2007 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2007 06

間が悪い

kage

2007/05/30 (Wed)

昨日のエントリーで「実は私も上海株高騰の恩恵を受けている」と書いたとたんに上海市場は2月末の世界同時株安のきっかけとなった暴落を超える今年最大の下落となり、誠に間の悪い結果となりました。ご承知のとおり今回の暴落のきっかけは中国当局から昨日突然出された下記のニュースでした。

中国が株取引の印紙税率を0.3%に引き上げ、過熱相場抑制へ

上海 30日 ロイター:中国当局は、株式取引の印紙税率を現行の0.1%から0.3%に引き上げることを決定した。30日から実施する。中国財政省が新華社を通じて発表したもので、過熱相場の抑制に向けた措置とみられている。中国株式市場では上海総合指数が年初来62%値上がりしており、5月も連日の最高値更新となっている。同指数は、昨年1年間で130%急騰した。今回の決定は、相場の過熱に対する政府の深い懸念を示している。新華社は「財政省当局者は、国務院(内閣)が承認した印紙税率引き上げについて、証券市場の健全な発展を促すものだと説明した」と伝えた。中国の株式取引の印紙税率引き上げ発表は、29日の米国株式市場を圧迫し、上値を抑えた。ニューヨークで取引されている中国企業の米国預託証券も、発表を受けて下落した。過去16年間の中国株式市場の歴史上、印紙税引き上げを受けた相場は、数週間の低迷あるいは堅調相場の終息につながっている。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

香港市場に暗雲?

kage

2007/05/29 (Tue)

ここが今年の勝負所とにらんで買い増しに動いた中国投信ですが、バブルの懸念をものともしない本土市場の力強さに比べて保有投信の主戦場である香港市場はジリ貧の状態で、なかなか思い通りに動いてくれません。そんな中、いつものロイターのニュースチェックでちょっと気になる内容が目に止まりました。

中国株式市場の影響が香港市場に波及するリスク=香港金融管理局長官

香港 29日 ロイター:香港金融管理局(HKMA)のジョセフ・ヤム長官は、香港株式市場に上場する中国企業の存在感が増していることから、変動の激しい中国株式市場の影響が香港に広がるリスクがあると警告した。同長官は、香港特別行政区立法会向けプレゼンテーションの準備文書の中で、香港株式市場で2月下旬にみられた10%の調整は、中国市場の調整の影響を受けたものだと指摘。こうした状況の背景には、香港市場に上場する本土系企業の時価総額が4月時点で、市場全体の47%と、2005年末時点の37%から拡大していることなどがある。同長官はまた、香港市場が中国の影響を受けるとみられるその他の要因についても指摘し、中国で内需が低下した場合、香港の輸出や観光などの産業が打撃を受ける可能性があると述べた。ただ、中国の為替改革や固定資産投資の動向による影響は比較的軽微なものにとどまるとの見方を示した。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2007.05.25現在)

kage

2007/05/26 (Sat)

今週は23日にグリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長が「昨今の中国株ブームは明らかに持続不可能であり、ある時点で劇的な収縮があるだろう」と発言したことが世界市場にさざ波を立てました。もっとも上海に代表される中国株式市場バブル論は今に始まったことではなく、当ブログでもこれまで他の有識者の同様の発言を何度かご紹介してきました。そして現実に2月末には上海市場急落を発端とした世界同時株安も起こりましたが、その後の上海株価の推移は皆さんご承知のとおり世界中のどの市場より力強く上昇を続けています。今回のグリーンスパン氏の発言に対しても当の上海市場はほとんど反応せず、周囲ばかりが見えない影におびえているという不思議な構図となっています。何だかこれは米国の景気減速やサブプライムローン問題におびえて日本市場が上がらないのを尻目にニューヨークのダウ指数は史上最高値を更新している構図に似ているように思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

マネックス証券が投資信託6本を追加

kage

2007/05/25 (Fri)

マネックス証券の投資信託ラインナップに5月31日(木)より新たに6本が追加されることになりました。今回も手抜きで申し訳ありませんが、サイトの情報をそのままご紹介させていただきます。それではまず国際債券型2本からどうぞ。

国際債券型

・ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド<ブラックロック・ジャパン>

米ドル建ておよびユーロ建て公社債に投資。マネックス専用の新ファンド。

・年金積立インデックスファンド海外債券<日興アセットマネジメント>
世界の主要国の債券市場の動きをとらえることを目標としたインデックス運用。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

セゾン投信の初回積み立てが完了

kage

2007/05/24 (Thu)

設立趣旨に共感しサービス開始直後に口座開設と定期積立の申し込みをしていたセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドですが、こちらのエントリーでご紹介したスケジュールどおりに、今週月曜日(5/21)に注文、昨日(5/23)に約定となりました。口座開設と定期積立の申し込み自体は3月中に完了していましたが、ずいぶん長い道のりを経てようやくホルダーの仲間入りを果たせました。

