2006 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 06

マネックスニュース

kage

2006/05/31 (Wed)

本日、当ブログではすっかりおなじみのマネックス証券に関して、ネガティブとポジティブなニュースが相次いで飛び込んできました。それではまずネガティブなニュースからご紹介します。

証券監視委、マネックス証券とメリルリンチIMの行政処分を勧告

東京 31日 ロイター:証券取引等監視委員会は31日、マネックス証券とメリルリンチ・インベストメント・マネジャーズに法令違反の事実が認められたとして、両社を行政処分するよう金融庁に勧告した。
<マネックスは内部者登録制度に不備>
 証券監視委によると、マネックス証券は、上場企業の役員などが取引を始める際、勤務先や役職などを届け出る「内部者登録」制度が十分に機能しておらず、5000─6000件の登録漏れが生じていた。また、同社では2月27日、夜間取引「マネックスナイター」で大阪証券取引所を主市場とする銘柄の一部について取引価格を誤って算出するという障害が発生していたが、これは、大証のシステム変更に伴い必要となるプログラム修正を行っていなかったことが原因だった。
 証券監視委はこれらの事実は、証券取引法に基づく内閣府令「顧客の有価証券の売買等に関する管理の状況が法人関係情報に係る不公正な取引の防止上十分でないと認められる状況」、「証券業に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況」にそれぞれ該当すると判断、マネックス証券と担当責任者への行政処分を勧告した。
 勧告を受け、マネックス・ビーンズ・ホールディングスは「このような勧告が出されたことについて、心よりお詫びする。今回の検査結果を受け、グループ全体の内部管理体制の更なる強化に取り組んでいく」とのコメントを発表した。
<メリルリンチIMは善管注意義務違反>
 一方、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズは2003年4月14日から05年8月31日までの間、原則禁止となっている投資信託財産相互間の取引について、例外規定を誤って解釈し取引を指図した事例が6回あったほか、誤発注取引の処理でも不適切な対応が見つかった。
 とくに誤発注処理では、誤った取引で発生した損失3800万円を誤発注の舞台となった投資信託の受益者に負担させた上、その事実を受益者に説明していなかった。証券監視委ではこの行為が善管注意義務に違反すると判断した。
 これに関して同社は「事実を真摯に受け止める」とコメントしている。

それでもインドの成長は続く

kage

2006/05/31 (Wed)

先週の定時報告で、世界同時株安は反転に向かうのでは?との希望的観測を書きましたが。昨日の米国市場の暴落でせっかく反発した分がすべてチャラになってしまいました。それでも米国市場はまだ反発以前に戻っただけですが、その影響で日本やインドの株価は底割れしてしまい、にわかに暗雲が立ちこめてきました。そんな中、インドの経済成長継続を伝える下記のニュースが流れてきました。

インド、8.4%成長 05年度、ITなど好調

ニューデリー 31日 共同通信:インド政府の統計部門は31日、2005会計年度(05年4月-06年3月)の国内総生産(GDP)の伸び率を8.4%と発表した。2月に国会に提出した推定値は8.1%だったが、これを上回る高成長となった。

情報技術(IT)を中心とするサービス業と自動車など製造業の「2つのエンジン」(財務省)が引き続き好調だったことが大きな要因。マンモハン・シン首相は06年度のGDP成長率を7%以上と見込んでおり、今後もインド経済の急成長は続きそうだ。06年1-3月期の成長率は9.3%(前年同期8.6%)だった。

05年度の主な伸び率では製造業が9%、建設業12.1%、サービス業のうち貿易、ホテル、運輸、通信が11.5%、農林水産業は3.9%だった。

Google AdSense復活!

kage

2006/05/31 (Wed)

先ほどFC2ブログのAdsense復活で知ったのですが、今朝から Google AdSenseのトラブルは解消したそうです。理由がまだはっきりしないところに一抹の不安はありますが、とりあえず現状復帰したことは嬉しい限りです。待ち望んでいた結果とはいえ、何だか予想外の展開でしたね。

引っ越し準備

kage

2006/05/30 (Tue)

FC2ブログのすべてでGoogle AdSenseが表示されないトラブルに関しては、昨日になってFC2サイドよりAdsenseに関してという公式コメントが出ました。現時点ではトラブルの原因や詳細はまったく不明ですが、どうやらこの問題の解決は容易ではなさそうな雰囲気が漂っています。FC2としては取り急ぎ独自ドメイン方式でトラブルの回避を図るとのことですが、独自ドメイン使用は有料なのか、Google側の見解が変わらなければまた同じ事態が起こり得るのではないか、などの疑問を感じたため、万が一の事態を想定して引っ越しの準備をすることにしました。

Google AdSenseのトラブル

kage

2006/05/27 (Sat)

