2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

カテゴリ:セゾン投信 の記事リスト(エントリー順)

大和証券とクレディセゾンが資本業務提携

kage

2019/09/08 (Sun)

すでに多くのメディアで報道されておりいささか出遅れ感は否めませんが、今回のタイトルに掲げたとおり9月5日付で大和証券グループとクレディセゾンの資本業務提携が発表されました。その詳細につきましては、下記クレディセゾン側のニュースリリースをご参照ください(リンク先はPDFファイルです)。

株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンとの資本業務提携に関するお知らせ

若い世代の方はご存じないかも知れませんが、クレディセゾンはかつてその傘下に自前の証券会社を抱えていました。その名もズバリ「セゾン証券」です。しかし2001年にマネックス証券に吸収合併される形で、その社名は消えてしまいました。ちなみに現在も続くセゾン投信が設立されたのは2006年ですので、両社の間に関係はありません。ここに来てクレディセゾンが改めて証券業に手を伸ばしてきたのには、年金不安などを背景にした金融サービスへの顧客ニーズの高まりがあるのかも知れませんね。似たような事例としては、昨年設立されたtsumiki証券(丸井グループ100%出資)もありますし。

セゾン投信は日本郵便と手を切れ

kage

2019/07/13 (Sat)

昨日7月12日(金)はひふみ投信の定期積立投資約定日でしたので本来なら「ひふみ投信定期積立経過報告」を書くべきところなのですが、取引報告書の発行が3連休明けになるため来週に回します。その代りに今回は久しぶりにセゾン投信を取り上げることにしました。その内容はタイトルにあるとおりで、少々過激な表現になることをあらかじめご了承ください。

皆さんご承知のとおり、このところ日本郵政傘下のかんぽ生命と日本郵便が世の中を騒がせています。その理由を改めて説明する必要もないとは思いますが、顧客が不利になるような不適切販売が横行していたのです。さらに問題は保険だけにとどまりません。ゆうちょ銀行の投資信託においても顧客の健康状態確認を怠った不適切販売が指摘されています(おそらく投資判断やリスク認識が十分にできない高齢者に投資信託を売り付けたのでしょう)。これらの不適切販売の当事者こそ、セゾン投信が出資を受けている日本郵便に他なりません。ご承知のとおり、日本郵便の本業である郵便事業は少子高齢化と若者の郵便離れもありジリ貧です。ネット通販の拡大を受けて宅配事業(ゆうパック)の方は好調そうですが、慢性的な人手不足でパンク寸前のようです。だからこそグループのかんぽ生命やゆうちょ銀行からの販売委託手数料が命の綱になり、現在のような暴走に至ったのでしょう。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド最終損益報告

kage

2018/08/11 (Sat)

7月7日付の「セゾン投信定期取崩経過報告強制終了のお知らせ」で綺麗さっぱりすべて売り払ったことをご報告したセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドですが、数日前にセゾン投信から「譲渡益計算のご案内(源泉徴収税計算書)」が届きましたので改めて最終的な損益のご報告をさせていただきます。ご覧のとおり譲渡費用を除いた投資元本2,640,226円に対して売却代金が3,893,240円となり、差し引き1,253,014円の利益となりました。これを率にすると+47.46%となります。この数字だけを見ればもちろん立派な成績なのですが、それがトータル11年の実績であることを考えると正直どうなのでしょう?まあすべて売却した今となってはマイナスで終わらなかったことを投資の神様に感謝すべきなのでしょうね。

SAISON01

上記画像にあるタイトルからもお分かりのとおりこの右側には源泉徴収された税額の記載もあるのですが、私のスキャナー設定ミスで画像が途中で切れてしまったため手入力でご報告しますと、国税191,898円+地方税62,649円=254,547円となっております。言うまでもなくこの徴収分は私が売却に踏み切らなければ今でも資産形成のために働いてくれる立派な戦力であり続けてくれたはずであり、返す返すも今回の全数売却の要因となった私のリスク管理の甘さを悔やまずにはいられません。

セゾン投信定期取崩経過報告強制終了のお知らせ

kage

2018/07/07 (Sat)

