2007 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2007 05

中国、預金準備率引き上げ

kage

2007/04/29 (Sun)

昨日の定時報告で「中国、インドとも金融引き締め策への警戒感が高まっている現状がありますので、実際に金融引き締め策が出されるまで(追加投資を)待つというものひとつの手かな思ったりしています」と書いたばかりですが、本日、早くも中国人民銀行から今年4回目となる預金準備率引き上げが発表されました。

中国、預金準備率引き上げ=今年4回目、過熱を予防

中国人民銀行(中央銀行)は29日、金融機関が中銀に預け入れる預金準備率を0.5%引き上げて11.0%とし、5月15日から実施すると発表した。預金準備率は今月16日に引き上げたばかり。異例の連続引き締めにより、景気過熱の予防に対する強いメッセージを発した。中国の今年1~3月期の国内総生産(GDP)は11.1%の増加となり、前期の10.4%から加速。昨年末に大きく減速した都市部の固定資産投資も再拡大の兆しがあり、金融当局は警戒を強めている。人民銀行は昨年来、景気のソフトランディング(軟着陸)を目指し、小刻みの金融引き締めを実施。今年に入って預金準備率を今回を含め4回、貸し出しと預金の基準金利を1回、それぞれ引き上げた。(時事通信より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.04.27現在)

kage

2007/04/28 (Sat)

今週は火曜日に思いがけずインド株が急騰したため、嬉しくなってインド株、急騰中!を書いたのですが、昨日はその上昇分以上に下落し、結果的にぬか喜びとなってしまいました。この大幅下落の原因は何だったのだろうとネットでいろいろ調べてみたのですが、現時点では特別これといった情報は得られていません。ただもしかしたらこれかなと感じたのが以下の記事です。これによりインフレ懸念(=金融引き締め懸念)が再度台頭した可能性もありますね。

4月14日時点のインド卸売物価指数は前年比+6.09%、予想と一致

ニューデリー 27日 ロイター:インド政府が27日発表した4月14日時点の卸売物価指数(WPI)の上昇率は前年比6.09%と、前週と同じだった。ロイターがまとめたアナリスト予想も6.09%だった。前年同期のWPI上昇率は3.70。インドのWPI統計は毎週発表され、月次の消費者物価指数(CPI)統計より対象品目が多いため、インフレ指標として注目されている。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

セゾン投信で積み立てを始めます

kage

2007/04/26 (Thu)

すでに多くの投資系ブログで話題になっているセゾン投信ですが、実は私も申し込み受付開始早々に口座開設の手続きをしておりました。しかし当初から買い付けは毎月の積み立てのみのつもりでしたので、ようやく来月からスタートとなります。セゾン投信で扱っているファンドは、日本を含む世界中の債券と株式に分散投資する「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と日本株に集中投資を行う「セゾン資産形成の達人ファンド」の2種類ですが、今回私が積み立てを開始するのは前者のみです。これは私自身がすでに国内の個別株を保有していることと、これからは徐々に海外債券の保有比率も増やしていきたいと考えた結果です。

インド株、急騰中!

kage

2007/04/24 (Tue)

今朝のエントリーで「HSBC投信的にはもっとも弱気なインドも4月に入ってからは元気に上昇を開始しています。これを受けてHSBC投信が有言実行でポジションを落とすのか、来月の月報更新に注目してみたいと思います」と書いたばかりですが、いきなりインド株が急騰する場面がやって参りました。

インドの金利据え置き受け、インド株が一段高・ルピーが下落

ムンバイ 24日 ロイター:インドの金利据え置きを受けて、インドルピーが9年ぶり高値に近い水準から下落している。インド株は一段高となっている。0631GMT(日本時間午後3時31分)現在、ルピーは1ドル=41.57ルピーと、午前中に付けた1998年5月以来の高値41.47ルピーから下落した。ただ、その後は持ち直して41.435ルピーに上昇し、9年ぶりの高値を更新している。インド株式市場では、0639GMT現在、SENSEX指数が1.1%高の1万4085.48。インド中銀の金利発表前は1万3970だった。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

HSBC BRICsオープン月報更新

kage

2007/04/24 (Tue)

まだ梅雨入りには早いにもかかわらず相変わらずどんより曇り空状態が続く日本の株式市場をよそに世界の株式市場の多くは力強く直近最高値を超えてきています。前回の定時報告で「ニューヨークのダウ指数のように連日史上最高値を更新する動きには正直加熱感も持ちます」と書きましたが、かなり以前からバブルの発生や過熱感が指摘されてきたBRICs市場については欧米市場以上に警戒感を強める必要があるのかも知れません。そこで毎月恒例となったHSBC・BRICsオープンの月報チェックで国別投資方針の確認をしてみたいと思います。

それではまずいつものようにBRICフリースタイル国別投資割合推移からご覧ください。

BRIC0703

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.04.20現在)

kage

2007/04/21 (Sat)

今週の定時報告は昨日に引き続き日本市場について書いてみたいと思います。日本市場における直近の関心事といえばやはり目前に迫った外資企業による三角合併の解禁ではないでしょうか。この三角合併解禁が日本経済にどの程度の影響を与えるのかについては弱小個人投資家に過ぎない私などには分かりませんが、その影響力を警戒するがあまりの混乱も一部で目に付きます。

企業にとって意に沿わぬ買収提案から身を守る近道は企業価値を高めることです。そのためには、独自技術の開発、ブランドイメージの向上、リストラの推進などさまざまな施策が考えられますが、企業買収や経営統合による会社規模の拡大も有効な手段のひとつです。しかし三角合併の脅威におびえて焦って合意を急いだためなのか、ここに来て経営統合や資本提携を白紙撤回する例が散見されています(エディオンとビックカメラ、HOYAとペンタックス、タカラトミーと赤ちゃん本舗など)。株主の立場からすれば、株価形成に大きな影響を与える決定を簡単に覆されたのではたまりません。当然それは社員や取引先などにとっても無用な混乱を招くことになりますので、経営陣の準備不足や判断ミスを指摘されても文句は言えないと思います。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

日本株が上がらない理由

kage

2007/04/20 (Fri)

先週の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で出された「世界経済は過去30年超で最も力強い持続的な拡大をしている」という共同声明を裏付けるように、世界各国の株価は相次いで2月末の世界同時株安以前の水準に戻してきています。しかしなぜか日本市場だけはこのところずっと上値が重く、好調な世界経済から取り残された形になっています。おそらくそれは複雑な要因が絡み合った結果であり、私のような弱小個人投資家が簡単に分析できるほど簡単なものではないのは重々承知の上ですが、毎週東京証券取引所から公表されている投資部門別売買状況を閲覧してみると、何となくその理由の一端が見えてくるような気がします。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

SBIが投信運用手数料をポイント制で実質下げ

kage

2007/04/19 (Thu)

日本経済新聞の報道によると、SBIホールディングスが新たに投資信託を専門に扱う子会社を設立し、ポイント制度を活用した新サービスに乗り出すそうです。

SBI、投信運用手数料をポイント制で実質下げ

SBIホールディングスが投資信託の販売仲介を強化する。19日に仲介子会社、SBIファンドバンク(東京・港)を全額出資で設立。投信購入者には運用額の0.1―0.2%をメドに、旅行商品などと交換できる独自のポイントを毎年付与する。運用手数料である信託報酬を実質的に値下げし、インターネット証券や地銀の口座開設者の需要を開拓する。

SBIはファンドバンクを通じて取り扱う投信をデータベース化し、ネット販売用システムとして金融機関に提供する。まず傘下のSBIイー・トレード証券のシステムと連動させ、同社の顧客に販売する。当初は国内外の株式や債券に投資する200本強の投信を用意。今後は海外の運用会社による国内未発売の投信も増やし、1年後に約500本とする。(日本経済新聞より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.04.13現在)

kage

2007/04/14 (Sat)

昨日、いつものようにロイターの記事をチェックしていたところ、新興国市場への押し目買いスタンスを継続している私にとって誠に心強い記事が目に止まりましたのでご紹介したいと思います。

新興国株式への投資、米経済減速でもやめるべきでない=S&P

ニューヨーク 12日 ロイター:米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12日、2007年には、米経済が減速したとしても投資家は新興国の株式への投資を維持するべきだとの見解を示した。S&Pの株式市場ストラテジストであるアレック・ヤング氏は、過去3年間の新興国株式市場のリターンは年24%程度だったが、07年は米経済成長の鈍化を背景に7%に低下すると予想している。同氏は、S&Pの新興国市場に関する会議の合間に、ロイターに「調整の年になるとみているが、投資家が利益を消化できるためそれは良いことだ」と指摘。08年、09年から長期的な成長が始まるとの見方を示し、力強い消費やインフラ開発、金融サービスの普及、高水準のコモディティー価格などが成長を促すとの見方を示した。その上で「この資産クラスを手放すべきではなく、分散投資する方がより理にかなう」と述べた。同氏によれば、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の全世界株価指数に基づくと世界の株式投資に新興国市場が占める割合は現在8%。米国が45%、日本と英国がそれぞれ11%、ユーロ圏が20%という。新興国の中では中国とインドが最大で、それぞれ10%程度となっている。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

HSBC投信がアジア株ファンド2本を設定

kage

2007/04/13 (Fri)

ロイターのニュースによるとHSBC投信が5月31日付で新たにアジア株ファンドを2本設定するとのことです。ちょっと長いですが以下にその記事を転載させていただきます。

HSBC投信、トルコやベトナムも含むアジア株ファンドを5月31日設定

東京 13日 ロイター:HSBC投信は、「HSBCアジア・プラス」および「HSBCアジア・プラス(3カ月決算型)」の2本を5月31日設定する。ファンドの詳細は以下のとおり。

設定上限額:各500億円
分類   :追加型証券投信/ファンド・オブ・ファンズ
投資先  :
・HSBC アジア・プラス マザーファンド
<以下、マザーファンドの投資先およびマネジメントフィーなど>
・HSBC GIF アジア(除く日本)エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF チャイニーズ エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF コリアン エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF シンガポール エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF タイ エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF ホンコン エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF ターキッシュ コンバージェンス クラスJ(年率0.6%)
・EMIF トルコ クラスU(年率0.6%)
・ベトナム・グロース・ファンド(年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・ベトナム・エンタープライズ・インベストメント・リミテッド (年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・PXP ベトナム・ファンド(年率2%)
・PXP ベトナム・エマージング・エクイティ(年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・HSBC インド株式ファンド(適格機関投資家専用)(年率0.63%税込)
・HSBC マネープールファンド(適格機関投資家専用)(年率0.042%税込)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

海外株式投信評価額(2007.04.06現在)

kage

2007/04/07 (Sat)

突然ですがご覧の通り定時報告のタイトルを変更しました。HSBC投信だけのポートフォリオでスタートしたこの定時報告ですが、ご承知のとおり途中から他のファンドも次々に追加して投資総額ではHSBC投信の方が少数派という状況が長く続いていましたし、短期的にはHSBC投信が復活する可能性も低いため、新年度入りを良い機会としてより現状に合ったタイトルに変更することにしました。以前こちらで「現時点ではHSBC投信を1本も所有していないので本当ならこの定時報告のタイトルも変更しなければならないのですが、再投資への決意を込めてあえてそのままにしておきます」と書きましたが、1ヵ月も経たない内に方針変更となりましたことをお詫びいたします。

さて今週は、先週の定時報告で「押し目買いの方針継続で臨みたいと思っています」と書いたとおりにDIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)とドイチェインド株式ファンドを追加購入しました。その結果、昨日時点での私のポートフォリオは以下のようになりました。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

中国が預金準備率を引き上げ

kage

2007/04/05 (Thu)

先月追加利上げに踏み切ったばかりの中国人民銀行が今度は預金準備率の引き上げを発表しました。このように矢継ぎ早に実施される金融引き締め策を見るにつけ、インフレやバブルの発生を絶対に許さないという中国当局の強い意志をヒシヒシと感じます。

中国が預金準備率を0.5%ポイント引き上げ、昨年6月以来6回目

北京 5日 ロイター:中国人民銀行(中央銀行)は5日、銀行の預金準備率を0.5%ポイント引き上げると発表した。預金準備率の引き上げは、昨年6月以来6回目。4月16日から実施する。人民銀行は、ウェブサイトに公開した声明で「引き続き安定的金融政策を実施し、銀行システムの流動性管理を高めるためさまざまな手段を活用し、流動性を適正な水準に保ち、マネーサプライや信用の過度な伸びを防いでいく」と表明した。預金準備率の引き上げは、今年に入って3回目。エコノミストからは「過剰流動性の圧力がかなり高まっており、基本的に予想の範囲内。かねてより、政府が一連の引き締め措置を講じると予想していた」との指摘があった。今回の引き上げで、4大国有商業銀行の預金準備率は10.5%に、中小銀行のそれは11.0%に上がる。人民銀行は、過去1年間に基準金利を3回引き上げている。直近の利上げは3月18日。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