2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:資産運用 の記事リスト(エントリー順)

ブログネタ用ファンドの現状報告

kage

2017/05/13 (Sat)

ほんの1ヵ月前には地政学的リスクと欧州政治リスクの高まりにより、世界経済を取り巻く環境には暗雲が立ちこめていました。それが今では、「いったいあれは何だったの?」と言いたくなるほど投資環境が激変しています。具体的にはリスクオフムードがリスクオンムードに180度転換し、世界的な株高+ドル高(=円安)が進んでいます。これにより私がブログネタ用に完全放置しているファンド群の成績も過去最高レベルに迫って参りましたので、この機会に一度ご紹介しておきましょう。それではまずSBI証券で放置しているインデックス&バランスファンドの現状からご覧ください。

SBI証券

ご覧のとおり、トータル含み益42万円超えは間違いなく過去最高レベルです。ちなみに前回このレベルに達した2015年夏頃はドル円が1ドル=125円という今にして思えば超円安で、外貨建て投資に対する強烈な追い風がありました。それが現在は1ドル=113.28円ですので、この間に世界経済がいかに成長したかを実感することができますね。それでは次に野村證券で放置しているグローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)の現状もご覧ください。

野村證券

こちらは総投資額わずか2万円ですがご覧のとおり11,579円の含み益があり、損益率は+57.6%となっています。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/04/29 (Sat)

タイトルにあるとおり、今月の最終営業日であった昨日4月28日(金)に個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。今回のスイッチングも月末月初に行うという「マイ・ルール」に則ったもので、その内容は下記のとおり前回(先月)とまったく変わりはありません。具体的には今回もセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回も前回と同等の「お試し買い」のレベルです。この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを継続すると仮定すると完全移行まで3年以上もかかってしまう計算になるのですが、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、当面はブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

前回(先月)と同様に受付番号の下にまだ「取消」ボタンが表示されていることからお分かりのとおり、今回の指図も無理をして昨日に出す必要は全く無く、今日でも明日でも結果は同じ(週明け5月1日の指図執行)でした。私としては28日の指図執行を期待して早朝に指図を出したのですが、結果的に無駄な努力でした。それでもセレブライフ・ストーリー2055の売却は何とか連休前の5月2日に完了するようでホッと一安心です。ご承知のとおり日本はゴールデン・ウィークでも海外市場は普通に取引が行われるため、この間に大きな外部環境変化があると精神衛生上も良くありませんので。それでもスイッチングの途中に連休が入ることからiFree 8資産バランスの買い付け実施は5月15日(月)までずれ込み、この間の価格変動リスクが高まることは否定できませんが。とはいえこのスケジュールを自力で短縮することはできませんので、スイッチングの指図が確定した後は運を天に任せるにみです。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/04/02 (Sun)

タイトルにあるとおり、先月末の3月31日(金)に個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。先月はこちらのエントリーでご報告したように中旬にも臨時スイッチングを実施しているのですが、「マイ・ルール」に則り月末にも再度実施することにしました。その内容は下記のとおりで、ご覧のとおり前回の臨時スイッチングとまったく変わりはありません。具体的には今回もセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回も前回と同等の「お試し買い」のレベルです。

SBIDC20170401

受付番号の下にまだ「取消」ボタンが表示されていることからお分かりのとおり、今回の指図は無理をして月末に出す必要は全然無く、昨日でも今日でも結果は同じ(明日4月3日の指図執行)でした。あと口数について上で「前回と同等」と書いたことを少々補足しておきますと、SBI証券のシステムでは金額指定ができないためいつも「想定金額÷基準価額」で口数を算出する必要があるのです。これにより同じ想定金額でも毎回口数は異なりますし、実際に約定してみなければ正確な金額も分かりません。私は他社のシステムは知らないのですが、金額指定はできるのでしょうか?

SBI証券個人型確定拠出年金プランのラインナップがさらに充実

kage

2017/03/11 (Sat)

常日頃より更新頻度の低い当ブログには珍しく本日2度目の更新です。今朝、SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)の口座にログインしてみると、お知らせの欄に昨日付で「SBII証券個人型年金規約 運用商品追加のお知らせ」という情報が追加されていることに気付きました。「今度はどんな商品が追加されるのだろう?」と興味津々でクリックしてみたところ、表示されたのは下記の2本でした。

【元本変動型商品】
1.iFree 8資産バランス(大和証券投資信託委託)
2.朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(朝日ライフアセットマネジメント)


iFree 8資産バランスはその名が示すとおり内外8資産に均等分割投資するバランスファンドで、圧倒的な低コスト(信託報酬0.2484%)が特長です。朝日Nvest グローバル バリュー株オープンはもしかすると愛称の「Avest-E」の方が有名かも知れません。2000年3月24日設定という老舗ファンドで、かつて私も保有していました。iFree 8資産バランスについては前回の商品追加をご紹介したこちらのエントリーに「eMAXIS 最適化バランスシリーズよりiFree 8資産バランス(信託報酬:0.2484%)を追加してもらった方が嬉しかったかな?というのが私の偽らざる感想でした。」と書いておりましたので、偶然にもその希望が実現した形です。Avest-Eについては魅力的なファンドであることは否定しませんが、信託報酬1.944%という水準ではどうしても前時代的な印象を払拭できませんね。

