を上回る大幅な増加となったことなどを好感して大幅高となり、年初来最高値を更新する9505ドル96セントで引けました。そんな明るい話題で迎えた週末ですが個人的には今週は上海株の動向に翻弄されまくった一週間となりました。

これまで世界経済の底打ちを先導するように順調に上昇を続けていた上海株でしたが、ご承知のとおり直近2週間で20%も株価が下がるという緊急事態となっています。いつも中国情報の収集でお世話になっているサーチナからお借りした下記の上海総合指数日足チャートをご覧いただければ最近の株価下落の大きさがご理解いただけると思います。

上海総合指数日足

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信運用責任者変更

kage

2009/08/21 (Fri)

本日、私が定期積立を行っているひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークスから標記の案内メールが届きました。私自身顧客の一人としてこの動きはまさに寝耳に水のもので、驚きを禁じ得ません。

「ひふみ投信」運用責任者変更のお知らせ

いつも「ひふみ投信」をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

2008年9月より募集を開始した「ひふみ投信」はまもなく1周年を迎えます。おかげさまで日々、着実に口座数および純資産の残高を増やし続けており、これもみなさまからの温かいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

このたび、平成21年9月1日より、ひふみ投信の運用責任者を立田博司より、当社設立時より最高運用責任者(CIO)を務めてまいりました、藤野英人に変更いたしますのでお知らせいたします。

当社では、ISホールディングスグループとしてさらなる発展を目指し、新しい投信の組成、それら新商品のISホールディングス傘下のグループ会社各社での販売展開等、あらたなマーケティング戦略を展開する方針です。

それに伴い、運用担当者は変更しますが、「ひふみ投信」のコンセプトや販売方法は従来通り継続し、個々の企業の成長性や収益性をレオス独自の視点から分析し、投資を行なうことにより、運用成績の向上、信託財産の成長に努めてまいります。

海外株式投信評価額(2009.08.14現在)

kage

2009/08/15 (Sat)

100年に一度とも表現される今回の金融危機の影響で日本の年金基金が多額の運用損失を出したというニュースは記憶に新しいところですが、昨日の時事通信の報道によるとノルウェー政府年金基金は未曾有の金融危機を千載一遇のチャンスと捉えて積極的運用に転じて大成功を収めているようです。

全世界の株1%保有=積極買い増し、4~6月の利益4兆円-ノルウェー年金

ノルウェー中央銀行は14日、同国の政府年金基金による株式保有額が、6月末時点で全世界の株式時価総額の1.0%に達したことを明らかにした。昨秋の経済危機以降、世界の株価が急落・低迷する局面で、株式投資を積極化させたため。利益面でも、4~6月期の運用成績は株価反騰を受け12.7%、運用評価益は2700億クローネ(約4兆2500億円)に達し、同基金として過去最高の四半期益を計上した。

同基金は、石油・ガス収入を資源枯渇後も将来の世代に分配する目的で設置されており、運用規模は2兆3850億クローネ(約37兆5000億円)と、国際通貨基金(IMF)の調べでは政府系投資ファンド(SWF)として世界2位。(時事通信より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.08.07現在)

kage

2009/08/08 (Sat)

7月18日の定時報告で私は今年3月から始めた新興国ETFを活用した短期売買の結果を集計して、短期売買は結局のところ「骨折り損のくたびれもうけ」となる可能性が高いとの結論に至りました。そこで今度は株価が力強い上昇を始めていた中国に集中した中期投資に戦略を切り替えることにしました。ところが最近になって上海や香港の株価は乱高下することが多く、私の売買も大いに翻弄されています。こうなってくると「やはり短期売買に徹していた方が良かったのでは?」との疑問も湧いてくるようになり、状況に応じて臨機応変に投資戦略を変更することがいかに「言うは易く行うは難し」であるかということがよく分かります。それならいっそのこと長期投資と同様にこちらもドルコスト平均法で買い付けてあらかじめ決めておいたレベルに達したら機械的に売却すれば良いのではないかという発想が浮かんできます。新興国の株価が乱高下を繰り返しながらもこのまま右肩上がりのトレンドを継続してくれるのであればおそらくその行動がもっとも合理的であると自分自身でも納得できるのですが、新興国ETFを活用した短期売買は私にとってはほとんど趣味の世界ですからそれでは到底満足できません。かくして私はこれからも意図的に荒波に挑み続けることとなるわけです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

マネックス、お前もか

kage

2009/08/03 (Mon)

本日、マネックス証券のサイトに「【投信選び】REITファンドで毎月分配金を受け取るチャンス!」と題する販促ページが掲載されました。REITファンドの販促といえば以前「REITファンドの利回りが30%?」でSBI証券の顧客の誤解を誘発するような表現方法に異議を唱えたことがありますが、さすがにマネックス証券はそんな誤解を招くような表現はしていないだろうと信じつつリンクをクリックしてみるといきなり目に飛び込んできたのが下記のセールストークでした。

2009年6月に新たにマネックスの投資信託ラインナップに加わった、「ラサール・グローバルREITファンド」。7月21日~7月24日のマネックス証券の投資信託週間売れ筋ランキングでも2位にランクインするなど、お客さまから注目を集めているようです。

注目の理由の1つとして考えられるのは、経済危機の影響などで減配などを行いながらも、これまで安定的に分配金を支払ってきたからかもしれません。本日は、マネックス証券で取扱いのあるREITに投資するファンドのうち、毎月決算を行う主なファンドをご紹介いたします。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.07.31現在)

kage

2009/08/01 (Sat)

今週、個人的に気になったニュースは住友信託銀行が日興アセットマネジメントの買収を正式発表したことでした。私自身、住信アセットマネジメントと日興アセットマネジメント両方の投資信託を保有していますので、将来的にアセットマネジメント事業がどうなるのか(独立経営維持か統合か)については大いに関心があります。また日興シティホールディングスの保有資産売却が順調に進んでいることから、「次はいよいよマネックス株の売却か?」との予感も強くなっています。

住信、日興アセット買収・資本増強計画を発表

住友信託銀行は30日、米シティグループ傘下の大手資産運用会社、日興アセットマネジメントを買収すると正式発表した。買収額は1124億円で、ほぼ全株式を取得し10月1日付で子会社化する。住友信託は優先株による第三者割当増資を実施することも表明。9月に1090億円を発行し、財務基盤を強化する。

世界的な金融混乱で経営危機に陥った米シティは今年1月、リストラの一環として非中核事業を売却すると表明。日興コーディアル証券を三井住友フィナンシャルグループ、日興シティ信託銀行を野村グループがすでに買収を決めている。日興アセットの売却も決まったことで、日興グループ各社の売却問題が決着する。

住友信託グループの資産運用残高は約25.7兆円。日興アセットは約8.8兆円で、買収により合計で約34.5兆円と国内有数の資産運用グループに浮上する。日興アセットについては、2、3年後の株式上場を目指しており、住友信託は上場益も狙う。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング