2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

カテゴリ:セゾン投信 の記事リスト(エントリー順)

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド最終損益報告

kage

2018/08/11 (Sat)

7月7日付の「セゾン投信定期取崩経過報告強制終了のお知らせ」で綺麗さっぱりすべて売り払ったことをご報告したセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドですが、数日前にセゾン投信から「譲渡益計算のご案内(源泉徴収税計算書)」が届きましたので改めて最終的な損益のご報告をさせていただきます。ご覧のとおり譲渡費用を除いた投資元本2,640,226円に対して売却代金が3,893,240円となり、差し引き1,253,014円の利益となりました。これを率にすると+47.46%となります。この数字だけを見ればもちろん立派な成績なのですが、それがトータル11年の実績であることを考えると正直どうなのでしょう?まあすべて売却した今となってはマイナスで終わらなかったことを投資の神様に感謝すべきなのでしょうね。

SAISON01

上記画像にあるタイトルからもお分かりのとおりこの右側には源泉徴収された税額の記載もあるのですが、私のスキャナー設定ミスで画像が途中で切れてしまったため手入力でご報告しますと、国税191,898円+地方税62,649円=254,547円となっております。言うまでもなくこの徴収分は私が売却に踏み切らなければ今でも資産形成のために働いてくれる立派な戦力であり続けてくれたはずであり、返す返すも今回の全数売却の要因となった私のリスク管理の甘さを悔やまずにはいられません。

セゾン投信定期取崩経過報告強制終了のお知らせ

kage

2018/07/07 (Sat)

突然ですがこれまでわずか2回とはいえ毎月続けてきた「セゾン投信定期取崩経過報告」を強制終了する運びとなりましたので謹んでご報告させていただきます。このような想定外の事態に至った理由としては下記の2つの可能性が考えられますが、果たして真実はどちらでしょうか?もったいぶるようなことではないのですが、ちょっとだけ考えてみてくださいませ。

1.定期取り崩し売却を中止してこのままホールドを続ける決意を固めた。
2.思い切って全数売却して「セゾン号」から下船する決意を固めた。

それでは正解の発表です。「セゾン投信定期取崩経過報告」が強制終了となった理由とは、ズバリ2.の全数売却でありました。私が突然このような決断に踏み切った理由は、先般公表されたセゾン投信の業績を見て改めて信託報酬の引き下げが行われなかったことに不信感をつのらせたからではなく、ライバルの楽天投信投資顧問から低コストバランスファンドが登場するとの情報を聞いてこれでセゾン投信の命運も尽きたなと見限ったわけでもなく、100%自己都合でありました。具体的には私自身のリスク管理の甘さにより、このところの日本株の下落で完全に身動きが取れなくなってしまったため、否応なくリスクオフに動くことを余儀なくされた次第で、いわば自業自得というわけですね。このような場合、潔く負けを認めて個別株の損切りを断行するのが筋なのですが、人間誰しも自らの負けを簡単には認めたくないもの。そこですでに売却を開始していたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの全数売却という安易な道を選んでしまいました。どうぞ「バカなヤツだ」とお笑いください。

セゾン投信定期取崩経過報告

kage

2018/06/24 (Sun)

満を持して先月からスタートしたこの連載ですが、今月も当初から予定していたとおりセゾン投信の定期積立投資約定日に合わせて淡々と売り注文を入れましたので謹んでその結果をご報告させていただきます。下記がその取引履歴の画面ですが、上段の受渡日2018/06/26が今回の約定内容です。ご覧のとおり下段の先月分と比べると単価で146円安い価額での売却という誠に不本意な結果に終わってしまいました。

SAISON02

上記画像の受渡金額をご覧いただければお分かりのとおり今回も金2万円也の売却注文だったのですが、先月と比べて約定価額が低下→確定利益も減少→源泉徴収される税金も減少というカラクリにより受取金額は先月より28円増えております。このように手取りの金額は増えましたが、もちろんこれは私が得をしたわけではありません。先月と同じ金2万円也を捻出するために141口も多く売却することを余儀なくされているため、前回よりは明らかに不利な条件での売却となりました。願わくば来月はもっと高く売れて、より多くの税金が納められますように。

セゾン投信定期取崩経過報告(新連載)

kage

2018/05/26 (Sat)

1ヵ月前に書いたエントリー「セゾン投信定期積立経過報告(最終回)」で予告しておいたとおり、今月より心機一転の新連載「セゾン投信定期取崩経過報告」をスタートさせます。実際にはそのプロローグとして1週間前に「セゾン投信定期取り崩し売却準備完了」を書いていたのですが、今回は改めて先週出しておいた売却注文の約定内容をご覧ください。

SAISON01

ご覧のとおり今月の定期積み立て投資の約定日である5月23日(水)に2万円分の売却が完了し、利益に対する税金が差し引かれた後の18,654円が昨日付で振込出金されています。ちなみにこの売却代金はまだ私の銀行口座には着金しておりません。おそらく発注時の画面に受渡日として表示されていた明日(5月28日)に振り込まれるのでしょう。

セゾン投信定期取り崩し売却準備完了

kage

2018/05/20 (Sun)

セゾン投信定期積立経過報告(最終回)で予告していたとおり、丸11年間毎月コツコツと積立投資を継続してきたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの取り崩し売却をいよいよ今月より開始いたします。その売却タイミングについては上記エントリーで「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)に合わせて5月23日(水)を狙っております。」と書いておりましたが、今回はこれを忠実に履行することにしました。また売却代金についてもとりあえず積み立て投資時と同じ2万円とします。そこでその発注を今日の内に済ませておきました。これにより5月21日(月)売却注文→5月23日(水)の基準価額で売却実施という流れになります。ご参考までに発注画面を下記に貼り付けておきますのでご参照ください。

SAISON01

セゾン投信定期積立経過報告(最終回)

kage

2018/04/28 (Sat)

ご報告が大変遅くなりましたが、4月23日(月)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,684円 (先月比23円上昇)
●約定価額 : 14,251円 (先月比342円上昇)
●騰落率 : +47.2% (先月比3.2%改善)


タイトルをご覧いただければお分かりのとおり、長年続けてきたこのご報告もついに今回で終了となります。思い起こせば記念すべき第一回目は2007年5月24日付のエントリー「セゾン投信の初回積み立てが完了」でご報告した2007年5月23日でした。ですから私の定期積み立て投資はちょうど11年間続いた計算になります。すなわち11年✕12回=132回というわけですね。これまで私は毎月の積み立て投資額を公表しておりませんでしたが、最終回ですので思い切って告白いたしましょう。その金額はズバリ毎月2万円也でありました。毎回のご報告で冒頭に書いているとおり、私は定期積立の増額やスポット買いを一切行っておりませんので総投資額は単純計算で2万円✕132回=264万円ということになります。毎月の積み重ねが132回を数えた11年の間にはリーマンショック、東日本大震災、アベノミクス、ブレグジット、トランプ相場などがあり、まさに波乱万丈と表現しても決して過言ではないでしょう。結果的にリーマン・ショックや東日本大震災がもたらした超円高局面で安くたくさん買えたことが幸いして私個人の個別元本はご覧のとおり設定時の1万円を下回る9,684円で最終回を迎えることができました。投資でリスクを取る以上、常に評価額は上昇し続けていて欲しいと思うのは人間心理の常であり仕方ありません。しかし現実はそうそう甘いものではありませんし、長期投資にとっても暴落時に頑張って積み立て投資を継続することで個別元本を引き下げることが実は大切なのだと今更ながらに痛感しております。私のセゾン投信を通じた長期投資は思いがけず今回で終了となりましたが、皆さんご承知のとおり昨年の相場は少々出来過ぎの感さえありましたので、取り崩しに入るタイミングとしては悪くないのでは?と思っております。

近所の誠実な八百屋さん

kage

2018/04/21 (Sat)

我が家の近くにある小さな八百屋さんは形が悪かったり小ぶりだったりする規格外の野菜を積極的に仕入れて安く販売しているため、私もよく利用させていただいております。とはいえ本エントリーで書きたいのは、このような実際の八百屋さんについてではありません。それではタイトルに掲げた「近所の誠実な八百屋さん」とはいったい何を指しているのか?と申しますと、私が苦渋の決断で関係見直しを決めたセゾン投信に他なりません。現時点で私がセゾン投信に対して抱いているイメージがズバリ「近所の誠実な八百屋さん」なのです。

それでは大変恐縮ではございますが、しばし私の妄想にお付き合いください。我が家の近所にある「セゾン青果店」は誠実な経営で地域社会ではそれなりに有名です。小規模店舗ではありますが、かえってそれが店主の顔が見えることによる信頼度向上につながる側面もあります。そして実際に店主の対応はいつも誠実であり、その人柄も信頼に足るものでした。さらに取り扱っている品物も超有名ブランドばかりで品質は折り紙付き。開店当初こそ無名の存在でしたが、今では利用者の口コミでお店の魅力が徐々に拡散して着実に利用者が増えています。