2009 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 06

ビッグ3の時価総額(2009年5月29日現在)

kage

2009/05/31 (Sun)

政府から再建策提出のタイムリミットを6月1日に定められているゼネラルモーターズ(GM)ですが、各種報道を見る限りどうやらクライスラーに続いて米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請して経営破綻となりそうな雲行きです。実際の発表タイミングによっては6月1日にGM株の売買が停止される可能性もあるため先週末時点での時価総額調査の数値を更新しておきたいと思います。なお下記の計算式は発行済株式数×最新の株価×為替レート(1ドル=95.3円)です。またごカッコ内の数字は左から2008/12/3時点、12/22時点、2009/1/23時点、3/6時点、3/30時点、5/1時点の時価総額です。

ゼネラルモーターズ:531百万株×0.75ドル× 95.3円=380億円
(2,222億円/1,545億円/1,509億円/870億円/1,173億円/1,096億円)

フォードモーター:2,322百万株×5.75ドル× 95.3円=1兆2,724億円
(5,797億円/5,087億円/3,485億円/3,988億円/6,220億円/1兆2,710億円)

クライスラー:米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したため算出不能。

金曜日のGM株は破産法申請不可避との観測から処分売りが膨らみ、ついに1ドルを割り込んだ75セントまで下落しました。これにより金曜日時点のGMの時価総額は380億円にまで目減りしてしまいました。これにより市場はGMの破産法申請をほとんど織り込んだと考えられ、再建をあきらめて清算・解体などという事態にならない限りは大きな波乱はないように思えます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.05.29現在)

kage

2009/05/30 (Sat)

100年に一度とも表現される今回の金融危機を引き起こした主犯であるサブプライム問題の影響が比較的小さかった日本が欧米以上に深刻な景気後退に見舞われた理由は極端な外需依存という経済構造にありました。つまり日本経済の「飯の種」である欧米の消費が急速に縮小したためこれまで飽食を貪っていた輸出企業もいきなり食うに困る状況に追い込まれてしまったわけです。これを教訓にしてこれからの経済対策では内需の拡大を目指す施策が数多く盛り込まれることになるのですが、どうも日本の内需拡大は一筋縄では行きそうもありません。なぜなら少子高齢化が進む日本においては年金や医療・介護など老後の保障に関する制度に不安があり、国民が安心して消費を拡大できる雰囲気がまったくないためです。年金については今日も毎日新聞に「国民年金:納付、最悪に 11カ月で61.5%--08年度見通し」という記事が載っていますが、これも国民の年金不信を表す一例であると思います。そもそも現行の年金や医療保険制度はいわゆる人口ピラミッド(年齢別人口構成図)が綺麗な山形を描いていた時代に作られたものであり、少子高齢化が進み壺型となった人口ピラミッドの重心がさらにドンドン上昇している現状では歪みが出るのは当たり前です。すなわち現役世代がリタイア世代を支えることはすでに不可能であることをまず認めて根本的に制度を組み替える必要があるわけです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ミリオンセラー「ウォール街のランダムウォーカー」著者が送る動画メッセージ

kage

2009/05/29 (Fri)

本日、モーニングスター社より下記のメールが届きました。先般のマルキール氏のセミナーには私も応募受付開始日に勇んで申し込んだもののあえなく落選となり悔しい思いをしていただけに早速ありがたく視聴させていただきました。

【緊急対談】ミリオンセラー「ウォール街のランダムウォーカー」著者が送る動画メッセージ

いつもモーニングスターをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

資産運用のバイブルとして、1973年の初版以来長年に渡って読み継がれ、全世界で150万部以上のミリオンセラーを達成した「ウォール街のランダムウォーカー」。 その著者である、バートン・マルキール氏と、モーニングスター代表取締役COO 朝倉智也の対談が実現。金融危機後の資産運用はもちろん、今後最も魅力的な市場。さらには、かつて社外取締役も務めたバンガード・グループの投資哲学など、幅広くお話いただきました。

