2008 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2008 05

海外株式投信評価額(2008.04.25現在)

kage

2008/04/26 (Sat)

昨日の米国株式市場はマイクロソフトの決算に対する失望と米消費者態度指数の確報値が市場予想以上に下方修正されたことでダウ指数は一時100ドルを超える下落となりました。しかしアメリカン・エキスプレスの好決算や金融株の上昇に支えられて結局は1月3日以来の高値となる前日比42ドル91セント高で引けました。このような最近の米国株式市場の底堅さの影響でしょうか、今週も世界の株式市場はおおむね堅調な動きでした。先週の定時報告で私は「少なくとも世界の株式市場の雰囲気は先週と今週では明らかに変化していました」と書きましたが、今週は史上最高値を更新していたユーロドルが反落に転じたり金(Gold)価格が大幅に下落したりと目に見える形で市場の変化を感じ取ることができました。そんな変化の胎動の中で、特に私が気になったのが昨日の東京債券市場における長期金利の急騰です。

長期金利、今年最高の1.62%=東証は先物取引を一時中断

25日の東京債券市場では長期金利が急上昇した。指標となる新発10年物国債の利回りは午後1時現在、前日より0.14%高い1.620%と、昨年11月1日以来、ほぼ半年ぶりの水準に上昇(債券価格は下落)。また、東証は将来の国債価格を予想して売買する債券先物の価格変動幅が大きいため、1月に導入した売買の一時中断制度(サーキット・ブレーカー)を初めて適用した。(時事通信より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立一周年

kage

2008/04/24 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。思い起こせば第一回目の約定日はセゾン投信の初回積み立てが完了に書いたように昨年の5月23日でしたので、昨日の積み立てがちょうど12回目となり、定期積立もようやく一周年を迎えたことになります。そこでご参考までに私のようにスタート時から同一金額の定期積立のみを行っているケースではこの一年間で運用成績がどうなったのかを確認しておきましょう。

●個別元本 : 10,088円
●騰落率 : -4.3%


ここ数カ月は1万円を下回る単価での約定が続いていたのですが、それでも個別元本は1万円を切ることはできませんでした。結果的に含み損を抱えたまま一周年を迎えたわけですが、歴史的な金融危機の中を航海してきた割にはマイナス幅が小さいなというのが正直な印象です。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2008.04.18現在)

kage

2008/04/19 (Sat)

昨日の米国株式市場は注目されたシティグループの1-3月期決算が大幅赤字となったものの住宅ローン関連の損失額にサプライズはなく、信用リスク問題への過度な警戒感が後退して金融株全般に買いが入り、ダウ指数は1月上旬以来の高値で引けました。またハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も前日の引け後に発表されたグーグルの決算が市場予想を大きく上回ったことが好感されて大幅高となりました。先週の定時報告で私は「来週はいよいよ米大手金融機関の決算発表が始まります。悪いと分かっている決算内容を受けて市場がどう反応するのかに個人的には注目しています。昨日のGEの決算のように市場が総悲観になるのなら夜明けはまだまだ遠いと思いますし、悪材料出尽くし感や新たな対策期待感から反発に転じるようなら夜明けも近いと判断できるのではないでしょうか?」と書きましたが、今週の結果だけを見ると「夜明けは近い」と判断できるのかも知れません。もちろん今週でサブプライムローン問題が一気に解決に向かったわけではありませんので警戒態勢を解除するのは早急と思われますが、少なくとも世界の株式市場の雰囲気は先週と今週では明らかに変化していました。投資の世界では「相場の底は後になってからしか分からない」というのが常識ですが、単なる「投資バカ」に過ぎない私の当たらない勘ではもうすでに今回の金融危機がもたらすパニックのピークは過ぎ去ったのではないかと感じています。米国の株価はサブプライムローン問題の震源地にしては下げ足りないようにも思えますが、この不思議な底堅さの一因となっているのが史上空前のレベルにまで膨れ上がっているカラ売であり、多くの投資家が相場の下落を信じて疑わなくなれば往々にして相場は逆に動くものなのです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

忍び寄る食糧危機

kage

2008/04/17 (Thu)

今回のタイトルは本日放送されたNHKの「クローズアップ現代」からいただきました。以前私はそれでも経済成長は続くのかと題するエントリーの中で「これから私たちが直面するであろう食糧不足・資源枯渇・環境破壊などの問題は、全世界が協力して立ち向かわなければならない難局であることは誰もが分かっていることだと思います。そしてこれらの問題のどれを取ってもサブプライムローンなど足元にも及ばない大問題であることも皆さんは十分に認識されていることと思います」と書きましたが、食糧不足の問題は早くも危機レベルに達して経済成長を脅かし始めているようです。

忍び寄る“食糧危機”

