2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:闘病記 の記事リスト(エントリー順)

外科外来定期通院日

kage

2017/04/23 (Sun)

昨日は3ヵ月に一度の外科外来定期通院日でした。診察の具体的な内容は採血(腫瘍マーカー測定)の結果を聞くための問診です。結果から先に申し上げますと、誠にありがたいことに今回も「異常なし」でした。ご参考までに(というよりはむしろ私自身の備忘録として)昨日測定した腫瘍マーカーの数値をご紹介しておきましょう。なお腫瘍マーカーの詳細につきましては過去のエントリー「腫瘍マーカー」をご参照ください。

・CEA 2.7 (基準値 5.0以下) ng/ml
・CA19-9 26.7 (基準値 37.0以下) U/ml


前回(3ヵ月前)の数値が基準値内とはいえ大幅に上昇したため「もしやこれはガン再発の兆候か?」と密かに心配していたのですが、今回はまた以前の水準に低下してくれてホッと一安心しております。前回も書いたとおり、いくら頭では腫瘍マーカーの数値は参考程度の信頼性だと理解していても、実際にガンが発症した身としてはどうしても思考がネガティブ側に偏向してしまいますので。なにはともあれこのように腫瘍マーカーの数値も改善しましたので、4月1日に見切り発車的に書いた「無事三年生に進級」の内容をこれで裏付けることができ、こちらもホッと一安心です。過去のエントリーでも書いたとおり、ガン発症の主な要因の一つがストレスですので(ストレスが体の免疫力を低下させることは科学的に証明されています)可能な限りストレスフリーの生活を送りたいところなのですが、過去にガンを発症したという事実自体が大きなストレス要因となっていますのでなかなか容易ではありません。それでも2年前の今頃と比べると格段にストレスが低下していることもまた事実です。あの頃は手術後1ヵ月検診が目前に迫り、「病理検査でリンパ節への転移が見つかったらどうしよう」とネガティブな思考が脳裏を埋め尽くしていましたので。

無事三年生に進級

kage

2017/04/01 (Sat)

まず最初にお断りしておきますが、本エントリーはいわゆる「エイプリルフール」ネタではありません。今年も新年度を迎えて、私がめでたく三年生に進級できたことは紛れもない事実なのです。と意識的にもったいぶった表現をしてはみたものの、タイトルからお分かりのとおり本エントリーはちょうど1年前に書いた「無事二年生に進級」の続編ですので、この「三年生」がいったい何を意味するのか?すでにお気付きの方もおられるでしょう。昨年のエントリーにも書いたとおり、この「三年生」とはガンの手術日から再発することなく無事に3年目に突入したことを示すガン患者独特の言い回しなのでした。私の場合は手術日がたまたま年度末に近い3月30日でしたので、本当の新入学シーズンと重なったわけです。こちらのエントリーでご紹介したグラフからもお分かりのとおり、大腸ガンの5年生存率と10年生存率はほとんど変わりませんので、一般的に手術後5年間再発なしで「完治」とみなされることになります。すなわち、現在の私は手術後5年間の経過観察措置の状態にあり、誠にありがたいことに新年度入りとほぼ同時に無事3年目に突入できました。とはいえ昨年はちょうどこのタイミングで手術後1年の大腸内視鏡検査という「進級試験」がありましたので、進級の感慨もまたひとしおだったのですが、こちらのエントリーでご報告したとおり今年はそれもなくなりましたので(正確には手術後2年目にはそもそも検査の必要はなかった)、今ひとつ進級の実感が湧きません。ですから今回のタイトルが持つ意味に正確を期すのであれば、今月下旬に予定されている腫瘍マーカー測定の結果が出るまで待つべきだったのかも知れませんが、新年度入りのタイミングでどうしても記事にしたかった私の気持ちに免じて何卒ご容赦くださいませ。

外科外来定期通院日

kage

2017/01/29 (Sun)

昨日は3ヵ月に一度の外科外来定期通院日でした。診察の具体的な内容は1週間前の1月21日(土)に受診したCTスキャン(造影剤あり)と採血(腫瘍マーカー測定)の結果を聞くための問診です。結果から先に申し上げますと、誠にありがたいことに今回も「異常なし」でした。ご参考までに(というよりはむしろ私自身の備忘録として)1週間前に測定した腫瘍マーカーの数値をご紹介しておきましょう。なお腫瘍マーカーの詳細につきましては過去のエントリー「腫瘍マーカー」をご参照ください。

・CEA 3.0 (基準値 5.0以下) ng/ml
・CA19-9 30.2 (基準値 37.0以下) U/ml


前回(3ヵ月前)の数値がCEA 2.4 ng/ml、CA19-9 24.9 U/mlであったことを思えば、今回の測定結果は明らかに大幅上昇しており気になるところですが、基準値以内に収まっていますのであえて深くは考えないことにします。そもそも腫瘍マーカーはガン検診における目安のひとつに過ぎず、過度に気にする必要はありませんので(かと言って無視してもいけませんが)。とはいえ心に不安を抱えているとどうしても思考パターンがネガティブ方向に傾きがちになることもまた事実です。実は先週受診したCTスキャン(造影剤あり)でも不安をかき立てられる出来事がありました。それは検査が終わって付き添いの看護師さんから「お疲れさまでした」と声をかけられた時のこと。隣の操作室から担当医が出てきて「済みませんがもう一度撮影させてください」と言われたのです。この時私の脳裏を駆け抜けたのは「もしかしてガンの再発が疑われる反応が現れたのか?」という不安でした。しかし結果は「異常なし」でしたので、私の不安は杞憂に終わったわけです。投資においても常に最悪の事態を想定しておくことは極めて重要ですが、対象が命に関わる健康問題となると最悪の事態はできるだけ考えたくないというのが正直な気持ちです。

残薬

kage

2016/11/12 (Sat)

今回のタイトルに掲げた「残薬」とは、医師から処方されたのに飲み残したり飲み忘れたりして余った薬のことです。一部報道によると残薬による医療費の無駄は500億円近くにもなるとのことで、日本が抱える大問題である社会保障費増加の一因にもなっています。この残薬問題の背景にはそもそも高齢化の進行で病院に行く人の絶対数が増えていることがあり、加えて安易に投薬に頼る日本の悪しき医療習慣や病院間でカルテ(医療データ)が共有されないことで投薬の重複が生じることも要因になっていることでしょう。患者側も「お薬手帳」を適切に活用すれば少なくとも投薬の重複は防ぐことができるのですが、なかなか活用が進まないのが現状のようです(ある調査によるとお薬手帳の保有率は約6割、活用率は約3割とのこと)。以前はお薬手帳を使わない方が薬剤服用歴管理指導料が安くなり、結果的に調剤薬局に支払う自己負担額も減るため、意図的にお薬手帳の使用を断っていた患者さんもいたようですが、今年4月からは逆に一定の条件を満たした場合にはお薬手帳を使用した方が自己負担額が減るように診療報酬が改定されていますのでもはや活用しない理由は存在しません。ぜひ積極的に活用してください。特に私のように副作用の強い抗ガン剤を服用したり外科と内科から別々に薬の処方を受ける場合は、同時に服用できない薬も存在し、お薬手帳がリスク回避のための命綱となるケースもありますので。

最近お気に入りのヨーグルト(その後)

kage

2016/11/05 (Sat)