対談の最後には、同氏から個人投資家の皆様に向けた特別メッセージもご覧いただけます。

詳細はhttp://www.morningstar.co.jp/news/video/feature.html?selectedCategory=movie101


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

MSCIワールド株価指数が6カ月ぶりの高値に

kage

2009/05/29 (Fri)

米自動車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)の経営破綻がいよいよ決定的になるなど100年に一度の経済危機は依然として続いているにも関わらずこのところの世界の株価は不思議と堅調です。世界の株価が上昇することは投資家の一人として素直に嬉しい反面、実体経済を無視して市場に楽観ムードが広がれば後になって手ひどいしっぺ返しを食らうという恐怖感も日々感じています。しかしそんな私の心配をよそに全世界の株価の標準的指標であるMSCIワールド株価指数は6カ月ぶりの高値を記録したそうです。

MSCIワールド株価指数、6カ月ぶり高値に

ロンドン 29日 ロイター:MSCIワールド株価指数は29日の取引で、6カ月ぶり高値を付けた。世界経済の最悪期が過ぎたとの期待感が支援材料となっている。

同指数は一時245.40まで上昇し、昨年11月以来の高値を付けた。同指数は5月になって9%近く上昇。4月は11%上昇していた。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.05.22現在)

kage

2009/05/23 (Sat)

今週、新興国投資で巨額の含み損を抱えている私に久しぶりに明るい話題を提供してくれたのがインド株の急騰でした。これは市場参加者の多くが総選挙を前に与党が敗北してこれまでの経済政策が継続されなくなるリスクを意識していたところで選挙結果が予想外の与党圧勝となったことがポジティブサプライズとなったためであると解説されています。下記はマネックス証券のワールドマーケットナビからお借りしたムンバイSENSEX指数のチャートですが、ご覧のとおり急騰後はさすがに押されたとはいえ大きな窓を開けて高値もみ合いの様相を呈しています。

SEN090522

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2009/05/22 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,628円 (先月比で66円の低下)
●騰落率 : -15.4% (先月比で3.5%の改善)


先月のご報告からの1カ月も引き続き世界の株価は堅調な動きを続けたため今月の約定価額は先月比251円アップの7,310円となりました。今からわずか4カ月前の1月末のご報告では約定価額6,291円で騰落率-30.7%となっており、この4カ月間の投資環境の改善がいかに急であったかが分かります。これはリーマンショック以降の株価下落が市場の総悲観が行き過ぎた結果であったことを示していると見ることもでき、ここ数ヵ月の堅調な動きはその修正局面であると捉えることも可能ではないかと思います。しかしこのまま世界経済が一気に回復に向かうとはとても思えず、この積み立てについても今年いっぱいは月々の成績に一喜一憂せず、じっくりと個別元本の引き下げに取り組んでいるのだと考えることにしたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

マネックスはオンライン投信販売No.1?

kage

2009/05/21 (Thu)

昨日更新されたマネックス証券の「厳選!マネックスのセレクトファンドリニューアル」の中で「マネックスは、2008年度、オンライン専業証券で投信販売No.1に!」と書かれているのを見て私はおや?と思いました。なぜなら4月末に書いた「マネックスはどこへ行く?」でご紹介したようにマネックスグループの平成21年3月期決算説明会資料(クリックするとPDFファイルが開きます)の30ページに掲載されている資料を見ると、下記のとおり2008年のインターネット経由投信販売額でマネックス証券はダイワダイレクトに次いで2位であったからです。

monex2008_30

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

大証が原油先物ETFを上場へ

kage

2009/05/20 (Wed)

昨日付の産経ニュースによると大阪証券取引所が新たに原油先物に連動したETFを上場させると発表したそうです。主要国のメジャーな株式指数に連動するETFの上場を待ち望んでいる多くの個人投資家の皆さんにとってはまた肩透かしを食った形になりましたが、下記の記事を読んで私は案外これは使えるのではないかと感じました。

大証が原油先物ETFを上場へ

大阪証券取引所は19日、先物取引で運用する上場投資信託(ETF)を上場できる制度を7月に導入すると発表した。第1弾として、原油先物に連動したETFを上場させる。

運用会社が商品開発し、大証の審査を通って、投資家が売買できるようになるのは8月になる見込み。原油先物に連動したETFは国内で初めて。

大証は金価格や中国など外国の株価指数に連動したETFなどを上場させており、ETFの多様化に力を入れている。米田道生社長は同日の記者会見で「価格変動リスクの回避などで利用してもらえるだろう」と導入の狙いを説明した。(後略)(産経ニュースより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.05.15現在)

kage

2009/05/16 (Sat)

今週は3月決算企業の決算報告が佳境を迎え、昨日決算を発表した上場企業の数は過去最高を記録したそうです。それぞれの決算内容は千差万別であるのは当然ですが、多かれ少なかれ100年に一度の金融危機の影響を反映したものとなったようです。中でも深刻なのがこれまで日本の経済成長を力強く牽引してきた自動車や電機などの業績で、前期の決算がボロボロであっただけでなく今期の業績予測も悲観的な数字が並んでいます。その一例として私自身がいちファンとして注目しているソニーの決算を見てみると2009年3月期の最終損益は989億円の赤字となり(前期は3,694億円の黒字)、2010年3月期の最終損益予想は1,200億円の赤字とさらに赤字幅が拡大する見通しとなっています。私が考えるソニーにとっての最大の懸案事項は本来なら収益の柱となるべきテレビとゲーム事業が相変わらず赤字を垂れ流しており、2010年の予測でも引き続き赤字体質から脱却できないと見込まれていることです。政府は何とか自動車や電機業界を助けようとエコカー減税やエコポイントなどの政策を打ち出しており、確かに目先の効果には期待できると思います。しかしデジタル放送対応テレビの普及率はすでに6割を超えていることを考えればソニーにとってテレビ事業の抜本的な改革に残された時間はわずかであると考えるのが妥当であると考えます。かつてオーディオ&ビジュアル専業メーカーとして名を馳せたパイオニア、ビクター、ケンウッドなどが単独での生き残りが困難な状況に追い込まれている現実を見ると、ソニーの将来にも重苦しい暗雲が立ちこめているように感じます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

三菱UFJ信託が日興シティ信託の買収を撤回

kage

2009/05/15 (Fri)

昨年末に書いたこちらのエントリーでご紹介した三菱UFJ信託銀行による日興シティ信託銀行の買収ですが、紆余曲折を経て結局「破談」となってしまいました。

三菱UFJ信託、日興シティ信託の買収撤回を発表

三菱UFJ信託銀行と米シティグループは14日、シティ傘下の日興シティ信託銀行の株式譲渡を見送ることで合意したと発表した。昨年12月の契約時は今年4月に250億円で買収する計画だった。だがその後シティは、シティ信託と業務面で関係が深い日興コーディアル証券や日興アセットマネジメントの売却を決定。両社とも三菱UFJフィナンシャル・グループ以外が買収することになり、シティ信託だけを獲得しても収益面での相乗効果は薄いと判断。最終的に買収を見送ることで合意した。 (日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

SBI証券が世界経済インデックスファンドの取扱いを開始

kage

2009/05/13 (Wed)

以前こちらのエントリーで触れた「世界経済インデックスファンド」がSBI証券で取扱い開始となりました。運用元はSTAMシリーズでおなじみの住信アセットマネジメントで、バランスファンドとしてはSBI 資産設計オープン(愛称:スゴ6)の親戚のような存在ともいえます。ご参考までに上記エントリーで私が書いたコメントを以下に再掲いたします。