人口増加やバイオ燃料の需要増、投機マネーの流入で穀物価格の高騰が続く中、コメや小麦の輸出を制限する国が出始めた。世界第2位のコメ輸出国ベトナムでは、政府が6月まで新たなコメの輸出契約の凍結を指示。その結果、ベトナムのコメに頼っているフィリピンで流通業者が米を買い占め価格が高騰、貧困地域には軍が政府米を供給する事態になった。穀物の輸出規制が世界各地で進む中、食料自給率39%の日本で食料自給に向けた取り組みが始まっている。小麦の代わりに米の粉を使ってパンや麺を作る新潟県の取り組み。鹿児島県では休耕地で飼料用トウモロコシを栽培して畜産農家に供給。商社の中には日本向けの大豆を確保するため、ブラジルで自ら生産を始めたところもある。「金を出しても食料が手に入らない」段階に突入した世界の食料争奪戦、日本の食卓をどう守るのか考える。(NHKオンラインより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

世界の資金調達130兆円減

kage

2008/04/14 (Mon)

先週の定時報告で「世界的な運用資金のリスク回避の流れから資金調達が難しくなっており、世界中でまともに資金調達が行えるのは日本だけではないか」と書きましたが、本日の日本経済新聞の報道によると世界的な資金調達難は予想以上に深刻のようです。

世界の資金調達130兆円減・1-3月、サブプライム響く

米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の余波で、企業などの資金調達が世界規模で急減している。債券・株式の発行や協調融資(シンジケートローン)による今年1-3月期の調達額は前年同期に比べて約1兆3000億ドル(130兆円)減少した。価格が急落している証券化商品を使った調達額は9割近く落ち込んだ。深刻化する「カネ詰まり」が実体経済の重しになる恐れがある。

米調査会社ディールロジックによると、1-3月期の世界の資金調達額は計1兆9800億ドル。前年同期の約3兆3000億ドルと比べた減少率は40%にのぼった。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2008.04.11現在)

kage

2008/04/12 (Sat)

昨日の米国株式市場はゼネラル・エレクトリック(GE)の決算と業績見通しが市場予想を下回ったことと、輸入物価指数や消費者態度指数などの景気指標の悪化などを受けて大幅下落となりました。これを受けて為替も円高が進んでおり、サブプライムローン問題に端を発した金融危機がまだまだ終息にはほど遠いことを再認識させられました。

今回の金融危機を米著名投資家のジョージ・ソロス氏が「状況は第2次大戦終結以後どの経済危機よりも深刻だ」と述べたことは以前こちらのエントリーでご紹介しましたが、今週はバーナンキFRB議長も「第二次世界大戦後では最も深刻な事態だ」という表現で危機感を表明しました。

<FRB議長>金融危機で「戦後最悪」と初めて表現

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は10日、バージニア州で行った講演で、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に端を発した昨年夏からの金融危機について「第二次世界大戦後では最も深刻な事態だ」と述べた。米金融市場の現状に強い危機感を表明したもので、バーナンキ議長が今回の金融危機に関し「戦後最悪」という表現を使ったのは初めて。

一方で、バーナンキ議長は、1930年代の大恐慌や90年代の日本の金融危機との比較については「米国の現状とは大きく異なる」と明言。「米国内の金融機関はしっかり情報を開示できているし、資本、体力とも十分に備わっている」と足腰の強さを強調した。(毎日新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

続・資産を守るために必要な視点

kage

2008/04/11 (Fri)

チベット問題と並んでこのところマスコミを賑わせているのが後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の話題です。本日の時事通信の報道によると今後の高齢化の進行と共に高齢者の医療費負担はドンドン増えていくことになるとのことで、今後予想される消費税のアップや年金への課税強化なども含めて、残念ながらわが国は高齢者にとってますます住みにくい国になっていくようです。

15年度に1万3000円アップ=後期高齢者の平均保険料-厚労省試算

厚生労働省は10日、今月スタートした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の加入者1人当たりの年間保険料が、全国平均で当初の7万2000円から、7年後の2015年度には1万3000円アップの8万5000円になるとの試算を明らかにした。同省は「06年の医療制度改革の時にまとめたもので、直近の数字はない」として、制度設計時の試算であることを強調している。(時事通信より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

資産を守るために必要な視点

kage

2008/04/09 (Wed)

中国のチベット自治区で起きた暴動を発端として世界中に広がったチベットの人権擁護運動は、オリンピックの聖火リレー妨害活動にまで発展し、連日マスコミを騒がせています。チベット問題自体は現時点で未解決ですし、非常に微妙な問題を数多く含んでいるため私自身の意見はあえてここでは述べません。ただこのような争乱を目の当たりにすると誠に不謹慎ながら「大混乱の中で自分や家族の大切な資産を守るためにはどうすれば良いのか」という思いを抱かずにはいられません。

