2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:資産運用 の記事リスト(エントリー順)

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/11/03 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを10月31日(水)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。ご承知のとおり目先の相場環境は、10月10日の米国株急落を発端として、2月のVIXショックに似た世界同時株安局面にあります。このような状況ですから当然のことながら私のiDeCo運用も評価額の急落を免れませんでした。こんな時にわざわざ資産の売却を進めることには少なからず心理的な抵抗があったのですが、裏を返せば新たな資産を安く購入できる千載一遇のチャンスかも知れませんので、あらかじめ自分で決めたルールに則り11月1日(木)に売却注文が約定するように淡々と指図を出した次第です。結果論で言えば昨日2日(金)の方がより高く売れたのですが、こればかりは狙ってできることではありませんので潔く諦めることにしましょう。

なお今回のスイッチングに関しては、10月21日付のエントリー「ひふみ投信定期積立経過報告」の中で以下のように書いておりました。

もしこのまま(ひふみ年金の)低迷が続くようなら、月末月初に予定している次回のスイッチングでの追加投資復活も検討したいと思っております。

VIXショックの再来か?

kage

2018/10/13 (Sat)

相場の世界は「一寸先は闇」と申しましょうか、「好事魔多し」とでも言うべきでしょうか、少し前まで史上最高値を更新していた米国株や約27年ぶりにバブル崩壊後の最高値を更新した日経平均株価が今週後半、突如として暴落しました。この状況は2月初めの暴落とよく似ており、「すわ!VIXショックの再来か?」と思ったのは私だけではないでしょう。ご承知のとおりVIXとはボラティリティー・インデックスを指し、値幅の大きさ(ボラティリティー)を示す指数です。すなわちこの指数が上昇すれば値幅が大きくなっている(=相場が荒れている)ことが分かるわけで、その意味から恐怖指数とも呼ばれます。今回、世界的に株価が急落したことで当然のことながらVIXは急上昇しました。そこで本家YAHOO!FINANCEからお借りしてきたVIXのチャートで、2月と今回の動向を比較してみましょう。

VIX
ご覧のとおり、今回の株価急落でもVIXは跳ね上がっています。しかし2月の急上昇ぶりに比べると、これでもまだ穏やかに見えてくるから不思議ですね。2月のVIXショックでは、それ以前の数値がかなり低いことからもお分かりのとおり、市場が楽観に傾き過ぎていたところに突然ショックが起きたため、あたかも枯れ草に火が付いたように一気に燃え上がってしまいました。しかし今回は、まだ市場参加者に2月に起きた悪夢の記憶が残っていたことでVIXも「楽観し過ぎ」レベルまでには低下していなかったため、この程度の上昇で済んだのかも知れませんね。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/09/29 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを昨日9月28日(金)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて週明け10月1日(月)に売却注文が約定するように指図を出しました。ご承知のとおりこの「1日は高い」というアノマリーはこのところ成立しないケースがほとんどなのですが、目先は株高円安の傾向にあり、今朝終わった米国株式市場もわずかながらもプラスで終わっていますので、週明け月曜日が売却の良いタイミングになることはまず間違いはないでしょう。なお肝心の今回のスイッチングに関しては、前回のご報告に書いた以下の行動を実行することにしました。

次回のスイッチングタイミングでもし日米ともに現状より株高になっていたら、農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドとひふみ年金へのスイッチングは見送り、iFree8資産バランスのみとするつもりです。


ただしスイッチング先をiFree8資産バランスのみとするという最後の部分には変更があり、今回は新たなスイッチング先を追加しました。その新しい資金の移動先とはズバリ「あおぞらDC定期(1年)」(元本確保型の定期預金)であります。前回のご報告で「ハイリスク投機家を自認する私にとって元本確保型の定期預金は初めから眼中にありません」と書いたばかりであり、その舌の根も乾かぬうちに言行不一致のスイッチングを実施することは誠に心苦しい限りなのですが、最近の国際分散投資はいくらリスクテイク大好きの私でも成績が好調過ぎて逆に怖いくらいですので、iDeCoの方でも徐々にリスクオフを進める決断に至りました。

【訂正あり】NISA口座のロールオーバー手順を確認しておこう

kage

2018/09/24 (Mon)

月日の流れは本当に早いもので、2018年も残すところあと3ヵ月あまりとなりました。2014年1月にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)制度(通常NISA)の非課税期間は最長5年間ですので、初年度投資分は今年いっぱいでその期間が満了することになります。このため2014年にNISA口座を使って投資を行い、例え一部であってもいまだに保有を続けている銘柄がある私たちは年末まで(正確には12月度権利付最終売買日となる12月25日まで)に以下の選択肢からいずれかを選ばなければなりません(併用も可、ただし条件あり)。