念のため先ほどセゾン投信のサイトにログインしてみましたが、今まで空欄だった場所にしっかりと「お預かり明細」が表示され、昨日の基準価額である10,689円で約定していることを確認できました。前回のエントリーでは「基準価額は昨日(5月8日)時点ですでに10,556円となっています」とご紹介しましたが、その後2週間でさらに1%以上も運用成績が上がったことになり、応援しながらも初回積み立てを待ち続けていた身にとっては嬉しいような悲しいような複雑な心境です。

中露の株式市場対応は対照的

kage

2007/05/22 (Tue)

本日、いつものようにロイターの記事をチェックしていたところ、中国とロシアの株式市場対応に関する大変興味深い記事が目に止まりましたのでご紹介します。それではまず中国の対応からご覧下さい。

中国政府、株式市場には直接介入しない見通し

上海 22日 ロイター:22日付の証券時報によると、中国人民銀行(中央銀行)金融政策委員会の樊綱・委員は、国内株式市場に政府が直接介入する可能性は低いとの認識を示した。一部の市場関係者の間では、中央政府が、株高抑制や投機資金排除のため厳しい措置を講じるのではないかとの見方が浮上している。同委員は、人民銀行が前週末に実施した利上げなど一連の金融引き締め措置について、株式市場そのものではなく、マネーサプライの増加や過剰流動性の抑制を狙ったものだと指摘。「政府は、株式市場の下支えや介入のための措置は講じないだろう。市場のリスクは市場に任せることになる」とし、「市場も政府も成熟しつつある」と述べた。同委員は、アジア通貨危機で学んだ通り、資産価格の変動は景気の変動につながるため、人民銀行が金融政策を立案する際は常に資産価格を注視する、と指摘。国内の物価動向については、穀物価格の下落でインフレ圧力が緩和しているが、急激な反転の可能性はまだ排除できない、との認識を示した。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

HSBC BRICsオープン月報更新

kage

2007/05/21 (Mon)

今日は先週末に発表された中国の金融引き締め策が今日の市場にどのような影響を与えるのか、期待と不安が同居する複雑な心境で注目していたのですが、結局上海市場は寄り付きこそ弱かったものの最後は力強く上昇して終わりました。しかし私の主要投資先である香港市場の方は反対に初めの内こそ強かったものの最後は息切れして終わりました。中国の今後の見通しはどうなるのか?そして常に割高といわれながらもこのところ順調に上昇しているインドの行方は?毎月恒例となったHSBC BRICsオープンの月報からそのヒントを探ってみることにしましょう。

それではまずいつものようにBRICフリースタイル国別投資割合推移からご覧ください。

BRIC0704

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.05.18現在)

kage

2007/05/19 (Sat)

こちらのエントリーに書いたとおり、ここが今年の勝負どころとばかりに中国投資を追加し始めた私に、まるで「浮かれるべからず」との警鐘を鳴らすように中国人民銀行から追加利上げが発表されました。ただ下記のロイターの記事からもお分かりのとおり、今回は同時に発表された人民元の対ドル変動幅拡大の方が注目されているようですので、今回の利上げが週明けの中国市場に「織り込み済み」と捉えられることを強く期待しています。

中国、人民元の対ドル変動幅を21日から0.5%に拡大

北京 18日 ロイター:中国人民銀行は18日、人民元の対ドルでの1日当たり変動幅を、0.3%から0.5%に拡大すると発表した。5月21日から実施する。ドル以外の通貨に対する変動幅は3%に据え置く。中国人民銀行は、政策金利および預金準備率を引き上げると発表した。1年物貸出基準金利は0.18%ポイント引き上げられ6.39%から6.57%に、1年物預金基準金利は0.27%ポイント引き上げられ2.79%から3.06%となる。商業銀行の預金準備率は0.5%ポイント引き上げられ、大手銀行の預金準備率は11.5%となる。6月5日から実施される。中国人民銀行による利上げは2006年4月27日以来4度目。預金準備率の引き上げは2006年6月以来8度目となる。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

イートレード証券がノーロードファンド13本を追加

kage

2007/05/18 (Fri)

イー・トレード証券が購入時の手数料が無料のノーロードファンドを13本追加し、合計で59本となりました。手抜きで申し訳ありませんがサイトの説明をそのままご紹介いたします。それではまず3本から。

・大和-トピックス・インデックスファンド
東証株価指数(TOPIX)に連動した投資成果を目指します。TOPIXインデックスファンド受益証券を主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行います。

・大和-アクティブ・ニッポン(武蔵)
わが国の上場株式および店頭登録株式を主要投資対象とし景気循環等の相場環境に応じてポートフォリオの性格を大胆に変更しアクティブ運用を行い信託財産の成長を目指します。

・大和-デジタル情報通信革命(0101)
わが国の上場株式および店頭登録株式の中から、次世代の情報・デジタル通信・マルチメディア等に関連する銘柄等に投資します。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

続・日本株が上がらない理由

kage

2007/05/18 (Fri)

以前、こちらのエントリーで日本株が上がらない理由を需給面から説明しようと試みましたが、本日発表されたGDP速報値を見てその理由はもっと根本的なところにあるのではないかと考え直しました。

GDP実質年2.4%増=消費好調、設備投資に陰り-1~3月期、9期連続プラス

内閣府が17日発表した2007年1~3月期国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響を除いた実質は前期(06年10~12月期)比0.6%増、年率換算で2.4%増と、9・四半期連続のプラス成長となった。設備投資がマイナスに転じたが、個人消費が落ち込み分をカバーし、内需と輸出がともに成長に寄与。高成長だった前期からは成長率は小幅となったが、戦後最長の更新を続ける現在の景気拡大の底堅さを示した。物価の影響を含み、生活実感に近い名目GDPは0.3%増(年率1.2%増)となり、名目が実質を2・四半期ぶりに下回った。この結果、06年度の実質成長率は前年度比1.9%、名目は1.3%となった。(時事通信より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

香港市場急騰!

kage

2007/05/14 (Mon)

週末の米国市場大幅高を受けて高く始まった日本市場が後場に入って息切れする中、香港市場は米国の勢いを上回る大幅高になりました。今日の急騰の理由はどうやら単に欧米の株高を好感したためだけではないようです。

香港株式市場・大引け=急反発、中国の投資規制緩和で資金流入期待高まる

香港 14日 ロイター:14日の香港株式市場は急反発。中国当局が、適格国内機関投資家(QDII)制度の下で商業銀行の顧客資金による本土外株式投資を解禁すると発表したことを受け、本土資金流入への期待から中国企業株が買われた。ハンセン中国企業株指数(H株指数)は5.4%高と昨年末以来の上昇率を記録し、最高値を更新した。ハンセン指数終値は511.03ポイント(2.50%)高の2万0979.24。上昇率は、ここ約1年で最大となった。出来高もかつてないほど高水準に膨らんだ。投資家がH株と本土市場の国内投資家向けA株の価格差を利用した裁定を狙う中、資源株や金融株が急伸した。先週の時点で、H株はA株に比べ40%以上割安な水準で取引されている。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.05.11現在)

kage

2007/05/12 (Sat)

今週目にしたさまざまなニュースの中で資産運用に投資信託を積極活用している身として特に気になったものはやはりこれでした。

投信手数料高止まり・管理費、年1.3%で最高水準に

投資信託を購入した後の管理費として利用者が毎年負担する手数料(信託報酬)が高止まりしている。3月末の平均値は契約資産の1.308%と4年連続で上昇。手数料が割高な新興国投信などの商品が増え、過去最高の水準に達した。投信を長期保有する際の負担が重くなることを示しており、販売する証券会社や銀行はリスクを含めてより丁寧な説明を求められそうだ。投信評価会社のモーニングスターが約2200本の投信を対象に調査をまとめた。直近で最も低かった2003年3月末と比べると信託報酬の上昇は0.06ポイント、上昇率は5%になった。(日本経済新聞より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

セゾン投信の引き落とし

kage

2007/05/09 (Wed)

こちらのエントリーでご紹介したように設立趣旨に共感しサービス開始直後に口座開設と定期積立の申し込みをしていたセゾン投信ですが、5月7日付でようやく第1回目の引き落としが完了しました。ファンドの設定が世界同時株安直後の3月15日だったこともあって私が積み立てを申し込んだセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額は昨日(5月8日)時点ですでに10,556円となっています。株式と債券の組入比率が1:1であることを考えると設定来2ヵ月足らずで5%超という成績は(世界的な株価回復の流れに乗ったという理由があるにせよ)十分立派だといえます。私自身、当初からセゾン投信は積み立てのみのつもりでしたので、結果的にファンドの順調な成長を指をくわえて見ている状況になってしまったわけですが、第1回目の引き落としが完了してやっとホルダーへの第一関門を通過できました。しかし実はここからの道のりがまた長いのです。なぜならセゾン投信の定期積立プログラムは基本的に当月4日に指定口座から引き落とし、19日に注文、21日の基準価額で約定、という流れになっていますので、実際の購入までにはまだ2週間近く待たされることになるのです。

海外株式投信評価額(2007.05.02現在)

kage

2007/05/05 (Sat)

注目していた中国の金融引き締め策に対する市場の反応ですが、力強い上昇を続ける上海市場にはまったく影響はなく、香港市場も発表の翌日こそ下落したもののその後はその下落幅以上に上昇しており、現時点ではその影響は限定的だったといえそうです。前回のエントリーで「私自身はとりあえず大きく押したら買いのスタンスで臨むつもりです」と書いたとおり、今回も細かく刻んで押し目買いを実行しようと思っていたのですが、今週は連休の谷間で日本側の稼働日が2日しかない上に香港市場は5月1日がメーデーで休場だったため、結果的に投信購入申し込みのチャンスは5月2日の1日限りでした。ただこの日に申し込んだ場合に適用される購入価格は来週月曜日(5月7日)の基準価額となるため、週後半の市場動向によっては高値掴みとなってしまう恐れもあり、結局追加購入には踏み切れませんでした。このように海外株式投資信託には日本の休日に加えて現地の休日にも申し込み不可となったり購入時に適用される為替レートが翌日に決定されるなどの制約が多く、そもそも押し目買いを狙うのには適していません。ところがとても身近なところにこのような制約を一気に解決する方法があったのです。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