2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

カテゴリ:セゾン投信 の記事リスト(エントリー順)

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2018/02/24 (Sat)

一昨日の2月22日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,638円 (先月比24円上昇)
●約定価額 : 14,184円 (先月比758円下落)
●騰落率 : +47.2% (先月比8.2%悪化)


先月の定時報告で私は、「とりあえず目先は為替市場で少々の円高が進行したとしても米国株がガンガン史上最高値を更新してくれていますので、今回の約定価額が目先の高値になってしまう可能性は低いのではないでしょうか?週明けの為替動向次第では早々に設定来最高値を更新して、初の基準価額15,000円超えを達成するかも知れませんしね。」などと、今にしてみれば余りにも楽観的過ぎる希望的観測を書いておりました。しかし現実とは冷酷なもので、皆さんご承知のとおり米国を震源地とした今般の市場大混乱が楽観に傾き過ぎていた私に鉄槌を下すことになってしまったのです。結果的に先月の約定価額14,942円は見事に目先の高値となり(なお年初来高値は1月9日の14,980円です)、2月15日には14,000円割れ寸前の14,016円まで下落しました。その後の基準価額はやや戻したものの、ご覧のとおり今月の約定価額は先月と比べて758円も安い14,184円となっております。ちなみに「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」については、約定日前日21日(水)の基準価額が14,230円であったため、今月は辛うじて回避することができました。通常のスケジュールであれば、19日に口座入金、2日後の21日に約定となるのですが、今月は19日(月)がプレジデントデーで米国市場がお休みであったため事なきを得た形です。いずれにせよ米国株式市場では依然として一日の値幅が大きい(=ボラティリティが高い)状態が続いておりますし、為替市場では円高(と言うよりはむしろドル安)が止まりません。加えて来月は米国の中央銀行に当たるFRBが追加利上げに踏み切る公算が高いため、私たち日本の個人投資家としてももうひと波乱あることを想定しておく方がいいのかも知れません。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2018/01/27 (Sat)

またまたご報告が遅れてしまいましたが、1月23日(火)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,614円 (先月比27円上昇)
●約定価額 : 14,942円 (先月比181円上昇)
●騰落率 : +55.4% (先月比1.4%改善)


年が明けて2018年一発目の約定価額はご覧のとおり14,942円となったわけですが、その後は為替市場で急速に円高が進行したこともあり、昨日時点の基準価額は14,907円となっております。すなわち今年も「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」が継続していることになりますね。このアノマリーは積み立て期にはデメリット(欠点)に思えますが、取り崩し期に入ると一転して大きなメリット(利点)に変わりますので、もしこのまま永遠に続いてくれるのであれば私たち受益者が受ける影響もイーブン(五分五分)なのだと考えることも可能でしょう。要はそもそも定期積立投資においては約定のタイミングを自分でコントロールすることはできないのですから、そうとでも考えて自分で自分を納得させるしかないということです。とりあえず目先は為替市場で少々の円高が進行したとしても米国株がガンガン史上最高値を更新してくれていますので、今回の約定価額が目先の高値になってしまう可能性は低いのではないでしょうか?週明けの為替動向次第では早々に設定来最高値を更新して、初の基準価額15,000円超えを達成するかも知れませんしね。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/12/23 (Sat)

一昨日の12月21日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,587円 (先月比26円上昇)
●約定価額 : 14,761円 (先月比328円上昇)
●騰落率 : +54.0% (先月比3.0%改善)


早いもので2017年も残すところ今日を含めてあと9日ですね。皆さんご承知のとおり、2017年の世界経済はさまざまなリスク要因を抱えながらも成長を続け、結果的に今年最後となる定期積立投資は設定来最高値となる14,761円での約定となりました。ちなみに昨日の基準価額は前日比-16円の14,745円になっていますので、形の上では「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」が再び成立した格好になっています。もっとも毎月の定期積立投資が目先の高値で約定したとしても、毎月毎月設定来最高値を更新し続けてくれるのであれば受益者としてもまったく文句はないわけで(保有資産の評価額は着実に増加しますので)、これからも世界経済の安定的な成長ができるだけ長く続くことを願わずにはいられません。とはいえ好景気が加熱してバブルに至るのは願い下げです。なぜならバブルは必ず崩壊しますので。しかしながら世の中の至るところで徐々にバブルの兆候が見え始めていることもまた否定のできない現実です。バブルにはインフレを加速させるという側面がありますし、来年はいよいよECB(欧州中央銀行)も利上げに動くとの観測もありますので、もしかすると2018年の日本ではインフレと円安が招く物価高に消費者は苦しめられることになるのかも知れません。もし本当にそうなれば、資産を育てるという観点だけでなく、資産を守るという観点からも国際分散投資の重要性がますます高まりそうですね。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/11/23 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,561円 (先月比26円上昇)
●約定価額 : 14,433円 (先月比120円下落)
●騰落率 : +51.0% (先月比1.6%悪化)


本日は勤労感謝の日でマーケットはお休みですが、セゾン投信のシステムはキチンと昨日の約定を反映してくれます。ですからこうして祝日の午後にのんびりとご報告記事を書くこともできるわけで、いつものように冒頭から遅延のお詫びを書かずに済みました。今朝取引が終わった米国の株式市場ではダウ平均株価とS&P500指数は前日の市場最高値更新から反落したものの、ナスダック総合指数は続伸で史上最高値を更新しており、引き続き堅調な展開が続いております。一方で為替市場では今月に入ってからジリジリと円高ドル安が進行しており、その影響で今月の約定価額はご覧のとおり先月より120円安い14,433円となりました。ちなみにセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの直近高値は11月9日の14,655円であり(現時点でこれが設定来最高値です)、そこからほぼ右肩下がりで値を消す嫌な展開になっております。ただしそのお陰で「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」を今月は回避できました。しかしながら為替市場では本日早朝にまた一段の円高が進んでいますので、無駄とは知りつつ「こんなことになるのなら祝日明けの明日が約定日だったら良かったのに」との思いを禁じ得ません。もっとも明日になれば逆に円安展開に変わっている可能性もあるわけで、定期積立投資で約定タイミングについてあれこれ考えるのは無意味なのだともう一度自分自身に言い聞かせて、ここはスッパリ割り切ることにしましょう。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/10/28 (Sat)