突然ですがこれまでわずか2回とはいえ毎月続けてきた「セゾン投信定期取崩経過報告」を強制終了する運びとなりましたので謹んでご報告させていただきます。このような想定外の事態に至った理由としては下記の2つの可能性が考えられますが、果たして真実はどちらでしょうか?もったいぶるようなことではないのですが、ちょっとだけ考えてみてくださいませ。

1.定期取り崩し売却を中止してこのままホールドを続ける決意を固めた。
2.思い切って全数売却して「セゾン号」から下船する決意を固めた。

それでは正解の発表です。「セゾン投信定期取崩経過報告」が強制終了となった理由とは、ズバリ2.の全数売却でありました。私が突然このような決断に踏み切った理由は、先般公表されたセゾン投信の業績を見て改めて信託報酬の引き下げが行われなかったことに不信感をつのらせたからではなく、ライバルの楽天投信投資顧問から低コストバランスファンドが登場するとの情報を聞いてこれでセゾン投信の命運も尽きたなと見限ったわけでもなく、100%自己都合でありました。具体的には私自身のリスク管理の甘さにより、このところの日本株の下落で完全に身動きが取れなくなってしまったため、否応なくリスクオフに動くことを余儀なくされた次第で、いわば自業自得というわけですね。このような場合、潔く負けを認めて個別株の損切りを断行するのが筋なのですが、人間誰しも自らの負けを簡単には認めたくないもの。そこですでに売却を開始していたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの全数売却という安易な道を選んでしまいました。どうぞ「バカなヤツだ」とお笑いください。

セゾン投信定期取崩経過報告

kage

2018/06/24 (Sun)

満を持して先月からスタートしたこの連載ですが、今月も当初から予定していたとおりセゾン投信の定期積立投資約定日に合わせて淡々と売り注文を入れましたので謹んでその結果をご報告させていただきます。下記がその取引履歴の画面ですが、上段の受渡日2018/06/26が今回の約定内容です。ご覧のとおり下段の先月分と比べると単価で146円安い価額での売却という誠に不本意な結果に終わってしまいました。

SAISON02

上記画像の受渡金額をご覧いただければお分かりのとおり今回も金2万円也の売却注文だったのですが、先月と比べて約定価額が低下→確定利益も減少→源泉徴収される税金も減少というカラクリにより受取金額は先月より28円増えております。このように手取りの金額は増えましたが、もちろんこれは私が得をしたわけではありません。先月と同じ金2万円也を捻出するために141口も多く売却することを余儀なくされているため、前回よりは明らかに不利な条件での売却となりました。願わくば来月はもっと高く売れて、より多くの税金が納められますように。

セゾン投信定期取崩経過報告(新連載)

kage

2018/05/26 (Sat)

1ヵ月前に書いたエントリー「セゾン投信定期積立経過報告(最終回)」で予告しておいたとおり、今月より心機一転の新連載「セゾン投信定期取崩経過報告」をスタートさせます。実際にはそのプロローグとして1週間前に「セゾン投信定期取り崩し売却準備完了」を書いていたのですが、今回は改めて先週出しておいた売却注文の約定内容をご覧ください。

SAISON01

ご覧のとおり今月の定期積み立て投資の約定日である5月23日(水)に2万円分の売却が完了し、利益に対する税金が差し引かれた後の18,654円が昨日付で振込出金されています。ちなみにこの売却代金はまだ私の銀行口座には着金しておりません。おそらく発注時の画面に受渡日として表示されていた明日(5月28日)に振り込まれるのでしょう。

セゾン投信定期取り崩し売却準備完了

kage

2018/05/20 (Sun)

セゾン投信定期積立経過報告(最終回)で予告していたとおり、丸11年間毎月コツコツと積立投資を継続してきたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの取り崩し売却をいよいよ今月より開始いたします。その売却タイミングについては上記エントリーで「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)に合わせて5月23日(水)を狙っております。」と書いておりましたが、今回はこれを忠実に履行することにしました。また売却代金についてもとりあえず積み立て投資時と同じ2万円とします。そこでその発注を今日の内に済ませておきました。これにより5月21日(月)売却注文→5月23日(水)の基準価額で売却実施という流れになります。ご参考までに発注画面を下記に貼り付けておきますのでご参照ください。

SAISON01