(世界経済インデックスファンドの)「全世界の株式と債券に分散投資」「株式と債券の比率は50:50」というコンセプトを見るとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの強力なライバルとなるのは確実と思われます。運用面での違いとしてはアセットアロケーションの組み立て方がセゾンが時価総額を基準とするのに対して住信はGDPを基準とすることや、債券の部分に住信は新興国の割り当てがあるのに対してセゾンにはない点が目立ちます。個人的には時価総額よりGDPの方が実体経済を正しく反映しているように感じますし、そもそも新興国投資大好き人間である私にとっては新興国の組入比率が高い「世界経済インデックスファンド」の方により魅力を感じます。ただし現時点では取り扱いがソニー銀行に限られており、しかもノーロードではないために残念ながら投資対象にはなりにくいですが、もしネット証券でノーロードで購入できるようになれば真剣に乗り換えを検討することになると思います。セゾン投信を応援したいとう気持ちに変わりはありませんが、最悪の投資環境の中で大切な資金を投じるのですからそのあたりはシビアに判断したいと思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

GM株が76年ぶりの安値

kage

2009/05/13 (Wed)

今朝終わった米国株式市場では最終的な会社再建策の提出期限が今月末に迫っているゼネラル・モータース(GM)の株価が急落し、一時は1.09ドルと1ドル割れが現実的になる水準にまで売り込まれました(終値は1.15ドル)。下記の日本経済新聞の報道によるとこの株価水準は世界大恐慌後の1933年以来実に76年ぶりの安値とのことで、「100年に一度」という表現が決して大げさでない状況になりました。

GM株が76年ぶり安値 破産法申請の懸念広がる

米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の株価が12日、1930年代の世界大恐慌以来の安値水準まで売り込まれた。前日、同社役員が保有するGM株を大量に売却したことが判明。GMが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請するとの懸念が広まった。

12日の米株式市場でGM株は一時、前日終値に比べ20%以上急落し、1.09ドルまで値下がりした。米メディアによると、1933年以来、76年ぶりの安値水準という。

GMのヘンダーソン最高経営責任者(CEO)は11日、電話会見で「破産法を申請する可能性が一段と高まっている」と強調。その後、ラッツ副会長ら役員6人が、計20万株以上の保有株を売却したことが伝わり、株式市場で売りの動きが一斉に広がった。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.05.08現在)

kage

2009/05/09 (Sat)

ゴールデン・ウィーク中のテレビニュースでは高速道路大渋滞の話題が頻繁に紹介されていました。この前代未聞の大渋滞の要因はもちろん政府による緊急経済対策の一環である「高速道路休日1,000円乗り放題」にあるのですが、この制度については個人的に言いたいことが山ほどあります。かつて高速道路を管理・運営していた日本道路公団はいわゆる小泉改革により分割民営化され東日本高速道路株式会社など複数の民間企業に生まれ変わりました。すなわち現在の高速道路会社はかつて国鉄が民営化されて生まれたJRと同じ扱いであるにも関わらずここにだけ多額の税金が投入されて割引が行われることに私はどうにも納得できません。このように政府がある特定の民間企業だけを優遇するのは不公平ですし、例えばJR東海のまとめによるとゴールデン・ウィーク中の東海道・山陽新幹線の利用者は前年比7%減となっており政府の営業妨害による実害が現れているともいえます。かつてガソリンの暫定税率問題で国会が紛糾した際に政府・与党が環境対策効果を声高に叫んでいたことを思えばむしろ環境負荷の低い鉄道利用を促す「政府提供スペシャル青春18きっぷ(日本全国の鉄道休日1,000円乗り放題、ただし特急料金は自己負担)」というような政策を打ち出す方が以前の言動との整合性が取れるというものです。ですから今回の政策を穿った目で見れば以前こちらのエントリーでご紹介したようなETC利権に絡んだ天下りのお役人が利益を得ることができるために高速道路を優遇しているのではないかと深読みしてしまいます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

SBIがダウ・ジョーンズと合弁設立

kage

2009/05/07 (Thu)

