2009 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2009 03

海外株式投信評価額(2009.02.27現在)

kage

2009/02/28 (Sat)

今朝終わった米国株式市場は米国政府が保有する大手金融シティグループの優先株を議決権のある普通株に転換するとの発表を受けて、一株あたり価値が希薄化することと事実上国の管理下に置かれることを嫌気して金融株を中心に売りがふくらみ、ダウ平均は前日比119ドル15セント安の7062ドル93セントで引け、いよいよ7000ドル割れが現実的になってきました。本日の日本経済新聞の報道によるとダウ平均はこの2月だけで11.7%もの下落を記録しており、これは(大恐慌のピークとされる)1933年に続く2番目の大きさとなるそうで、「100年に一度」という表現が決して大げさではないことを改めて証明する結果になっています。

2月のNYダウ11.7%下落、過去2番目の大きさ

2月最後の取引日である27日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が大幅安となり、2月の月間下落率は11.7%に達した。米メディアによると、2月としては過去2番目となる1933年以来の大きさ。米政府によるシティグループへの追加支援策が発表されたが、むしろ一株利益の希薄化が嫌気された。一方、債券相場では国債への売りが続いて長期金利が上昇。米金融市場では手詰まり感が強まってきた。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

政府が日銀にETF購入を要請?

kage

2009/02/26 (Thu)

一昨日にTOPIXが一時バブル後最安値を割り込んだことあり、政治の世界でも何らかの株価対策を打ち出す必要があるとの認識が高まっています。本日のロイターの報道によるとその一つの案として日銀に対してETFの購入を要請しようという動きが出ているようです。

日銀にETF購入働きかける案、迅速対応に期待感

東京 26日 ロイター:政府・与党が検討に入った株価対策で、日銀にETF(上場投資信託)購入を働きかけるアイデアが出てきた。法律改正を伴わずに迅速な対応が可能な日銀への期待感が背景にあるが、その実現性や効果は、その他の構想と同じで不透明なまま。政府・与党の迷走ぶりを示しているとも言えそうだ。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2009/02/24 (Tue)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,899円 (先月比で168円の低下)
●騰落率 : -28.0% (先月比で2.7%の改善)


この1カ月も世界の株価は軟調だったのですが、為替が円安に振れたこともあり、今月の約定価額は先月比で118円上昇の6,409円となりました。しかし絶対的に低い水準であることに変わりはなく、今回の積み立てで私の個別元本もついに8千円台突入となりました。騰落率も円安の恩恵で先月より多少改善されましたがただ単に-30%あたりを行ったり来たりしているに過ぎないと見るのが妥当であると考えます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.02.20現在)

kage

2009/02/21 (Sat)

一昨日のエントリー「金の世界需要が急増」で私は「ここ数日の金価格は再度1トロイオンス=1000ドル突破をうかがう動きになっています」と書きましたが、昨日一時的にではありますが1000ドルの大台を回復し、投資資金の流れが金(Gold)に向かっていることを再確認できました。事実、下記の日本経済新聞の報道にあるとおり、昨年の全世界の金取引量は前年比で58%増となっており、金投資の裾野は個人にも確実に広がっているようです。

金の取引最高、08年1900兆円 金融危機で「安全資産」シフト

金融危機を背景に金の取引量が急増し、国際価格が20日、一時1トロイオンス1000ドルを回復した。ロンドンの国際金融サービス協会(IFSL)の推計によると2008年の全世界の金取引量は前年比58%増の20兆2000億ドル(約1900兆円)と過去最高を更新した。昨年秋以降、主要通貨から安全資産として信用リスクのない金に資金を移す動きが加速した。投資家が広がり、個人による金貨・地金の買いも活発になっている。

20日のニューヨーク金先物相場は急反発し、ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月物は朝方の取引で、昨年3月中旬以来の1トロイオンス1000ドル台に乗せた。期近物は08年3月に1014.6ドルと過去最高値を記録した後、ファンドの換金売りなどで10月下旬には一時700ドルを割り込んでいたが、今月12日には約7カ月ぶりに950ドルを上回った。 (日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

岡三オンライン証券の手数料は現状維持

kage

2009/02/20 (Fri)

こちらのエントリーでご紹介したSBI証券の株式委託手数料改定を受けて岡三オンライン証券がサイト上に「皆さまの疑問におこたえします」というお知らせを掲載し、その中で下記のとおり日本株の手数料を現状維持する旨を明らかにしています。

Q.日本株の手数料は値上げしないのですか?

A.手数料の変更は現在予定しておりません。取引コスト軽減を図ることで、業界最低水準の手数料体系の維持に努めております。

(ご参考) 手数料 他社比較表


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

金の世界需要が急増

kage

2009/02/19 (Thu)

本日の日本経済新聞の報道によると、ますます深刻化する金融危機を背景として金(Gold)への投資が世界的に急増しているそうです。

金の世界需要26%増 10-12月、個人の投資用5倍に

金の国際調査機関ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は18日、2008年10―12月の金の世界需要が前年同期比26%増の1036.5トンだったと発表した。個人の投資需要が5倍の304.2トンに増え、過去10年間での最高を記録した。

個人投資の内訳は地金(延べ棒)が4.2倍の126.6トン、投資用金貨が3倍の126.6トンなど。欧米の経済・金融危機を背景に信用リスクのない金を「安全資産」として買う動きが広がった。世界的な景気後退で宝飾品は6%減の538.9トンとなった。

国別では最大消費国インドが84%増の147.2トン。前年同期の需要が少なかった反動で増えた。欧州は113.7トンと前年同期の9.0トンから急拡大した。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

