2008 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 02

海外株式投信評価額(2009.01.30現在)

kage

2009/01/31 (Sat)

このところ世界中の名だたる大企業が業績悪化のため人員削減に踏み切るというニュースが相次いでおり、私たちも実体経済の急激な悪化を肌身で感じています。経済のグローバル化が進んだ現在、金融危機の嵐は世界中に同時に襲いかかっていますが、実は国によって受け止め方に違いがあるという興味深い実態が明らかになりました。

金融危機、日本人が最も悲観的=政治不信が色濃く-17カ国調査

「金融危機の影響は相対的に小さいはずなのに、日本人が先行きに最も悲観的」-。日本リサーチセンター(東京)など17カ国の民間機関が各国で一斉に行った調査で、こんな結果が明らかになった。政府の対応への不満が色濃く出ており、同社は「国民性に加え、政治不信が背景にあるようだ」と分析している。

調査は昨年11~12月(日本は11月20~26日)、日米欧やロシア、中国、インドなど計17カ国で実施。電話やインターネットを使って質問し、約1万4600人(同1040人)から有効回答を得た。

それによると、「今後3カ月で経済が良くなる」と回答したのは、日本ではわずか2%で、金融危機で深刻な打撃を受けた英国と並び最低。インドが39%と最も楽観的で、危機の震源である米国も上から5番目の14%と相対的に高かった。逆に「悪くなる」と答えた日本人は英国(78%)に次ぐ70%に達した。

また、「今後1年で世帯収入が増える」と考えている日本人も11%と、下から3番目。通貨ウォンが急落した韓国(6%)、国際通貨基金(IMF)の支援を受けるアイスランド(9%)を辛うじて上回った。

一方、金融危機後の政府の対応について10段階評価を求めたところ、日本は平均3.0点と最下位。追加経済対策を盛り込んだ2008年度第2次補正予算案の提出先送りへの不満などが背景にあるとみられる。中国が7.0点と最も高かった。(時事通信より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

野村証券とジョインベスト証券が統合を検討

kage

2009/01/27 (Tue)

証券業界のガリバーとも称される野村證券を傘下に置く野村ホールディングスが本日発表した第3四半期の決算は未曾有の金融危機の直撃を受けて3429億円の最終赤字となりました。この非常事態を受けて野村ホールディングスは、グループ内の効率化を進めるために野村證券とジョインベスト証券の統合を検討するとのことです。

野村証券とジョインベスト証券の統合を検討=野村HD

東京 27日 ロイター:野村ホールディングスは27日、国内営業部門(リテール)の野村証券とジョインベスト証券の統合を検討する方針を明らかにした。決算会見で仲田正史・財務担当執行役(CFO)が述べた。対面とオンラインのマーケティングを効率的に進めるためと説明している。

野村HDはネット証券業務への参入が遅れ、後発隊のジョインベストの顧客獲得も目標に達していないほか、株式相場の低迷を背景に目先、飛躍的に顧客の獲得数や収益が伸びる可能性は低い。

会見で仲田氏は、ジョインベストは一定の成果は出ているものの、「次のステージでネットでのビジネス展開を考える場合は、今までのように(対面とネットが)別々にあるよりも、統合して体制整備することが合理的な選択肢と議論している」と説明した。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ビッグ3の時価総額(2009年1月23日現在)

kage

2009/01/24 (Sat)

前回の「ビッグ3の時価総額(2008年12月22日現在)」から1カ月が経過しましたので現状の数字を調べ直してみました。なお下記の計算式は発行済株式数×最新の株価×為替レート(1ドル=88.8円)です。またごカッコ内の数字は12/3時点(左)と12/22時点(右)の時価総額です。