本日、SBI証券を傘下に置くSBIホールディングスがダウ・ジョーンズとの合弁で「ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン株式会社」を設立することを発表しました(ニュースリリースはこちらです)。

米ウォール紙が日本専用サイト ダウ・ジョーンズ、SBIと合弁

米メディア大手のダウ・ジョーンズ(DJ)とSBIホールディングスは7日、月内に合弁会社ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン(WSJジャパン、東京・港)を設立すると発表した。年内をめどに米経済紙「WSJ」の日本専用サイトを立ち上げ、欧米の金融経済ニュースなどの日本語での配信を始める。

新しい合弁会社の資本金は4億円。DJが60%を、SBIが40%を出資する。新設する日本版WSJのサイトではWSJが扱うビジネスニュースの邦訳を配信するほか、DJが発行する出版物のコンテンツも流す。現地語によるWSJの本格的なサイトはアジアでは中国に次ぎ2番目となる。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ビッグ3の時価総額(2009年5月1日現在)

kage

2009/05/02 (Sat)

オバマ大統領から4月末までにイタリアのフィアット社との提携を完了させるよう迫られていたクライスラーですが、結局債権者との合意に至らず、時間切れアウトとなり米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請して経営破綻しました。もっとも今回の経営破綻は事前に米国政府とフィアット社が再建を支援することを表明した上での計画的破綻だったことから市場の混乱はほとんどありませんでした。市場の関心はすでにタイムリミットが5月末に迫っているGMに移っているともいえそうです。そこで改めてクライスラー破綻時点でのビッグ3時価総額調査の数値を更新しておきたいと思います。なお下記の計算式は発行済株式数×最新の株価×為替レート(1ドル=99.1円)です。またごカッコ内の数字は左から2008/12/3時点、12/22時点、2009/1/23時点、3/6時点、3/30時点の時価総額です。

ゼネラルモータース:611百万株×1.81ドル× 99.1円=1,096億円
(2,222億円/1,545億円/1,509億円/870億円/1,173億円)

フォードモーター:2,254百万株×5.69ドル× 99.1円=1兆2,710億円
(5,797億円/5,087億円/3,485億円/3,988億円/6,220億円)

クライスラー:米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したため算出不能。

この株価動向だけを見ると市場はフォードの単独生き残りは可能と見ているようです。しかしGMは市場からクライスラーと同様に計画的破綻を選択する可能性が高まったと判断されたように思えます。いずれにせよGMについても今月末までには結論が出ることから市場は経営破綻のネガティブインパクトよりさんざん処理が引き延ばされてきた大きな懸念要因が確実にひとつ消滅することを好感しているようにも思えます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.05.01現在)

kage

2009/05/02 (Sat)

今週の世界の株価は新型インフルエンザの蔓延やクライスラーの破産法申請などのネガティブインパクトにも負けず堅調に推移しました。報道によると4月の株価上昇率は多くの国で過去有数の上昇率となったようで、実体経済の底打ちがまだ不明確な状況でありながら株価だけがスルスルと上昇していく状況に違和感を覚える方も多いのではないかと思います。なぜこのような動きになるのかについては私などが明確に解説することはできないのですが、今年後半の世界経済回復の可能性が高まるにつれて景気の先行指標である株価がそれを織り込み始めているためか、昨年秋や今年春の世界的な株価暴落場面で参加者が過度に総悲観に振れすぎたことへの反動があるものと予測できます。先週の定時報告で私は「日本や香港が依然として底値のボックス圏から抜け出せずにいるのに対してインド、上海、台湾、韓国などは続々とボックス圏を上放れしており、これらの動きが日本や香港の先行指標となることを期待したい」と書きましたが、楽観的なシナリオに立てば実体経済の底打ちを待たずに一部地域が先導する形で株価回復がスタートしたと捉えることもできます。私自身は依然として今年はまだ厳しい場面があるという相場観を崩していませんがそのスタンスを修正すべきか否かを判断する参考として今日は改めて世界の主要株価チャートをチェックしてみたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング