2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:ひとりごと・雑談 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

あるセゾン教信者の聖地巡礼記

kage

2017/08/27 (Sun)

まず始めに本エントリーをお読みいただく上での注意点(言い訳?)をいくつかお聞きください。タイトルにある「あるセゾン教信者」とは紛れもなく私自身を指しております。昨日のエントリーで「私はセゾン投信を応援していても信者になるつもりは毛頭ありません」と書いておきながら言行不一致も甚だしい!とお叱りの声を頂戴することを覚悟の上であえてこの表現を使いました。その理由は、この方が第一印象もインパクトがあり注目度が上がるだろうという浅はかな考えからです。誠に申し訳ありません。あと本エントリーはただ数を重ねることだけが目的の単なる雑談です。ですから何らかの内容を求めてお読みになるとガッカリする結果になることをあらかじめご承知置きください。

さて、ここからが本題です。セゾン教信者の聖地といえば、何といってもセゾン投信株式会社が入居する池袋のランドマーク・サンシャイン60でしょう。サンシャイン60といえば今でこそ大阪のあべのハルカスや横浜ランドマークタワーの後塵を拝していますが、開業時(1978年4月6日)には日本一どころかアジアで一番高いビルでした。かの有名な「ビックカメラの歌」の中でも「高くそびえるサンシャイン」と歌われていますね。思い起こせば私が友人と共に初めてサンシャイン60を訪れた際、60階の展望台は有料だったため安く済ませようと59階のレストランに行ったところ、一番安い食事メニューが1皿1,000円のカレーライスでかえって高く付いてしまったのも今では良い思い出です。またかつて営業職だった頃に担当していた今は無き緑屋(現クレディセゾンの母体)の本部がこのサンシャイン60にあり、「こんなに下界が小さく見える高い所で仕事をしていたら、心まで人を見下すようになりはしないか?」などと余計な心配をしたことも今では懐かしい思い出です。

東芝特需再来

kage

2017/04/16 (Sun)

3月20日のエントリー「アクセス急増の怪」で私は「これからまた東芝の上場廃止問題がニュースになるたびにアクセス数が増えるかな?と取らぬ狸の皮算用をしていることもまた事実ですが」と書いておりましたが、何と実際に狸が取れてしまいました(ここでもことわざを用いるなら「柳の下に二匹目のドジョウがいた」と表現すべきかも知れませんね)。具体的には二度の延期の末に4月11日(火)に行われた東芝の第3四半期決算発表が異例の「監査法人意見不表明」となったことで上場廃止の現実味が一気に増したのです。これを受けて当ブログのアクセス数がどう変化したのか?については今回も論より証拠でアクセスカウンターの画像をご覧ください。

アクセスカウンター

ご覧のとおり2日分だけが明らかに突出して多いことがお分かりいただけるでしょう。ちなみに左の1,221件が決算発表当日の4月11日(火)分であり、右の1,958件が翌12日(水)分です。そして言うまでもなく、これらのアクセスが向かった先は今回も下記の2つに集中していました。

上場廃止株を持ち続けるとどうなる?(2015年5月17日)

もしも東芝が上場廃止になったら(2015年7月18日)

アクセス急増の怪

kage

2017/03/20 (Mon)

当ブログの一日平均アクセス数は300件を超えれば「今日はいつもより多いな」と感じるレベルであり、自他共に認める吹けば飛ぶような弱小ブログです。それが先週の火曜日(3月14日)、一気に2,000件を超えるという怪奇現象に見舞われました。まずは論より証拠で当ブログに設置しているアクセスカウンターの画像をご覧ください。

アクセスカウンター

ご覧のとおり、6日前が突出して多いことがお分かりいただけるでしょう。この3月14日(火)当日や前日に何か注目を集めそうなエントリーを公開していたわけでもないので、私にもこのアクセス急増は不可解でした。そこでアクセスカウンターに併設されている解析機能で調べてみたところ、その理由はすぐに判明しました。具体的にはアクセスのほとんどがGoogleやYahoo!など検索サイトからのものであり、そのキーワードは「上場廃止」とか「東芝」ばかりだったのです。ご承知のとおり東芝はこの日に予定されていた決算発表を再度延期しており、上場廃止という最悪の事態が一気に現実味を帯びてきました。そこで多くの方々が東芝の上場廃止を想定して情報収集に走ったのでしょう。

新年会

kage

2017/01/08 (Sun)

長かったお正月休みも終わってみればアッと言う間でしたね。ただ仕事始めの直後がまた三連休となったため、お正月気分から仕事モードへと徐々に切り替えることができそうです。もっともこれはお正月気分からなかなか抜け出せないという逆効果と表裏一体ではありますが。

さて、お正月といえば家族・親戚・友人など久しぶりに顔を合わせる懐かしい面々が集まる機会でもあります。かく言う私もお正月休み中に高校時代の友人4人と新年会を開き、旧交を温めました。その参加メンバーの中に何年ぶりに会ったのかさえ分からないほど久しぶりの再会となった友人がいたのですが、私に対する第一声には驚かされました。その第一声とはズバリ「お前まだセゾン投信やってるのか?」というもの。そこでまさか「セゾン投信」という単語を聞くことになろうとは思ってもいませんでしたので私の回答は「やっている」ではなく、「(前回会った時に)そんなこと話したっけ?」でした。わずかに残っている記憶をたどってみると、確かに株式投資が話題に上ったような気もしますがまさかセゾン投信のことも話していたとは自分でも驚きです。この友人と会うのは本当に久しぶりなので、おそらくは積み立て投資を始めて間もないころだったでしょう。その時に私が勧めたのかどうかは記憶にありませんが、今ではその友人もセゾン投信で資産運用をしているとのこと。しかもNISA口座まで開設しているそうです(ただし株が買えないので少々後悔しているとのことでしたが)。

近況報告

kage

2016/03/07 (Mon)

前回のエントリーでご報告したとおり、先週私は体調を崩してしまい辛い日々を送っておりました。おかげさまで体調の方はもうすっかり回復しているのですが、ブログの更新意欲の方は一向に回復する気配がありません。そこで「近況報告」と題して無理矢理にでもブログの更新をしようと思い立った次第です。

体調

先にも書いたとおりおかげさまでもうすっかり良くなりましたが、今回の体調不良で現れたのは典型的な風邪の症状でした。具体的にはまず微熱から始まり、くしゃみ→鼻水→咳→喉の痛みと風邪の黄金ルート(?)を一通り巡った形となりました。時期的に「もしかしてインフルエンザ?」という心配もしたのですが、急激な発熱(しかも高熱)や関節痛・筋肉痛といったインフルエンザ特有の症状はありませんでしたので、おそらく普通の風邪だったのだろうと思います。実際に市販の風邪薬がよく効きましたしね。

定期通院日

体調が最悪だった先週の土曜日は巡り合わせが悪く定期通院日に重なってしまいました。今回は久しぶりの血液検査と問診だったのですが、下記のとおり引き続き腫瘍マーカーの数値は正常の範囲内でありガン再発の気配は見られません。風邪が腫瘍マーカーの数値に影響を及ぼすことはないと頭では分かっていても、実際にこの結果が出るまでは正直なところ多少心配していました。

tumormarker20160227

検索キーワード

kage

2015/11/22 (Sun)

別に狙ったわけではないのですが、当ブログの右側に掲載しているカレンダーを見ると今月に入ってからずっと水曜日と土曜日に新しいエントリーをアップしてきたことが分かります。このリズムを維持しようと思えば土曜日中にブログの更新をしなければならないのですが、正直なところ最近再びブログ更新意欲が著しく減退しており書きたいネタが見つかりません。そこで無理矢理ひねり出してきたのがタイトルに掲げた「検索キーワード」でした。これはGoogleやYahoo!などを経由してご訪問いただいた皆さんが入力されたキーワードのことで、当ブログの左下に設置しているアクセスカウンターに付属した機能で調べることができます。ご参考までに11月度(本日まで)のトップ10をご紹介しておきましょう。

1.セゾン投信 ブログ
2.若林栄四
3.セゾン投信 2ちゃん
4.おやじダンサー
5.セゾン投信 積立 ブログ
6.ひふみ投信 評判
7.上場廃止 株 どうなる
8.ひふみ投信 ブログ
9.セゾン投信 2ch
10.セゾン投信 ブログ

人生の転機

kage

2015/09/03 (Thu)

本日9月3日は何を隠そう当ブログの開設記念日であります。思い起こせば記念すべきエントリーナンバー1のタイトルは「国の借金」でした。リンク先をご覧いただければ投稿日が「2005/09/03 (Sat)」となっていることが確認できます。ハイリスク投機家の戯れ言を書き連ねた弱小ブログが何とか無事に満10年を迎えられたのは、ひとえにご訪問していただいた皆さまの存在があったればこそと心より厚く感謝しております。

蛇足ながら初回のエントリーで触れた国の借金についてフォローしておきますと、10年前は国民一人あたり約600万円でしたが現在(今年6月末時点)では国民一人あたり833万円に膨れ上がっています。このままではいけないと誰もが分かっているはずなのに状況は確実に悪い方向に進んでいるわけで、私たちはそろそろ痛みを伴う大胆な改革を受け入れる覚悟を固める必要があるのかも知れませんね。

ブログ開設10周年を迎えて本来なら「次の10年に向けて頑張ります」といった前向きなコメントを出すべきなのですが、そこはハイリスク投機家によくある天の邪鬼な性格の私のことですから、とびきり暗くて深刻な内容を書かせていただきます。