ゼネラルモータース:487百万株×3.49ドル× 88.8円=1,509億円(2,222億円/1,545億円)
フォードモーター:2,180百万株×1.80ドル× 88.8円=3,485億円(5,797億円/5,087億円)
クライスラー:非上場(投資ファンド・サーベラスが発行済株式の80.1%を保有)
※買収時の価値が他の2社のように1年で1/3に下落したと仮定すると3,745億円となる。

クライスラーに関しては先日、イタリアのフィアット社が株式の35%を取得して業務提携するという報道が流れており、再建に向けて一歩前進したといえそうです。しかしGMやフォードについては具体的な動きがなく、特にフォードに関しては昨年末に米著名投資家カーク・カーコリアン氏率いる投資会社トラシンダが保有するフォード株のすべてを売却したとの報道もあり株価の低迷が顕著です。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.01.23現在)

kage

2009/01/24 (Sat)

先週の定時報告で私は「今年来るであろうと予測している厳しい場面はここではないと感じている」とか「私が漠然と想定している今年の買い場は春から初夏にかけて」などと書きましたが、いつものことながら私などの相場観が当たるはずもなく、市場のオバマ新大統領期待は早々に剥落し、早くも厳しい場面の到来が現実的になっています。こんな時に頼りになるのが昨年末からコツコツと積み上げてきた日経225連動型上場投資信託(1321)の売りポジションなのですが、実は自身の相場観に従って先週すべて決済してしまっており、肝心な時に空売りを持っていないという情けない状況に陥っています。しかしそんな厳しい環境でも私の保有資産の中には好調な動きを見せてくれるものもあります。具体的には金融不安再燃で資金の逃避先となっている金(Gold)と日銀が不動産投資法人債を適格担保に追加すると決定したことで人気化しているREITです。もちろん投資資産全体の膨大な含み損を前にしては金(Gold)やREITの含み益などは微々たるものです。しかし保有資産の中にいくつか好調なものがあれば、トータルは大きなマイナスであっても気分的にはずいぶん違うものです。「投資バカ」を自認する私にしてみれば投資や投機で失敗することは避けることができそうもありませんので、せめて投資対象を広げてリスク分散効果を狙っていくしかないのだと感じています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2009/01/23 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。なおセゾン投信の定期積立は通常19日注文、21日約定となるのですが、今回は1月19日が米国株式市場休場のため買付不可日となっていたため1日遅れとなりました。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,067円 (先月比で204円の低下)
●騰落率 : -30.7% (先月比で3.8%の悪化)


先月はいったん上昇に転じた約定価額でしたが今月は世界的な実体経済悪化を背景に先々月をも大きく下回る6,291円での約定となりました。これにより私の個別元本も順調に(?)低下し、来月の積立で8千円台突入がほぼ確実となりました。また騰落率も再びマイナス30%台に後退してしまいましたが、他の保有投信が「1/2どころか1/3が当たり前」という惨憺たる状況ですので損失に対する感覚が麻痺してセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが安定しているように思えてしまいます。

誤変換に注意

kage

2009/01/21 (Wed)

私自身ブログの記事を書く際には誤字脱字がないように細心の注意を払っているつもりですが、何度も読み返してようやく間違いに気付くことが良くあります。そこで今回は本職でも間違うことがあるという事例を(揚げ足を取るようで申し訳ないのですが)ご紹介したいと思います。

下記画像は昨日更新されたフジサンケイビジネスアイの記事ですが、このタイトルはどこかおかしくありませんか?

fsbi01

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.01.16現在)

kage

2009/01/17 (Sat)

先週の定時報告で私は一般的に資金繰りが厳しくなるとされる年末を乗り切った後の年明け早々に企業破綻が相次いだことに驚き、「これから銀行の融資がますます厳しくなるとされる3月期末に向けてさらなる破綻が出てくることが懸念されます」と書きました。ところが年度末を待つことなく昨日もジャスダック上場の半導体洗浄装置大手のエス・イー・エス(6290)が民事再生手続きを申し立てて破綻しました。報道によると金融危機の影響で設備投資が急速に冷え込んだために資金繰りに窮したようです。これにより不動産や建設だけでなく半導体関連企業も金融危機の深刻な打撃を受けている実態が明らかになりました。