一般的に中国、インド、中東などの人たちは金(Gold)が大好きだといわれています。これは単なる趣味や嗜好の問題ではなく、長い歴史の中で他民族との間に支配したりされたりの厳しい現実を繰り返してきたことと無関係ではないはずです。つまりいざという時に身ひとつで逃げなければならない時にも金(Gold)であれば持って行けますから。現在チベットで支配する側に立っている中国(漢民族)もほんの100年前には他民族の支配を受けていました。ご存じのとおり1912年まで存在した「清」は満州族が建国した王朝でしたし、その前にも「元」の時代にはモンゴル民族に100年近く支配されていました。このような過酷な状況における資産の守り方を考えるのは現実的ではないのは重々承知していますが、まったく無駄でもないような気もしています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2008.04.04現在)

kage

2008/04/05 (Sat)

昨日の米国株式市場は3月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比8万人減となり市場予想の5万人減を大幅に上回ったことに加え、1、2月の雇用者数も大幅に下方修正されたことで売りが先行、ダウ平均指数は一時97ドル下げる場面もありました。しかし、先行きの景気改善の期待などから次第に下げ幅を縮小し、ダウ平均指数は小反落で終わりました。少し前なら株価の大暴落を招いてもおかしくないような雇用統計の悪化に対する米国株式市場のこの反応は、最近の日本や香港の株価動向と同様に、目先の市場参加者の投資心理が悪材料をほぼ織り込んで改善に向かっていることを示しているようにも思えます。とはいえサブプライムローン問題は米著名投資家のジョージ・ソロス氏が「戦後60年でもっとも深刻」と表現した経済危機ですから、まだこれから一波乱も二波乱もあると覚悟しておいた方が個人投資家としても精神衛生上良いように思います。短期的な波乱の要素としては今月中旬から始まる米大手金融機関の決算発表がありますが、その後も数々の経済指標で米国経済のリセッション(景気後退)入りが確認されるあたりがカギになりそうです。本当に投資家心理が改善に向かっているのであれば昨日の米国株式市場のように次第に悪材料には反応しにくくなり、さらに改善が進むと悪材料に対して「悪材料出尽くし感」や「政府や中央銀行の対策期待感」などから株価が上昇することも多くなるはずですから、私のような積極運用派にとってはそのあたりの見極めが大切になりそうです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ジョインベスト証券が三菱UFJ世界国債インデックスファンドの取扱いを開始

kage

2008/04/03 (Thu)

ジョインベスト証券が明日より日本を除く22カ国の国債に分散投資する三菱UFJ世界国債インデックスファンドの取り扱いを開始するそうです。このファンドには分配頻度が異なる毎月分配型と1年決算型の二種類が用意されており、年金補完派は毎月分配型、長期運用派は1年決算型というように目的に応じた選択が可能になっています。

新規取扱いファンド名
・三菱UFJ世界国債インデックスファンド(年1回決算型)
・三菱UFJ世界国債インデックスファンド(毎月分配型)

ファンド概要
投信積立対象銘柄 三菱UFJ 外国債券マザーファンド受益証券を主要投資対象とし、ベンチマーク(シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース))に概ね連動する投資成果をめざして運用を行います。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

続・ネット証券業界の現状

kage

2008/04/01 (Tue)

今回のエントリーはちょうど2ヵ月前に書いたネット証券業界の現状の続編です。前回のエントリーでもご紹介したとおり、マネックス証券に口座を開設するとJ.P.モルガン社とTIW社のアナリストレポートが読めるのですが、本日付で公開されたJ.P.モルガンのマネックス・ビーンズ・ホールディングスに関するレポートの中に前回引用した主要ネット証券の委託売買代金シェアのその後が掲載されていましたので数値を加えて更新しました。なおJ.P.モルガン社のレポートには過去4年分のデータが掲載されていましたが、前回と同じくここではジョインベスト証券が集計に加わって以降の1年11ヵ月分を抜き出しています。

リテール委託売買代金に占めるオンライン証券のシェア

 

06/4-6

7-9

10-12

07/1-3

4-6

7-9

10-12

08/0108/02
松井

10.6%

10.4%

10.3%

9.0%

8.1%

7.8%

8.3%

7.9%

8.3%

楽天

 14.8%

15.5%

14.6%

13.9%

13.8%

13.3%

14.3%

14.7%

14.6%

SBIイー・トレード

 30.7%

33.4%

32.5%

31.6%

35.0%

36.3%

38.7%

 39.9%

40.5%

マネックス

 7.6%

6.8%

6.7%

7.1%

5.8%

 6.7%

 6.7%

 6.8%

 5.4%

カブドットコム

 6.7%

 6.6%

6.3%

6.2%

6.0%

5.9%

6.1%

 6.0%

 6.3%

ジョインベスト

 0.1%

0.8%

1.3%

2.0%

2.8%

3.4%

4.1%

 4.7%

5.2%


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング