2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

カテゴリ:資産運用 の記事リスト(エントリー順)

確定拠出年金のスイッチング方針を少し変更

kage

2020/03/31 (Tue)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングについて、今般の「新型コロナウイルス・ショック」に対応すべく方針を少し変更いたしましたので謹んでご報告申し上げます。ご承知のとおり最近の株式市場は、ひところのパニック状態と比べると多少は落ち着いてきた感がありますが、それでも依然としてボラティリティが高い(=値幅が大きい)状態が続いています。このような場面に月1回のスイッチングで立ち向かっては、どうしても約定価額が運に左右される可能性が高まります。そこで私は分散投資の主要セオリーのひとつである「投資機会の分散」を実行することにしました。具体的には待機資金であるあおぞらDC定期(1年)を5等分して、3月最終週から4月最終週まで毎週スイッチングの指図を出します。そもそも現在進行中のスイッチングは4月末で終了する予定でしたので、期間と金額は当初予定から変更はありません。そういう意味で「少し変更」という表現を使いました。というわけで、先週末に早速3月最終週分のスイッチング指図を出しておきました。具体的な内容につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、中身は前回とまったく同じです。ただし金額は全体の1/5をさらに3等分して各ファンドに振り分けておりますので、いつもよりはかなり少ないです。「新型コロナウイルス・ショック」がいつまで続くのか?は誰にも分かりませんが、とりあえず4月最終週までは毎週末ごとに同じスイッチングの指図を淡々と出し続けるつもりです。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2020/03/02 (Mon)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを本日3月2日(月)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。ご承知のとおり、先週の金融市場は完全に「新型コロナウイルス・ショック」の様相を呈していました。このような局面でリスク資産を買うことは相場格言で固く戒められている「落ちてくるナイフをつかむ」行為に他ならず、嫌な予感が頭の中を駆け巡っております。しかし、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなると思い、今回も事前に決めたマイ・ルールに則り、淡々とスイッチングの指図を出しました。ただし、その内容は前回と多少異なっております。具体的な中身につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、今回はいつものiFree NYダウ・インデックスに加えて久しぶりに農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねとひふみ年金にも買いを入れました。これだけを見ると、上に書いた内容に反して積極的に落ちてくるナイフをつかみにいっているように思われるかも知れませんが、実態は違うのです(この局面でハイリスク投機家の本能が騒いだことは否定しませんが)。実は今回のスイッチングにより、iFree NYダウ・インデックスの購入金額(投資元本)がおおぶねとひふみ年金を超えてしまうのです。個人的にそのような状態にモヤモヤ感を抱いてしまいますので、思い切って購入金額を揃えることにしました。ですから、今回のおおぶねとひふみ年金の購入金額はiFree NYダウ・インデックスと比べてかなり少ないです。

これによりスイッチング原資であるあおぞらDC定期(1年)の残りはザックリ1.5回分となりました。今のところ次回のスイッチングでは1回分を3ファンドに均等振り分けしようかなと考えております。もちろん、現在の「新型コロナウイルス・ショック」の動向次第で臨機応変に対応は変えるつもりではありますが。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2020/02/02 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを先月末の1月31日(金)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。その具体的な内容につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、前回と同様に待機用資金のあおぞらDC定期(1年)を一部取り崩してiFree NYダウ・インデックスの購入に充てます。現在の投資環境を眺めてみますと、皆さんご承知のとおり今まさに中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡大を続けており、世界中を不安の渦に巻き込んでおります。もちろん相場の世界もその例外ではなく、1月31日(金)の米国株式市場ではNYダウ平均株価が前日比-603.41ドル(-2.09%)の大幅下落となりました。思えば前回までは史上最高値を更新するタイミングで追加投資することに不安を覚えていました。ところが今回は一転して下落トレンドに転換した場面で買ってしまうことを心配しています。このように投資家心理とはいつの時代も自分勝手なものなんですよね。現状が単なる調整局面なのか、はたまた大暴落の始まりなのかは、言うまでもなく後になってみなければ分かりません。ですから私はこれまで一貫して書いてきたとおり、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなってしまうと考え今回もマイ・ルールを優先してスイッチングの指図を出しました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019

kage

2020/01/27 (Mon)

こちらのエントリーで私自身が投票したことをご報告していた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。また発表会当日の模様については実際に参加された皆さんのブログやSNSをご覧いただくと臨場感を味わえるのではないでしょうか?

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019

FOY2019

また本日付で日本経済新聞に本アワードを紹介した下記の記事が掲載されました。こちらも大変参考になると思います。

「目利きの個人」が選んだ2019年のベスト投信は?(日本経済新聞)

上記記事によると、今回投票した投信ブロガーは221人だったそうですね。前回は241人でしたから、20人減った計算になります。昨年の投資環境はおおむね堅調であり、加えていわゆる「老後資金2,000万円問題」により長期的視点での資産形成の必要性に注目が集まった中で投票者数が減少したという事実は個人的に少々気になるところです。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2019/12/29 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを年内最終営業日となる明日12月30日(月)に実施する予定ですので謹んでご報告申し上げます。その具体的な内容につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、前回と同様に待機用資金のあおぞらDC定期(1年)を一部取り崩してiFree NYダウ・インデックスの購入に充てます。現在の相場環境を冷静かつ客観的に眺めてみると、米国株は引き続き主要3指数(ダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数)が揃って史上最高値圏にありとても追加投資に適したタイミングとは思えないのですが、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなってしまうと考え今回もマイ・ルールを優先してスイッチングの指図を出しました。もし仮に現在のスイッチングペースを維持するのであれば、待機資金であるあおぞらDC定期(1年)の残りは今回を含めて6回(半年分)となりますので、今のところは来年5月末まで淡々と同じ作業を繰り返すつもりでいます。

聞くところによると米国株には「大統領選挙の翌年は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)があるそうです。これは「大統領選挙」という大きな不透明要因が消えることが要因なのでしょう。このアノマリーが今回も成立するのかどうか?は誰にも分かりませんが(神のみぞ知る)、個人的には「今回も成立する」に賭け、iFree NYダウ・インデックスについては2021年から徐々に利食いしようと取らぬ狸の皮算用をしております。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2019/12/01 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを先月最終営業日の11月29日(金)に実施したしましたので謹んでご報告申し上げます。なお今回のスイッチング方針については、前回のご報告で「米FOMCの結果発表が日本時間の12月4日(水)未明に予定されていますので(【訂正】米FOMCの結果発表は日本時間の12月12日(木)未明でした。お詫びして訂正いたします)、今度こそはその動向を慎重に見極めた上で判断したい…と言いたいところではありますが、おそらく今回と同様にマイ・ルールに則って粛々と指図を出すことになるのでしょう」と書いておりました。ご承知のとおり現在の米国株は主要3指数(ダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数)が揃って史上最高値圏にありますので、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなってしまうと考え、今回もマイ・ルールを優先して下記のとおりスイッチングの指図を出しました。

スイッチング

ご覧のとおり、前回と同様に待機用資金のあおぞらDC定期(1年)を一部取り崩してiFree NYダウ・インデックスの購入に充てております。結果的に購入日は米FOMCの結果が判明するまさにその当日である12月4日(水)となりました。実際には前日の3日(火)の株価を反映した基準価額で約定するわけですが、今回のタイミングが吉と出るのか?はたまた凶と出るのか?は当日になってみなければ分かりません。さらにはFOMCの結果発表を受けて(繰り返しになりますが、米FOMCの結果発表は日本時間の12月12日(木)未明でした)4日の米国株が大きく動く可能性も大いにありますので、現時点で上手にタイミングを狙って買うことなど無理な相談と言うべきでしょう。ですから私は今回も潔く運を天に任せることにします。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票しました

kage

2019/11/24 (Sun)

私にとってすっかり秋の終わりと冬の訪れを告げる風物詩となった感のある「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」も回を重ねて今回で13回目となりました。思い起こせば昨年の今ごろは、まさかその後に悪夢の「クリスマス暴落」が待ち受けているとはつゆ知らず、保有ファンドの過去1年の成績を調べるため月報を集めておりました。そうやって検討を重ねたファンドのほとんどが、昨年末の時点では見るも無残な成績に落ち込んでしまったことは忘れもしません。このような非常事態があったがゆえに、各ファンドにとっては今年のスタート位置が低く、加えて年末にかけて米国株が史上最高値を更新するような投資環境となったことで、運用成績の見栄えが良くなっている点には少々留意する必要があるかも知れませんね。また一方で一部のインデックスファンドでは今年も過当競争とさえ思えるコストダウンが行われており、個人的には持続性にいささか懸念を抱いております。このように今年は、成績で選ぶにしても、コストで選ぶにしても、なかなか判断が難しいように思いますので、果たしてどのような結果が出るのか?私個人としても大いに楽しみにしております。

というわけで、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019に不肖私も投信ブロガーの端くれとして本日投票をさせていただきました。昨年と同様に締め切りが迫る中での投票となってしまいましたが、その理由も昨年とまったく同じで、ブログを更新するネタが枯渇した時の数合わせ用に温存しておこうというあざとい考えからです。結果的に今月は月末になっても更新数が伸びませんでしたので、このタイミングで使わせていただきました。なお本企画の詳細につきましてはいつものように下記の公式サイトでご確認ください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019

FOY2019