1.非課税期間が終了する12月25日までに売却する
2.翌年の非課税投資枠に移管する(ロールオーバー)
3.特定口座や一般口座などの課税口座に移管する


ちなみに私は2.のロールオーバーを選択しようと考えております。しかしその手順をまったく知りませんでしたので、今のうちに調べておこうと思い立った次第です。そしてせっかく調べたのでその情報をブログネタに活用させていただくことにしました。

上記の選択肢をザックリとご説明しますと、1.を選んで12月25日までにすべて売却すれば当然のことながら移管の必要はなく、来年2019年はまた新たに120万円の非課税枠が使えます。2.のロールオーバーについてはいろいろとややこしい手続きや条件がありますので後回しにして、3.の場合は特に何もする必要はありません。このまま放置しておけば自動的に特定口座(開設していない場合は一般口座)に時価(おそらく12月25日時点の終値なり基準価額が適用されるのでしょう。【訂正】年内最終営業日である12月28日の時価が適用されます。お詫びして訂正いたします。)で払い出されます。分かりやすく言えば、12月25日【訂正】12月28日です)の終値なり基準価額でいったんすべて売却して、同時に同数買い戻すイメージですね。そしてこの場合も来年2019年はまた新たに120万円の非課税枠が使えます。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/09/01 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを昨日8月31日(金)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて週明け9月3日(月)に売却注文が約定するように指図を出しました。ご承知のとおりこの「1日は高い」というアノマリーはこのところずっと不成立が続いていたのですが、先月は久しぶりにピンポイントでHitする形となりましたので、果たして今回はどうなるのか?個人的には大いに注目しております。

なお今回のスイッチング明細は下記のとおりで、ご覧のとおり前回よりさらに件数が増えております。具体的にはセレブライフ・ストーリー2055をそれぞれ同じ口数だけ取り崩してiFree8資産バランス、農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド、ひふみ年金の購入に充てるのに加えて、今回は三井住友・DC外国債券インデックスファンドを全数売却して野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)に乗り替えることにしました。

スイッチング

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/08/04 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを昨日7月31日(火)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて8月1日(水)に売却注文が約定するように指図を出しました。ただしこの「1日は高い」というアノマリーは直近4回連続で不成立となっており、今となってはわざわざこのタイミングを狙うことに特段の意味はありません。しかし結果論で言えば今回は久しぶりにこのアノマリーが見事にハマる形となりました。論より証拠でいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた5日チャートをご覧ください。左が日経平均株価、右がドル円なのですが、見事なまでに8月1日が目先の株高+円安のピークになっていることがお分かりいただけるでしょう。

日経平均株価 ドル円

さらなるリスクオフを断行

kage

2018/07/14 (Sat)

前回(一週間前)のエントリーで11年かけてコツコツと積み上げてきたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを私自身のリスク管理の甘さという誠にお恥ずかしい理由からやむなく全数売却に至ったことを書いたばかりですが、これに加えて今週さらなるリスクオフを断行いたしましたので謹んでご報告申し上げます。具体的にはこれまで不定期でブログネタに利用していたSBI証券と野村證券で保有するインデックスファンドとバランスファンドをきれいさっぱり、一口残さず、耳をそろえて、すべて売却しました。これらのファンドもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと同様に昨今の運用業界に吹き荒れるコストダウン競争のあおりを受けていつの間にか相対的にコストが割高な状況になっていましたので、以前から売り時を模索していたことは事実です。しかし正直なところでは11月の米中間選挙が終わって年末の株高に期待してそのあたりで売却すればいいと楽観的に考えておりました。しかし先週の金曜日(6日)に米国が中国に対して追加の制裁関税を発動し、これを受けた中国が直ちに報復関税を打ち出す事態に至り、今年2月に起きた株価急落の悪夢が再び起こる可能性も否定できないと考え、週明け月曜日(9日)にすべてに売却注文を入れた次第です。結果的には事前に誰もが警戒していた追加関税の発動が実現して、市場は「目先の悪材料出尽くし」と捉えたようで株価は上昇、為替もドル高円安に動いています。そういう意味では今回の売却決断は少々フライング気味だったようです。しかしそれはあくまでも結果論に過ぎません。あらかじめこうなることが分かるのなら、誰も売却タイミングの決断で悩む必要はないのですから。確かなことは米中がこのまま意地の張り合い(チキンレース)を続ければいずれ実体経済に悪影響が及ぶことは必至であり、私はこのあたりで警戒レベルをさらに一段上げておこうと判断した次第です。とはいえもちろんこれはしがないハイリスク投機家に過ぎない私の薄っぺらい相場予測に基づくものであり、「当たるも八卦当たらぬも八卦」であることは間違いありません。ですからくれぐれも私の行動などに惑わされることなく、投資判断はすべからくご自身の判断と責任において決定されるようお願い申し上げます。