2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:時事問題 の記事リスト(エントリー順)

山崎バズーカ第12弾炸裂 後編

kage

2017/10/15 (Sun)

それでは中編に引き続き、後編も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

続いては特集「基礎から学ぶクラウドファンディング」。クラウドファンディング研究所所長で学術博士の板越ジョージさんにお話を伺った。

山崎バズーカ第12弾炸裂 中編

kage

2017/10/15 (Sun)

それでは前編に引き続き、中編も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

続いては今週のキキタイ。テーマは「毎年5,000億円以上の自然増!どうする社会保障。私たちの老後にはいくら必要なの?」。

・2017年度一般会計予算で社会保障費は32兆4千億円。全体の1/3を占める。その内訳は医療費11.7兆円、年金11.6兆円、介護3兆円。

・生命保険文化センターが行った意識調査によると夫婦2人の老後の生活費は、必要最低限で22万円/月、ゆとりある生活で35万円/月。仮に1ヵ月の生活費を30万円とすると60~85歳の25年間で9,000万円必要になる計算。これに介護や病気への備えとして1,000万円を加えると1億円となる。

・厚生労働省が発表している老齢厚生年金モデルケース(2017年度)によると夫婦2人の標準的な年金額は1ヵ月約22万円。25年間で受け取る年金は6,600万円になる計算。もし老後に1億円必要なら3,400万円は自助努力で用意しなければならない。

・30歳から60歳まで貯金で3,000万円貯めようとすると毎月83,000円の貯蓄が必要。40歳からだと毎月125,000円必要になる。

山崎バズーカ第12弾炸裂 前編

kage

2017/10/14 (Sat)

経済評論家の山崎元さんがTOKYO MX(正式名称は東京メトロポリタンテレビジョン)の番組に出演された際の歯に衣着せぬご発言の数々をご紹介するこのシリーズも回を重ね、今回で第12弾となります。山崎さんがご出演されたのはこれまでと同様に「田村淳の訊きたい放題!」(リンク先は番組公式サイトです)で、放送日は本日10月14日でした。なお今回の相棒(もう一人のゲストコメンテーター)は1ヵ月余り前に放送された前回と同じく山崎さんとの共著(下記参照)もあるファイナンシャルプランナー岩城みずほさんでした。おそらく本音トークがズバズバ飛び出した前回のインパクトが強烈だったのでしょうね。なお本エントリーは今日放送された内容を取り急ぎ文字起こししたもので、放送時間でいえばわずか12分間のものに過ぎません。ですから今回はどうも前編・中編・後編の3本立てになりそうです。とはいえこの前編でご紹介する12分間も内容満載でしたので何卒ご了承くださいませ。それでは今回も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

山崎バズーカ第11弾炸裂 後編

kage

2017/09/10 (Sun)

それでは前編に引き続き、後編も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

次のテーマは「どうしたら貯金ができるのか」。

1万人の家計を見直してきたファイナンシャルプランナー横山光昭さんによると貯金ができない人には共通の特徴があるとのこと。

横山さん:お金を貯められない人にはいろいろと原因がある。管理ができない(自らのお金の状況が把握できていない)、物欲が強い、だらしがないとか。これを総じて大きく言えば、分かってはいるけれども変われない(行動ができない)ことが特徴。お金の管理をしっかりしたいから家計簿を付けようと張り切って始めても途中で挫折してしまうケースが多々ある。そういった方々に共通しているのは張り切り過ぎ。例えば完璧を求めて1円単位で狂いのないお金の管理を目指せば疲れてしまう。

 

山崎バズーカ第11弾炸裂 前編

kage

2017/09/10 (Sun)

経済評論家の山崎元さんがTOKYO MX(正式名称は東京メトロポリタンテレビジョン)の番組に出演された際の歯に衣着せぬご発言の数々をご紹介するこのシリーズも回を重ね、今回で第11弾となります。なおこれを機にタイトルにある数字の部分をこれまでの漢数字からアラビア数字に改めました。また今回もご紹介したい発言が多くなってしまったため、ご覧のとおり前後編の2本立てとさせていただきます。山崎さんがご出演されたのはこれまでと同様に「田村淳の訊きたい放題!」(リンク先は番組公式サイトです)で、放送日は昨日9月9日でした。なお今回の相棒(もう一人のゲストコメンテーター)は山崎さんとの共著(下記参照)もあるファイナンシャルプランナー岩城みずほさんでした。このメンバーですので、今回は久しぶりにお金に関する話題が満載となりました。これも前後編の2本立てとなった理由でもあります。

 

山崎バズーカ第十弾炸裂 後編

kage

2017/08/06 (Sun)

タイトルをご覧いただければお分かりのとおり、本エントリーは「山崎バズーカ第十弾炸裂 前編」の続きです。前回、蛇足として大腸内視鏡検査を受けることを書いておりましたので念のためにその結果をご報告しておきますと、誠にありがたいことに今回も「大丈夫です。キレイですよ。」と言ってもらえました。なお正式な結果は2週間後に聞きに行く予定ですので、CTスキャン(造影剤あり)の結果と併せて改めてご報告させていただきます。というわけで気持ち良く「後編」をスタートすることにしましょう。まずは毎度おなじみの注意書きから。

それでは今回も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

山崎バズーカ第十弾炸裂 前編

kage

2017/08/05 (Sat)

経済評論家の山崎元さんがTOKYO MX(正式名称は東京メトロポリタンテレビジョン)の番組に出演された際の歯に衣着せぬご発言の数々をご紹介するこのシリーズも回を重ね、今回で第十弾となります。先週7月29日に山崎さんが「田村淳の訊きたい放題!」(リンク先は番組公式サイトです)にご出演されましたので、早速ブログネタにさせていただきます。なお今回の相棒(もう一人のゲストコメンテーター)は第四弾以来久しぶりにジャーナリストの須田慎一郎さんに戻りました。

タイトルをご覧いただければお分かりのとおり、本エントリーは放送の前半部分をご紹介する「前編」です。今回初めて前後編に分けた理由はいくつかあります。まずは純粋にご紹介したい発言が多く、前半終了時点で文字数がかなり多くなったこと。須田さんのご発言をできるだけ要約することなどで対応しようとしたのですが、限界がありました。もうひとつはこのところの暑さを言い訳にして最近のブログ更新頻度が著しく低下していること。このためエントリーを前後編に分けてエントリー数を稼ごうという浅はかな考えも正直なところあります。さらに蛇足ながら付け加えると、本日はこれからこちらのエントリーでご報告していた大腸内視鏡検査を受ける予定で、単純に作業時間が足りなかったこと。ちなみに本エントリーは検査に備えてお腹の中を空っぽにするための「経口腸管洗浄剤」を飲みながら書きました。この薬(?)は約2時間かけてゆっくり飲む必要がありますので、それを作業時間に充当した次第です。