今月は再びご報告が遅くなってしまいましたが、10月23日(月)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,535円 (先月比26円上昇)
●約定価額 : 14,553円 (先月比263円上昇)
●騰落率 : +52.6% (先月比2.3%改善)


先月の定期積立投資は見事に設定来最高値での約定となりましたが、実は今月の約定価額14,553円も月曜日の時点では設定来最高値でありました。実際には2日後の10月25日の14,558円が現時点の設定来最高値なのですが、昨日時点の基準価額は14,489円ですので今月もまた「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」が生きていたようですね。とはいえこのところの世界的な株高と為替市場における円安進行の恩恵を受けて基準価額の底上げは着実に進行しておりますので、細かいことはあまり気にしない方が精神衛生上もよろしいと思われます。ですから同じセゾン号に乗り合わせた受益者仲間の皆さま方におかれましては、今はただこの順風満帆とも思える理想的な航海を思う存分楽しもうではありませんか!とはいえここまで順調な航海が続くと、「こんなに順調でいいのか?」と逆に不安が高まってくることもまた事実。もしかすると目前には大嵐の厚い雲が近付いているのかも知れません。しかし実際の航海とは異なり、長期投資という名の航海においては将来の値動きは誰にも分からないのです。今後もさらに順調な相場環境が長く続く可能性だって十分にあるのですから。だからこそこと長期投資においては、見えない未来を無理矢理予測して一喜一憂せず、淡々と現実を受け入れるしかないのだろうと私は考えています。ただし世界経済の歴史はバブルの発生と崩壊の繰り返しでありますから、順調な航海を続けている今こそ浮かれることなく次の大嵐遭遇に備えて自身の長期投資に臨む覚悟を再確認しておくことが重要なのかも知れませんね。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/09/22 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,509円 (先月比25円上昇)
●約定価額 : 14,290円 (先月比568円上昇)
●騰落率 : +50.3% (先月比5.6%改善)


先月の約定日時点ではいったん仕切り直しとなっていた設定来高値更新へのチャレンジですが、その後も北朝鮮を震源地とする地政学的リスクの高まりなどにより基準価額は13,800円前後で横ばいを続けていました。ところが先週あたりから明らかに流れが変わったようで、9月13日(水)に約2ヵ月ぶりとなる14,000円台を回復するとその後も順調に上昇を続け、今月の約定価額(=昨日の基準価額)14,290円は紛れもなく設定来最高値であります。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにはまるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)があり、実際に今回も今日の基準価額が下落したためまたもやこの法則が成立してしまいました。とはいえ今日の下落幅はわずか8円であり、現時点でも設定来最高値圏にあることは間違いありませんので、今は資産1.5倍増達成(騰落率+50%超え)を素直に喜びたいと思います。北朝鮮発の地政学的リスクの高まりやトランプ政権の迷走は今後もたびたび蒸し返されると思いますが、「三歩進んで二歩下がる」ようなイメージで結構ですからこれからも着実に歩みを進めてくださいませ。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/08/26 (Sat)

ご報告が遅くなりましたが、8月23日(水)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,484円 (先月比24円上昇)
●約定価額 : 13,722円 (先月比284円下落)
●騰落率 : +44.7% (先月比3.4%悪化)


先月の定時報告で私は約定価額が久しぶりに14,000円を超えて設定来高値更新にチャレンジできる水準に達したことを受けて「ファンドの基準価額が設定来高値を更新すると、理論上は受益者全員が含み損を抱えていない(=全員がハッピー!)という理想的な状態となるため、できることなら来月の定時報告はその状態で迎えたいものです」と書いておりました。しかし現実は予想以上に厳しく、今月の約定価額はご覧のとおり再び14,000円を割り込み、設定来高値更新は仕切り直しとなった格好です。この背景には緊張が続く北朝鮮情勢や米トランプ政権の迷走などがあるのですが、直接的には今月に入ってから調整色を強める米国株と1ドル=109円前後にまで進んだ円高の影響が強かったことは間違いないでしょう。北朝鮮については性懲りもなく今朝もミサイル3発を発射したようですね。ただ発射方向が警戒されていた太平洋ではなく日本海で、しかも3発すべてか失敗したようだと報道されていますのでおそらく週明けのマーケットに及ぼすインパクトは限定的だとは思う(思いたい?)のですが、まったく困ったものです。経済制裁を強化された北朝鮮にとって今やミサイルは数少ない外貨獲得手段となっていますので、どんなに圧力をかけられてもデモンストレーションを止めるわけにはいかないのでしょう。もしそうであれば経済制裁強化は逆効果になるわけで、国際社会も根本的に対応を見直す必要があるのかも知れません。米国のトランプ大統領も北朝鮮に負けず劣らずの「困ったちゃん」であることは間違いないのですが、政権運営に行き詰まりトランプ氏が大統領を辞任してペンス副大統領が昇格するというのが米国にとってベストシナリオであるという指摘もありますので、今はジェットコースターに乗ったつもりで心のシートベルトをしっかりと締めて相場に臨むしかないのではないか?と私は考えています。