SBI証券が株式委託手数料を改定

kage

2009/02/17 (Tue)

本日SBI証券より一日定額の株式委託手数料(アクティブプラン)を2009年3月2日約定分より改訂する旨の発表がありました。詳細につきましては下記リンク先のプレスリリースをご覧いただきたいのですが、一日の売買代金により値下げになる部分と値上げになる部分が混在しており、顧客の一人としては必ずしも手放しで喜べる内容ではないことを残念に思います。

インターネット取引の株式委託手数料改定のお知らせ~お客様の取引動向に合わせて、一部引き下げを含む正規手数料改定を実施~(プレスリリース)

私自身もSBI証券ではアクティブプランを使っているのですが、今回の改訂で一番残念な点は現物、信用ともに10万円以下手数料無料が廃止されたことです。また10万円超の部分ではおおむね値下げになっていますが、信用取引の200万円超以上は値上げになっており、結果的に最小限の取引しか行わない小口投資家とデイトレーダーなどのヘビーユーザーにとってはネガティブな手数料改定となっています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.02.13現在)

kage

2009/02/14 (Sat)

このところ連日世界中から実体経済の悪化を伝えるニュースが報じられ私たちも先行きの不安が増すばかりですが、そんな中でも不況を追い風にして好調な実績を上げるビジネスも確実に存在します。その一例が楽天が運営するネット通販「楽天市場」で、不況のため外出を控えて家で過ごす「巣ごもり消費」増加の恩恵を受けて売上高は前期比で22.8%もの増加となったそうです。

楽天、赤字も営業益最高 ネット通販売上高22.8%増

楽天が13日発表した2008年12月期決算は、主力のネット通販事業の好調を受け、売上高、営業利益ともに過去最高を記録した。景気悪化で小売業などの業績が軒並み悪化するなか、割安感の高いネット通販の好調さが浮き彫りになった。

ただ、最終損益は保有するTBS株の減損処理などを受け、549億円の赤字に転落した。楽天はTBSに対し、3月末までに株式の買い取りを求める権利を持っており、今後はその行使に向けた判断が注目される。

売上高は前年同期比16.8%増の2498億円。営業利益はクレジット事業で引き当てを行い、1億円にとどまった前期から、471億円に大幅増加した。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

SBI証券が国内ETFを貸株サービス対象銘柄に追加

kage

2009/02/10 (Tue)

今朝SBI証券のサイトにログインしたところ、メッセージボックスに下記の案内が入っていました。

【重要】「貸株サービス」対象銘柄の追加(国内ETF)について

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この度当社の「貸株サービス」におきまして、お客様の更なる利便性の向上を実現するため、2009/2/12(木)夕刻(予定)より貸出対象銘柄の拡充をいたします。
 既に貸株サービスをお申し込みのお客様で国内上場国内ETFを保有(※)されているお客様につきましては、対象銘柄拡充の開始時に自動的に貸株サービスへの貸出が行なわれます。予めご了承ください。
 なお、貸出をご希望でないお客様につきましては、2月13日朝方から2月13日15:40までに、口座管理>貸株>詳細画面より「貸出しない」の設定をお願い致します。

(※)貸出対象で受渡済みの銘柄に限ります。対象国内ETF銘柄一覧についてはこちらをご確認ください。

■サービスの詳細についてはこちら

 SBI証券では引き続きお客様によりご満足いただけるサービスをご提供するべく邁進してまいります。今後もSBI証券をご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

株式会社SBI証券


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.02.06現在)

kage

2009/02/07 (Sat)

前回のエントリーで心配していたひふみ投信の今後についてですが、昨日ファンド購入者向けの月次報告書「睦月 ひふみのあゆみ」の案内が届き、その中でレオス・キャピタルワークスがISホールディングスの傘下に入ってもひふみ投信の運用やサービスに変更はまったくなく、引き続き藤野-立田体制が維持される旨の記述があり顧客の一人としてホッと一安心しています。ただしこれにも当然のことながら本音と建前があると思われますので、あくまでも現時点では変更なし(=将来の変更を否定するものではない)と認識しておきたいと思います。

ご承知のとおりひふみ投信は昨年の10月1日に設定され、金融危機がもたらす荒波の中を航海して来たわけですが、昨日時点の基準価額は10,118円となっており設定時から+1.2%の立派な成績を残しています。+1%強の成績で立派と表現するのはどうかとも思いますが、この間のTOPIXは-28.2%ですから相対的に十分立派な成績であると思えます。このひふみ投信に1月はちょっと大きな変化がありました。一般向けの月次報告書がまだ公開されていないため詳細を書くことは控えさせていただきますが、私自身はこれこそアクティブファンドの醍醐味であると立田氏の決断を支持したいと思っています。そして改めて今後もこのような運用が許されるひふみ投信であって欲しいとの期待を強くしています。

本音と建前

kage

2009/02/05 (Thu)

私自身も定期積立を行っているひふみ投信を運営しているレオス・キャピタルワークスが昨日付で外為オンラインやアイネット証券などを傘下に置くISホールディングスの子会社となりました。この動きについては突然のことで大変驚いているというのが正直な気持ちです。

昨日付でレオス・キャピタルワークスから出されたリリース「親会社の異動に関するお知らせ」には今回の資本提携に至った理由が下記のように記されています。

今後更に、お客様の利便性を高め、よりよいサービスを提供し、さらには安心してお客様にお金をお預けいただくためには、資本の増強ならびにIT技術拡充の面でもサポートを享受できる新たなパートナーが必要であると判断いたしました。そしてこのたび、ITを利用した金融のイノベーターである株式会社ISホールディングスによる資本参加へと至りました。