実は正直に書きますと私はこのエス・イー・エス株を少々保有しており、今度ばかりは人ごとでは済まない状況になってしまいました。2000年秋に株式投資を始めて投資歴10年目に突入した私ですが、何度も危険な銘柄に手を出してきた割りには幸運にも一度も株式を保有する企業が経営破綻するという事態には遭遇せずに済んでいました。株式投資をしている以上、企業破綻の可能性は常に認識しておく必要があるのは当然ですが、心のどこかに自分の保有銘柄に限ってはそんなことはないという根拠なき楽観思考があり、交通事故に遭ってしまったような身の不運を嘆いているというのが現在の正直な気持ちです。被害総定額は毎週ご報告している投資信託の含み損と比べると小さい額ですがそれでも復活を信じていた企業の破綻という現実を突き付けられた精神的ダメージは大きく、憂鬱な週末を過ごしています。

米国債はバブルの領域

kage

2009/01/14 (Wed)

今年最初のエントリーで米国の著名投資新聞「バロンズ」が米国債はバブルの可能性があると指摘した記事をご紹介しましたが、本日は仏銀行ソシエテ・ジェネラルから同様の警告が出されたというニュースが流れましたのでご紹介しておきます。

米国債はバブルの領域、投資家は出口戦略が必要=仏ソジェン

フランクフルト 13日 ロイター:仏銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)は13日、米国債はバブルの領域に向かっており、投資家は出口戦略を用意すべき、との見方を示した。

米国債は将来的に、最大で価値が5分の1、減少する可能性がある、としている。

米国債市場は5兆ドルを上回る規模を持ち、政府系ファンド(SWF)などの外国人投資家がその半分程度を保有している。ソジェンは、インフレ率が3─4月までにマイナスになる見通しであることを指摘し、米国債は目先は、一段と上昇する可能性があるとの見方を示した。

ソジェンで欧州株などのリサーチ部門を率いるアラン・ボコブザ氏は、投資家向けの説明会で「非常に短期的に見れば、債券には好材料だ」と述べた。ただ、オバマ次期米大統領が計画している8000億ドル規模の景気刺激策などのファイナンスするため、今後は債券発行の必要に迫られるため、将来的には国債に圧力がかかる見通しだ。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008

kage

2009/01/12 (Mon)

相互リンクさせていただいているrennyの備忘録の注目企画「投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008」の結果が発表されました。今回は不肖私も投信ブロガーの端くれとして投票させていただきました。そこであまり参考にはならないと思いますが私の投票内容をご紹介させていただきたいと思います。

私が選んだ「Fund of the Year 2008」は下記の5ファンドで、持ち点5点を1点ずつ振り分けました。

STAM インデックスシリーズ(住信アセットマネジメント)
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(野村アセットマネジメント)
SPDRゴールド・シェア(ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー)
イージーETF S&P GSCI商品指数クラスA米ドル建受益証券(アクサ・ファンズ・マネジメント・エスエイ)
ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2009.01.09現在)

kage

2009/01/10 (Sat)

昨日、初雪を記録した関東地方は終日気温も上がらず冬本番到来を思わせる天候となりました。日本経済もこれに合わせたわけではないのでしょうが昨日は東証1部上場の不動産運用会社・クリードとジャスダック上場の不動産販売会社・東新住建が経営破綻し、実体経済が厳冬に向かっていることを改めて思い知らされました。一般的に資金繰りが難しくなるタイミングとされる年末を乗り切ったあとの年明け早々に企業破綻が相次いだことは正直驚きでしたが、これから銀行の融資がますます厳しくなるとされる3月期末に向けてさらなる破綻が出てくることが懸念されます。