アクティブとインデックスの境界線

kage

2017/03/09 (Thu)

かねてより当ブログでは「インデックス運用も広い意味ではアクティブ運用である」という主張を展開しております。その根拠はインデックス指数を決めているがアクティブ投資家であるという厳然たる事実に他なりません。すなわちインデックス指数は理論上の適正価格を平均したものなどではなく、バブルの熱狂に踊りバブル崩壊の大混乱に狼狽するアクティブ投資家が決める平均点なのですから、インデックス運用もアクティブ運用の一種だろうという論理です。ですから今回のタイトルに掲げた「アクティブとインデックスの境界線」についても、「そんなものは存在しない」というのが当ブログの結論となります。しかしそれではこのエントリーもここで終わってしまいますので、もうしばらくアクティブとインデックスの境界線を探る机上の空論にお付き合いください。

事例1:個別株とTOPIX

最初の事例はとても分かりやすいですね。すなわち、前者に投資するのがアクティブ運用であり後者に投資するのがインデックス運用というわけです。しかしここでちょっと考えてみてください。TOPIX(東証株価指数)を投資先に選んだということは、投資対象を東証1部上場銘柄に限定したということですよね?さらにTOPIXには時価総額の大きい大型株の影響を強く受けるという特徴がありますので、時価総額1位のトヨタ自動車や同2位の三菱UFJフィナンシャル・グループを重視する投資方針を採用したことにもなりませんか?これがアクティブ運用とどう違うの?というのが私の素直な疑問です。とはいえ東証1部銘柄は2千以上もありますので、個別銘柄投資とは大違いであることもまた事実です。そこで次はこのような事例を考えてみましょう。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/03/04 (Sat)

タイトルにあるとおり、先月末の2月28日(火)に個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。以前のエントリーにも何度か書いたとおり、私は確定拠出年金のスイッチングを月末・月初に行うことを「マイ・ルール」としているのですが、このところすっかりご無沙汰となっておりました。そこで前回はいつだったかを調べてみたところ、こちらのエントリーでご報告した昨年11月1日以来約4ヵ月ぶりでした。このように、たかだか4ヵ月開いただけですっかりご無沙汰と感じるほど私は結構頻繁に確定拠出年金のスイッチングを実施しているのですが、投資先をコロコロと乗り換える行為は「百害あって一利なし」となる可能性も大いにありますので、縁あって当ブログをご訪問いただいた紳士・淑女の皆さまにおかれましては安易に私の真似などされぬようくれぐれもご注意ください。

さて前置きはこれくらいにして、今回のスイッチングの具体的な内容に話題を移したいと思います。実はこの件については2月18日(土)付のこちらのエントリーにすでに書いておりました。それがこちらです。

ひふみ年金を含むひふみシスターズにとって追い風になるのでは?と個人的に期待している中小型株を対象とする「JPX日経中小型株指数」の運用開始が来月3月13日に迫っていますので、今月末は久しぶりにスイッチングを発動してひふみ年金への投資額を増やそうか?と思案中です。

投資信託格付けチェック

kage

2017/02/12 (Sun)

今回のタイトルはお正月の人気テレビ番組からいただきました。ただし実際の番組とは違って私が用意したチェック項目はたった2つしかありません。その2つとは投資信託にとって最重要項目と言っても決して過言ではない「リターン」と「リスク」です。すなわち、本エントリーの主旨は基本的に先週土曜日に書いた「リスクとリターン」と同一です。それならタイトルも「続・リスクとリターン」や「リスクとリターン パート2」とでもすればよかったのですが、この方が皆さんの関心を引くと思ったものですから。そんな私の「下心」を何卒お許しください。

本エントリーを書こうと思ったきっかけは、私自身先週の比較が純粋に面白いと感じたからです。先週は私が任意に選んだ6本のファンドを比較対象としましたが、今回は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」にランクインしたファンドを比較してみましょう。ただし先週と同様に過去3年間の実績で比較するため、設定から3年未満のファンドは残念ながら対象外となります。具体的には第2位の「たわらノーロード 先進国株式」、第4位の「iFree 8資産バランス」、第9位の「〈購入・換金手数料なし〉ニッセイTOPIXインデックスファンド」などが比較の対象から外れてしまいました。また今回の比較では海外ETFも対象外とさせていただきます。これは現地通貨建てと円建ての単純比較はできないだろうと考えたためです。これにより第3位の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」も比較対象から外しました。