本日のお昼頃からFC2の全ブログでGoogle AdSenseの表示ができなくなるトラブルが発生しています。当ブログのタイトル下や記事の下あたりに大きな空白部分があるのはそのためです。FC2内のサポート掲示板でのやりとりを見ても現時点ではまだ理由がはっきりしていないようで、見た目が格好悪いですがおとなしく待つしかないようです。

ところで、本当はあえて記事にせずにサラッと受け流そうと思っていたのですが、昨日、当ブログのアクセス数が10,000件を越えました。このようなつたないブログにかくもたくさんのご訪問をいただいたことを改めまして心より御礼申し上げます。もっともアクセス数の約2割はたぶん自分自身です。新規に記事を掲載する際に、とりあえずアップして、ブログに表示された内容を見ながら推敲を重ねたりしていますので。また投稿記事数も今日の定時報告でちょうど100本目となりました。ただし、記事数が開設当初の1カ月間に集中していますので、ブログを継続するモチベーションの低さを如実に表している結果ともいえます。まあ開設当初は誰でも張り切るものですから、今後ともマイペースで更新を続けていくつもりです。

HSBC投信等評価額(2006.05.26現在)

kage

2006/05/27 (Sat)

先週の定時報告で「とりあえず昨日の米国市場はプラスで引けましたので来週のリバウンドに期待したいと思います」と書きましたが、今週も世界同時株安の流れは容易に反転せず、国内外を問わず株式投資をしている方々には引き続き悩み多き日々を過ごされたことと思います。だたし週末にかけて世界的に株式市場には明るい兆しも見えてきており、今度こそ明確な底打ちを期待したいものです。まったく参考にならないと思いますが、以下に私が各国の株式市場のチャートを見て独断と偏見で判断した印象を記します。

<BRICs諸国>
ブラジルBovespa指数:底入れ
ロシアモスクワタイムズ指数:底打ち
インドBSE指数:下げ止まり
香港ハンセン指数:下げ止まり
<欧米>
米S&P500指数:底打ち
英FT100指数:底入れ
独DAX指数:底打ち
<日本>
日本TOPIX指数:下げ止まり

ちなみに上記表現は強い順に、底入れ>底打ち>下げ止まり、のつもりです。

インド当局の涙ぐましい努力

kage

2006/05/25 (Thu)

急落したインド市場の崩壊を防ぐべく、インド当局が矢継ぎ早に施策を打ってきました。

インド、株価急落受け証拠金率を半分に引き下げ=取引所

ムンバイ 25日 ロイター:インドのナショナル証券取引所とムンバイ証券取引所は25日、証拠金率を半分に引き下げると発表した。

インド株式市場が過去2週間に16%以上下落したことを受けた措置で、現物とデリバティブの証拠金率は10%から5%に、デリバティブの指数商品の証拠金率は6%から3%に引き下げられる。

これにより、投資家は少ない証拠金で多額の株式を購入することが可能になる。

インドルピーが年初来安値から戻す、中銀介入か=市場筋

ムンバイ 25日 ロイター:25日の外為市場で、インドルピーが一時、年初来安値の1ドル=45.95ルピーまで下落した。

市場筋によると、その後、中銀が45.90ルピー付近で為替介入を実施したとみられ、ルピーは安値から戻している。外為市場では、インド株式市場からの海外資金流出を懸念する声が出ている。

インド証券取引委員会が24日遅く公表した株式売買状況によると、外国人機関投資家の売り越し額は、今月23日までの9日間で16億ドルに達した。

HSBC投信緊急レポート

kage

2006/05/22 (Mon)

HSBC投信より本日付でインドオープンとBRICsオープンの基準価額下落に関するレポートが出ています。詳しくは右のHSBC Japanのリンクから「投資信託/投資顧問」「HSBC投信からのお知らせ」とたどってご覧ください。

このレポートを読んでの私の正直な感想は「やはりインドは厳しい」でした。基準価額が急落した後で撤退を決断することは簡単ではありませんが、もしかするとここは長期保有の方針を撤回してでも降りるべき場面なのかもしれません。

インド市場のブラックマンデー

kage

2006/05/22 (Mon)

インド株投信保有者の一人として、できればこのような記事は目にしたくなかったのですが、本日のインド株式市場はブラックマンデーの再来を思わせる大パニックに陥っています。

インド株式市場のBSE指数が10%超下落で取引停止

ムンバイ 22日 ロイター:22日のムンバイ株式市場で指標となるBSE株価指数が10%以上下落し、3カ月ぶりに1万ポイントを割り込んだ。追い証に絡む売りが膨らんだことが背景。これを受けてムンバイ証券取引所は取引を一時停止した。