企業の破綻が増えると当然のことながら雇用環境がますます悪化することになります。この年末年始は派遣労働者の雇用問題に注目が集まっていましたが、これからは正規労働者にも雇用不安が波及していくものと予想されます。これまで日本の経済成長を力強く牽引してきた自動車や電機などの外需産業の経営環境がこれからさらに悪化することが確実であることを考えればトヨタやソニーといった著名大企業でさえも遠からず生き残りをかけた重大な決断を迫られることになるのではないでしょうか。このように日本経済の現状はほんの数年前までは絶好調だった自動車も電機も金融も不動産も枕を並べて討ち死にという惨憺たる状況ですが、考え方を変えれば国民全体が危機感を共有している今こそこの国のあり方を抜本的に見直す絶好のチャンスであるようにも思えます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

レバレッジバブルは続いている?

kage

2009/01/08 (Thu)

現在私たちが直面している金融危機のきっかけとなったのは、借金をして投資や消費を拡大するレバレッジバブルが崩壊したことでした。ところが文字通り泡と消えたはずのレバレッジバブルが姿を変えてまた拡大しようとしています。これは今朝のテレビ東京系の経済情報番組「モーニングサテライト」でコメンテーターの方が指摘されていた内容の請け売りなのですが、これまでは金融機関や個人が暴走させてきたレバレッジバブルを今度は国家が行おうとしているわけで、「借金をして投資する」というスタイルはまったく変わっていないということになります。特に金融危機の震源地である米国は下記の記事にあるとおり前代未聞の膨大な借金をして盛大なバラマキ政策を行おうとしています。

米の財政赤字、110兆円でGDP比8% 議会予算局予測

米議会予算局(CBO)は7日、2009会計年度(08年10月-09年9月)の財政見通しを発表した。景気後退に伴う税収減や金融危機対策などで財政赤字は1兆1860億ドル(約110兆円)に達すると予想。08会計年度(4548億ドル)の2倍以上に悪化し、過去最大を更新すると予測した。国内総生産(GDP)の8.3%に相当する。

オバマ次期米大統領が準備中の景気対策を反映しておらず、実際の赤字額がさらに膨らむのは確実だ。オバマ氏は同日の記者会見で財政再建に全力を挙げる姿勢を示すとともに「景気対策は必要だ」と強調。規模について「予想の上限だ」と述べ、2年間で7750億ドル(約72兆円)程度とする考えを示唆した。

09会計年度の財政赤字のGDP比は08年度の3.2%から大幅に上昇。米財政収支は戦後最悪の水準に悪化する。米国債などドル資産の信認が低下し、基軸通貨であるドルの売り要因になる。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

2009年始動

kage

2009/01/05 (Mon)

遅ればせながら新春のお慶びを申し上げます。2009年の大発会を迎えた本日より投資活動とブログ更新を始動いたします。100年に一度の金融危機はまだまだ底が見えない状況が続きますが、ハイリスク投機家を自認する私は今年も激動の世界経済に向かって無謀な挑戦を続けて行きたいと思っています。ただ返り討ちになっても市場から強制退場とならないような心構えだけは怠らないようにしなければならないと肝に銘じています。

ちなみに本年最初の取引は、年末年始の株高で含み損が膨れ上がっている日経225連動型上場投資信託(1321)の空売りに性懲りもなく売り乗せをしようと指し値を入れていたのですが幸か不幸かタッチの差で届かず、その後株価が押してきたのを見てTOPIX連動型上場投資信託(1306)に買いを入れ、再び疑似NT裁定取引を開始しました。何の根拠もない私の第六感ではオバマ新大統領就任フィーバーが春先まで続き、その間は株価も堅調に推移するのではないかと予想していますので今しばらくは買い優勢で臨む方が良いように思えます。ただし基本的に市場の過度な期待感が消失した後はもう一度厳しい局面が訪れるというシナリオは変更せず、短期的には売り場を探すという投資方針で行くつもりでいます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング