2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信大反省会

kage

2018/11/10 (Sat)

10月10日の米国株急落を発端として世界中に伝播した今般の相場混乱に激しく翻弄されているひふみ投信ですが、11月7日発行の10月度月報(ひふみのあゆみ、リンク先はPDFファイルです)によると、単月の運用成績としては10月の-12.2%は過去最悪だったとのこと。このような惨憺たる結果に対して運用責任者の藤野さんからお詫びとともに下記の要因分析が掲載されており(詳細については上記のリンク先をご参照ください)、今回の月報はさながらひふみ投信大反省会の様相を呈しています。

1)グロース銘柄からバリュー銘柄へのまき戻し
2)小型株から大型株へのまき戻し


ここで私はこれらの中身には触れません。運用のプロ中のプロである藤野さんの分析によもや間違いなどないでしょうから(決してお世辞や皮肉ではありませんよ)。ただ私があえて申し上げたいのは、これらの内容に激しく既視感を覚えるという点です。言うまでもなくそれは2月のVIXショックを指しているのですが、あの時も今回と同じようなことが起こったのではありませんか?10月の惨憺たる結果が2月の反省を生かすことなく、ただ手をこまねいて同じ過ちを繰り返したため、なんてことであれば私たち受益者は泣くに泣けません。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/10/21 (Sun)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、10月15日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,135 円 (先月より115 円上昇)
●約定価額 : 48,321 円 (先月より427 円下落)
●騰落率 : +166.5% (先月より4.0%悪化)


前回のエントリーにも書いたとおり10月10日に米国株が急落し、それを受けた翌11日の日本株も急落しました。このためひふみ投信の基準価額も急落し、ご覧のとおり今月の約定価額は先月よりさらに427円安い48,321円となりました。結果論で言えば翌16日(火)の48,110円が今週の最安値だったのですが、おおよそ直近の底値圏で買えてラッキーだったと精一杯の強がりを言っておきましょう。もっとも2月のVIXショック時と同様に急落後の相場は乱高下を繰り返す傾向にありますので、結局のところいくらで約定するのかは運任せになってしまうのですが。実際に17日(水)の基準価額は49,200円でしたしね。何はともあれ起きてしまった株価急落を今さら嘆いてみても仕方ありません。ですからここはすごろくで運悪く「振り出しに戻る」のマスに止まってしまったのだと思って、潔くあきらめて現実を受け止めることにしましょう。そもそも投資は自己責任の原則に従えば、ひふみ投信を選んだ私自身がすべての結果責任を負わなければならないのですから。もちろん受益者には運用成績への不平不満を言う権利はありますが、取りも直さずそれは自分自身の見る目のなさを公言しているに等しく、あまり格好のいいものではないと私は感じます。そのことを理解した上でどうしても我慢できないのなら、私たち受益者にはファンドを売る自由が保障されているのですから、スッパリと縁を切って憂いの元を断つのも一つの選択肢だと思いますよ。反対に売らないと決めたのであれば、運用チームを信じてすべてお任せするしかありません。

株価急落でひふみ投信から緊急メッセージ

kage

2018/10/14 (Sun)

ご承知のとおり10月10日に米国株が急落し、それを受けた翌11日の日本株も急落しました。このため日米の株式に投資しているひふみ投信の基準価額も前日比-2,022円(-4.02%)の大打撃を受けてしまいました。するとその日の夜に、運用元のレオス・キャピタルワークス社から「本日の日米の株価変動について運用責任者からのメッセージ」と題する緊急レポートが出されたのです。思い起こせば2月初めのVIXショックによる急落時にも臨時レポート(リンク先はPDFファイルです)が出されました。ただ今回の緊急レポートの冒頭に下記のように書かれているとおり、前回と今回のレポートは厳密には同じ種類のものではありません。

ひふみの基準価額下落にともなう臨時レポートは原則、基準価額が5%以上下落したときにお出ししています。
今回の基準価額の下落はその基準より小さいのですが、昨日からの日米の株価変動について不安を感じていらっしゃるお客様へ、少しでも不安の軽減につながればとわたしたちの考え方を改めてお伝えいたします。


すなわち、2月の臨時レポートは前日比-5.79%で出されているためこちらのエントリーに書いた「反省文」に該当し、-4.02%で出された今回の緊急レポートは該当しないというわけですね。

わたしが考える長期投資

kage

2018/10/06 (Sat)

今回のタイトルはひふみ投信10周年特設WEBページに掲載されている意見募集のテーマからいただきました。本来ならそちらの正式ルートを経由して考えを述べるのが筋なのでしょうが、せっかくなのでブログネタにさせていただきます。そういう次第ですので、関係者各位におかれましては悪しからずご了承くださいませ。