取引所関係者は「取引は、指数が10%下落したことを受けて現地時間午前11時55分(日本時間午後3時25分)に停止された。1時間後に再開される」と述べた。

ナショナル証券取引所の取引も停止された。BSE指数は10.16%安の9826.91、NSE指数は10.79%安の2896.45となった。

インド財務相、株価急落受け投資家にパニックに陥らないよう呼びかけ

ニューデリー 22日 ロイター:インドのチダムバラム財務相は22日、株式市場の急落を受け、流動性に問題はないとして投資家にパニックに陥らないよう呼びかけた。

同相は記者団に中銀総裁と話をしたことを明らかにし、流動性に問題はないと明言。追い証を迫られている投資家には資金を提供する、と述べた。

HSBC投信等評価額(2006.05.19現在)

kage

2006/05/20 (Sat)

グリーンスパン氏が米連邦準備理事会(FRB)議長に就任して2カ月後の1987年10月19日、ニューヨーク株式相場はのちに「ブラックマンデー」と呼ばれる大暴落に見舞われました。グリーンスパン議長はこの時、直ちに緊急声明を出し「経済・金融システムを支えるために流動性(=資金)提供の用意がある」と力強く宣言して混乱を収拾しました。世間にはこれを「新議長の手腕を試すために市場が与えた試練だ」と論評する向きもあったそうです。この先例を引きバーナンキ新議長に対しても市場が試練を与える場面が早晩訪れるだろうという噂は就任早々から流れていました。もちろんそんな噂には何の根拠もないのですが、結果的に今回の世界同時株安と米ドル安でバーナンキ氏の手腕が試されようとしています。本来「市場が新議長の手腕を試す」などということはあり得ないことなのですが、新議長の考え方や目指す方向性がはっきりしないと市場の参加者も疑心暗鬼となり、思いがけない事態が起こり得るという警鐘を含んだ市場の経験則なのかも知れませんね。

インド市場は重症か?

kage

2006/05/19 (Fri)

アメリカ経済のインフレ懸念を発端とした世界同時株安の嵐が吹き荒れた一週間がとりあえず終わりました。本日は東京市場も何とか反発してくれました。今のところCME Globexの数値も堅調で為替も円安に振れているため、来週に向けて何となく明るさが見えて来たような気がしています。そんな中BRICs市場に目を転じてみると、本日の香港市場はプラスに転じて終わっていますが、インド市場は今日もまた派手に下げているようです。インド市場は相当重症なのか?HSBC BRICsオープンの月報が更新されましたので早速検証してみることしましょう。

ちなみにHSBC投信が設定する各ファンドの月報と週報は、右のHSBC Japanのリンクから「投資信託/投資顧問」「ファンドレポート」とたどっていただければご覧になれます。

赤字転落

kage

2006/05/17 (Wed)

先週末から続いた世界同時株安と円高の直撃を受け、私の投資信託評価額もついに赤字に転落してしまいました。投資には常にこのようなリスクが伴うことをお知らせするためにも現状をアップしておきます。

HSBC020

HSBC投信等評価額(2006.05.12現在)

kage

2006/05/13 (Sat)

連休明けの明るい雰囲気から一転してここ数日は円高に加えて一気に世界同時株安が私のポートフォリオも直撃し、不安いっぱいの週末を迎えています。ただし私としてはここから米ドルの暴落を発端とする世界恐慌が始まるとはとても思えず、一時の調整と信じて嵐が通り過ぎるのを待つ心境です。

そんな中、マネックス証券から投資信託に関連するふたつのニュースが発表されました。ひとつはあらたに5銘柄がノーロード(申込手数料なし)になること。そしてもうひとつはHSBC BRICsオープン新規申込一時停止のお知らせです。

HSBC投信等評価額(2006.05.08現在)

kage

2006/05/09 (Tue)

連休中の成績を反映した評価価額が出ましたので取り急ぎアップしておきます。

HSBC018

HSBC投信等評価額(2006.05.02現在)

kage

2006/05/06 (Sat)

5月4日付の日本経済新聞にBRICsの成長を伝える下記の記事が掲載されました。

BRICsの外貨準備、G7抜く・3月末

有力新興国BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の政府・中央銀行が保有する外貨準備高が3月末時点で主要7カ国(G7)の合計額を上回った。世界最大の外貨準備保有国となった中国に加え、他の3カ国も輸出や海外からの直接投資が増加したためだ。高度成長を続ける4カ国への外貨流入は今後も加速、ドル相場などへの影響を通じて国際金融市場での存在感を一段と増しそうだ。

外貨準備は政府・中央銀行の保有する外国通貨や金で、政府の対外的な支払準備資産として国家の信用力を示す。BRICsの3月末時点の外貨準備は1兆2922億ドル。2004年末と比べ4割増え、G7の合計1兆2539億ドルを超えた。(日本経済新聞より)