本エントリーは今年5月に書いた「最近お気に入りのヨーグルト」の後日談です。繰り返しになりますが、私は大腸ガンの再発を予防するための食習慣改善の一環として毎朝ヨーグルトを食べています。以前はヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が偏らないようにわざとランダムに銘柄を変えていたのですが、先のエントリーでご紹介した八ヶ岳野辺山高原ヨーグルトに出会って以来たちまちこの銘柄が私のお気に入りNo.1となりました。それがその後どうなったのか?と申しますと、私のお気に入りヨーグルトNo.1の座は今でもまったく変わりはありません。すなわち今回の表題に掲げた「最近お気に入りのヨーグルト」は依然として八ヶ岳野辺山高原ヨーグルトであるという結論になり、本エントリーもこれにて終了となってしまいます。もっともそれでは余りに芸がありませんので、もう少し話を続けさせてください。実は最近、八ヶ岳野辺山高原ヨーグルトの購入に関して少々困った事態が発生しているのです。私がこのヨーグルトをディスカウントストアのオーケーで購入していることは先のエントリーに書いたとおりなのですが、最近になって時々売り切れに遭遇するようになりました。その理由がこの銘柄の魅力が消費者の間に徐々に浸透してきたためなのか、オーケーの新規開店が加速して一店あたり供給量が減少しているのか、はたまた製造元のヤツレンの出荷量の問題なのか、私には分かりません。しかし買いたい商品が買いたい時に買えないことで私のストレスは確実に高まっています。これにより、ガン予防のためにヨーグルトを買おうとしてストレスが溜まりガンの再発リスクを高める(筆者注:ストレスが免疫力を低下させてガンのリスクを高めることは科学的に証明されています)という本末転倒の状況に陥ってしまいました。

外科外来定期通院日

kage

2016/10/08 (Sat)

本日は3ヵ月に一度の外科外来定期通院日でした。内容はいつもどおりの採血(血液検査)と問診(実際には腫瘍マーカー測定の結果を聞くだけ)です。結果から先に申し上げますと、誠にありがたいことに今回も「異常なし」でした。ご参考までに(というよりはむしろ私自身の備忘録として)本日測定した腫瘍マーカーの数値をご紹介しておきましょう。なお腫瘍マーカーの詳細につきましては過去のエントリー「腫瘍マーカー」をご参照ください。

・CEA 2.4 (基準値 5.0以下) ng/ml
・CA19-9 24.9 (基準値 37.0以下) U/ml


冒頭にも書いたとおり外科外来の定期通院日は3ヵ月おきですので、次回は年明けの1月となります。これが何を意味するかと申しますと、前回の定期通院日(7月)から早くも半年(6ヵ月)が経過するため、またCTスキャン(造影剤あり)を受診しなければなりません。ちなみに今回は前回の反省を生かして私の方から希望してCTスキャンの受診日に採血の予定を入れてもらいましたので、無駄な通院日と待ち時間を減らすことができそうです。具体的には定期通院日とCTスキャンの結果を聞くための通院日をまとめることで通院日を1日減らすことができ、CTスキャンの受診日に採血を受けることで定期通院日に採血の結果が出るまで待たされる無駄な時間を削減することができるのです。

CTスキャン(造影剤あり)検査の結果

kage

2016/07/31 (Sun)

7月9日付のエントリー「外科外来定期通院日」でご報告していたとおり、私は先週の土曜日に半年に一度のCTスキャン(造影剤あり)を受診し、昨日その結果を聞いて参りました。まずその結果からご報告しますと、今回も「問題なし」でした。すなわちこれは、誠にありがたいことにガン再発の兆候が見られないことを意味しています。私が通院している大きな総合病院のCT検査室は表の「明るい通路」側と裏の「薄暗い通路」側の2ヵ所にあることは前回(半年前)のご報告でご紹介したとおりなのですが、今回の検査では受付時に表の「明るい通路」側で待つように指示されてそのままそこで受診しました。ちなみに過去2回の検査は、初回:裏の「薄暗い通路」側で待つよう指示されそのままそこで受診、2回目:裏の「薄暗い通路」側で待つように指示されるも機器のトラブルで表の「明るい通路」側で受診、というパターンでした。つまり(どうでもいいことではありますが)あと表の「明るい通路」側で待つように指示されて裏の「薄暗い通路」側で受診すればすべてのパターンを経験できるわけですね。CTスキャン(造影剤あり)検査は事前に時間指定の予約を入れるため、外来診療と違って待ち時間がほとんどないことがありがたい限りです。ちなみに今回は午前11時の予約だったのですが、余裕を持って30分前に受付を済ませたところすぐに呼ばれ、結果的に午前11時には検査が終了していました。もっともこれはたまたま当日のCT検査が少なかったこともあるのでしょうが。