本題に入る前に、まずは謹んでひふみ投信10周年を心よりお祝い申し上げます。こちらのエントリーで公開しているとおり、私がひふみ投信に初めて投資したのは2008年10月1日、まさにひふみ投信が設定されたその日でありました。すなわちこの時の投資分はすでに保有期間10年を超えており、資産形成応援団応援金の付与率は0.4%が適用されております。そしてその後も10年間に渡ってコツコツと毎月積立投資を継続してきた結果、本日時点における私個人の運用成績は+184.0%となりました。一時は資産3倍増(+200%)を超えていたことを思えば直近は確かに伸び悩んではいますが、設定直後2回の猫パンチ投資(=スポット投資)以外はタイミングを考えない積立投資だけで投資元本が3倍近くになったのは紛れもない事実であり、本当にすごいことだと思います。

ひふみ投信10周年

ひふみ投信がTATERU株をすべて売却

kage

2018/09/22 (Sat)

ひふみ投信の受益者にとって目下最大の懸念事項と言っても差し支えないTATERU株の取り扱いについて、9月8日付の「ひふみ投信 よくある誤解」の中で私は以下のように書いておりました。

ここ(筆者注:9月7日に提出された8月31日時点の大量保有報告書)にTATERU社の名前がなかったということは、暴落前にすべて売り切ったという希望的観測は結局のところ夢のまた夢であったことに他なりません。仮に売っていたとしても最大1%未満であり、約5%を保有したままあの3営業日連続ストップ安に突入したはずです。この間は連日比例配分で出来高が極端に少なく、売るに売れない状況でした。ですからもし全数売却できたとしたら9月6日(木)となります。果たしてそこで売ったのか?はたまた超逆張りで買い増したのか?それともあえて何もしなかったのか?その答を知るには次の大量保有報告書提出をひたすら待つしかありません。


そして待つこと2週間、昨日になってようやくレオス・キャピタルワークス社からその解答となる大量保有報告書が提出されました。果たしてその結果は?と申しますと、タイトルにあるとおりの全数売却でありました。興味を持たれた方はぜひEDINETの書類検索で探してみていただきたいのですが、報告義務発生日の9月14日時点における保有株数は見事にゼロとなっております。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/09/15 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、9月12日(木)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,020 円 (先月より93 円上昇)
●約定価額 : 48,748 円 (先月より385 円下落)
●騰落率 : +170.5% (先月より3.6%悪化)


ご承知のとおり、金曜日の日経平均株価は約3カ月半ぶりに終値で23,000円を超えました。これまでこの23,000円あたりが厚い壁となって何度も上昇を阻まれてきただけに、3連休明けにとりあえずこの水準に踏み止まることができればさらなる上昇にも期待できそうですね。しかし一方で個人投資家好みの中小型新興市場銘柄の多くは相変わらず迷走を続けています。そうなると中小型銘柄の組入比率が全体の半分以上を占めるひふみ投信も必然的に低迷を余儀なくされるわけで、今月の約定価額はあっけなく48,000円台に落ち込んでしまいました。それでもいつもなら精一杯の強がりで、「安くたくさん買えてラッキー!」と叫ぶところなのですが、今年2月以来の低迷期がここまで続いてしまうとさすがにそんな元気も出ません。そこで今回は現実としっかり向き合うために、TOPIXJASDAQだけでなく日経平均株価も比較対象としてひふみ投信の値動きを確認しておきましょう。なお比較チャートはいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしました。それではまず過去3ヵ月間の比較からご覧ください。

ひふみ投信 よくある誤解 追補版

kage

2018/09/08 (Sat)

前回のエントリーを書いた後になって「これぞ紛れもない明らかな誤解」という事例を思い付きましたので、急遽追補版を書くことにいたしました。その誤解とはズバリこれです。

・ひふみ投信はTOPIXをベンチマークにしている

毎月の運用報告書(ひふみのあゆみ)に基準価額とTOPIX(配当込み)が比較するように掲載されているため、このような誤解を生むのも致し方ないのかも知れません。しかしグラフの右側にある注意書きをよく読むと、下記のような記述があることがお分かりいただけるでしょう。

TOPIX(配当込み)は当ファンドのベンチマーク(運用する際に目標とする基準)ではありませんが、参考として記載しています。


またひふみ投信の請求目論見書にも下記のような記述があります。

2【投資方針】
(1)【投資方針】
①基本方針
「ひふみ投信」は、受益者の長期的な資産形成に貢献するために、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、マザーファンドの受益証券を通じて国内外の株式に投資することにより積極運用を行ないます。
②投資態度
主としてマザーファンドの受益証券に投資します。
なお、運用成果について目標とするベンチマークは設定しません。