2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/02/17 (Sun)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、2月13日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,481 円 (先月より87 円上昇)
●約定価額 : 45,275 円 (先月より3,411 円上昇)
●騰落率 : +145.0% (先月より17.4%改善)


昨年末の「クリスマス暴落」の直撃を受けて惨憺たる状況に陥っていたひふみ投信ですが、その後のリバウンド相場の流れに乗り、ご覧のとおり今月の約定価額は先月より3,411円も高い45,275円となっています。ただし昨日は日本株の下落を受けてひふみ投信の基準価額も44,810円となっていますので、超短期目線では高いところを掴んでしまうという残念な結果となりました。もっとも金曜日の米国株は上昇して終わっていますので、週明けの月曜日には華麗な逆転劇を見せてくれるのでは?と取らぬ狸の皮算用をしております。

それではここで改めて「クリスマス暴落」前後の値動きを確認しておきましょう。下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた3ヵ月チャートで、左からひふみ投信、ニューヨーク・ダウ平均株価、日経平均株価です。

ひふみ投信 ニューヨーク・ダウ平均株価 日経平均株価

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/01/20 (Sun)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、1月15日(火)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,394 円 (先月より82 円上昇)
●約定価額 : 41,864 円 (先月より2,867 円下落)
●騰落率 : +127.6% (先月より16.7%悪化)


先月の定時報告を書いた12月15日の時点では、まさかその10日後に「クリスマス暴落」が待ち受けていようとは知る由もありませんでした。この暴落を受けてひふみ投信の基準価額も12月25日には37,966円まで落ち込んでしまったのですが、ご覧のとおり今月の約定価額はそこから3,898円高いレベルにまで戻しております。さらに付け加えるなら、昨日時点の基準価額は42,732円となっており、約定から3営業日で868円上乗せした形になりました。とはいえ先月の約定価額44,731円と比べれば現状でもまだ1,999円安い状況にあり、「クリスマス暴落」の被害がいかに甚大だったかがよく分かりますね。結果論で言えば目先は明らかなリバウンド相場が継続しており、あの「クリスマス暴落」が千載一遇の買いチャンスだったことになります。しかしこの先には依然として米中貿易戦争や英国の合意なきEU離脱懸念など未解決の大問題が控えていますので、市場参加者の誰もが疑心暗鬼で相場に臨んでいることでしょう。ただ裏を返せばこれらの大問題が解決すれば相場が一気に強気に転換する可能性も十分に考えられますので、運用チームの皆さまにおかれましては前回と同じ失敗を繰り返さないよう、臨機応変に迅速な状況対応をお願いしたいものです。

ひふみ投信大反省会リターンズ

kage

2018/12/22 (Sat)

本エントリーは11月10日に書いた「ひふみ投信大反省会」の続編です。このところ市場の大逆風にさらされて満身創痍状態のひふみ投信ですが、まずは前回のエントリーでご紹介した運用元であるレオス・キャピタルワークスの上場延期の続報から始めましょう。その後、下記の報道などで事態の中身が多少なりとも判明してきました。

レオスの上場延期、主幹事証券が事実上要請 藤野社長「法令違反などなく納得できない」(日本経済新聞)

レオス藤野氏激白「みずほ証券が上場延期要請」 25日のマザーズ上場、異例の取り止め(日経ビジネスONLINE)

これらの記事を見る限り、今回の騒動の発端はIPOの主幹事を務めたみずほ証券からの申し入れだったようですね。しかしレオス社側はそれに納得できず、「根も葉もない言いがかりレベル」だと判断してその詳細については明らかにしないという立場なのでしょう。しかしここは一度冷静になって考えてみてください。もし自社の投資先があのような奥歯に物がはさまったようなニュースリリースを出してきたらどう思うでしょうか?レオス社が今後も引き続き上場を目指すのであれば、徹底した情報公開が必要不可欠です。ですから「隗より始めよ」の精神で、先方の要請と自社の言い分を堂々と公開してはいかがでしょう?現状のままだと私たち受益者としても情報不足から疑心暗鬼になり、折からの相場環境の悪さも手伝って浮足立つ可能性も大いにありますので。

レオス・キャピタルワークスの上場が延期に

kage

2018/12/20 (Thu)

こちらのエントリーでひふみ投信の運用元であるレオス・キャピタルワークスが東証マザーズに上場することをご紹介しましたが、今日になって突然その延期が発表されました。下記がそのニュースリリースへのリンクです。

募集株式発行及び株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせ(2018.12.20)

そしてこちらが日本取引所グループ(JPX)のお知らせへのリンクです。

新規上場の承認取消し(マザーズ):レオス・キャピタルワークス(株)(2018/12/20)

レオス社のニュースリリースにある「深掘りすべき事項」とは、具体的に何を指しているのでしょう?そもそもここに「深掘り」という単語が使われていること自体に、私はかなりの違和感を覚えるのですが。まあ、普通に考えると何らかの不備が見付かったということなのでしょう。冷静に考えれば今回の上場はかなり急ぎ過ぎの印象もありましたし、体制の整備が追い付いていなかったのかも知れませんね。あるいは現在の相場環境がかなり悪いことから、親会社のISホールディングスが安売りしたくないと言い出したとか?もっともこれを書いている時点でISホールディングスのサイトにはまだこの件が掲載されていませんので、レオス社の方から主体的に出た話なのかも知れません。いずれにせよ現時点ではこれ以上のことは一切不明ですので、詳細が分かりましたが改めてブログネタにさせていただきたいと思います。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/12/15 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、12月12日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,312 円 (先月より87 円上昇)
●約定価額 : 44,731 円 (先月より2,158 円下落)
●騰落率 : +144.3% (先月より13.0%悪化)


月日が流れるのは本当に早いもので、今年も残すところあと半月となりました。しかし市場の方は相変わらず10月10日の米国株急落を発端とした今般の相場混乱が依然として尾を引いており、昨日は日米ともに株価が急落するなど、ボラティリティーが高い(=値幅が大きい)状態が継続しております。私を含めた多くの個人投資家が「年末の株高」というアノマリーに期待して、「終わりよければすべてよし」となることを切に願っていると思いますが、現状を客観的に見る限りはちょっと難しそうですね。来週の米FOMCあたりをきっかけにして相場の雰囲気が変わって、最後の最後に「掉尾の一振」となればいいのですが。このような状況ですからひふみ投信も下落基調からなかなか抜け出すことができず、今月の約定価額は先月より2,158円も安い44,731円となりました。思い起こせば今般の相場混乱が起きる前の基準価額は53000円に肉薄するレベルでした。それはほんの2ヵ月半前のことなのですが、今にして思えばずいぶん昔の出来事のように感じます。こうなってしまうと来年中の50,000円回復さえ絶望的に思えてきますが、「将来の値動きは誰にも分からない(神のみぞ知る)」が相場の真理である以上、平成が終わる前の高値更新だって決して夢物語ではないはずです。願わくば後になって振り返った時に、「ああ、あの時こそが千載一遇の年末大バーゲンセールだったのだなぁ」と思える状況になりますように。もちろん今が「地獄の入り口」である可能性も十分に認識する必要はありますが、誰だって明るい未来像を思い描きたいものですから、新年に向けて夢と希望は持ち続けていたいものですね。

レオス・キャピタルワークスが東証マザーズに新規上場

kage

2018/11/24 (Sat)

ブログネタとして取り上げるには少々出遅れた感がありますが、自他ともに認めるひふみ信者としてはやはりこの話題をスルーするわけには参りません。今週月曜日(11月19日)、ひふみ投信の運用元である レオス・キャピタルワークス株式会社が東証マザーズに新規上場することが発表されました。なお上場予定日は2018年12月25日(火)とのことです。


ちなみにこのニュースリリースが出た今週月曜日は、ご承知のとおり日産自動車のカルロス・ゴーン会長(当時)逮捕というメガトン級のニュースが日本列島を駆け抜けたため、ただでさえ注目度の低いレオス社上場の話題が一気に吹き飛ばされたのはひふみ信者としていささか残念でした。心なしかネット上でもこの話題を見かける頻度も少ないような気がしますし。とはいえレオス社が次の段階にまた一歩踏み出したことは紛れもない事実ですので、ひふみ投信の受益者として同社と関わりを持つ身としては今度の動向を注意深く見守りたいと思います。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/11/18 (Sun)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、11月12日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,225 円 (先月より90 円上昇)
●約定価額 : 46,889 円 (先月より1,432 円下落)
●騰落率 : +157.3% (先月より9.2%悪化)


10月10日の米国株急落を発端とした今般の相場混乱は依然として尾を引いており、日米ともに株価はボラティリティーが高い(=値幅が大きい)状態が継続しております。しかし両者を比較してみると、米国株は上がったり下がったりでまさに乱高下といった印象なのですが、日本株のチャートはジリジリと上値を切り下げていく嫌な展開に見えます。このような状況になるとそもそも流動性の低い中小型新興銘柄の中には買い注文が消えて値崩れを起こすものも多く、結果的に今回の約定価額は先月より1,432円も安い46,889円となりました。さらに悪いことには週末金曜日の直近の基準価額は45,501円にまで下落していますので、まさに泣きっ面に蜂の状況です。先月の定時報告で私は「おおよそ直近の底値圏で買えてラッキーだったと精一杯の強がりを言っておきましょう」と書いておりましたが、その後の現実を直視すると「昨日の安値は今日の高値」のような悪循環に陥っているのではないか?との悲観を覚えずにはおられません。もちろんいくら優れた運用能力を持っていたとしても、それだけで相場の荒波を乗り越えられないことは私も重々承知しております。それでも運用チームの皆さま方におかれましては今こそ危機感を持って最善を尽くしていただき、言葉だけではなくぜひ目に見える形の結果で私たち受益者を安心させていただきたいと心より願っております。