2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/09/15 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、9月12日(木)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,020 円 (先月より93 円上昇)
●約定価額 : 48,748 円 (先月より385 円下落)
●騰落率 : +170.5% (先月より3.6%悪化)


ご承知のとおり、金曜日の日経平均株価は約3カ月半ぶりに終値で23,000円を超えました。これまでこの23,000円あたりが厚い壁となって何度も上昇を阻まれてきただけに、3連休明けにとりあえずこの水準に踏み止まることができればさらなる上昇にも期待できそうですね。しかし一方で個人投資家好みの中小型新興市場銘柄の多くは相変わらず迷走を続けています。そうなると中小型銘柄の組入比率が全体の半分以上を占めるひふみ投信も必然的に低迷を余儀なくされるわけで、今月の約定価額はあっけなく48,000円台に落ち込んでしまいました。それでもいつもなら精一杯の強がりで、「安くたくさん買えてラッキー!」と叫ぶところなのですが、今年2月以来の低迷期がここまで続いてしまうとさすがにそんな元気も出ません。そこで今回は現実としっかり向き合うために、TOPIXJASDAQだけでなく日経平均株価も比較対象としてひふみ投信の値動きを確認しておきましょう。なお比較チャートはいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしました。それではまず過去3ヵ月間の比較からご覧ください。

ひふみ投信 よくある誤解 追補版

kage

2018/09/08 (Sat)

前回のエントリーを書いた後になって「これぞ紛れもない明らかな誤解」という事例を思い付きましたので、急遽追補版を書くことにいたしました。その誤解とはズバリこれです。

・ひふみ投信はTOPIXをベンチマークにしている

毎月の運用報告書(ひふみのあゆみ)に基準価額とTOPIX(配当込み)が比較するように掲載されているため、このような誤解を生むのも致し方ないのかも知れません。しかしグラフの右側にある注意書きをよく読むと、下記のような記述があることがお分かりいただけるでしょう。

TOPIX(配当込み)は当ファンドのベンチマーク(運用する際に目標とする基準)ではありませんが、参考として記載しています。


またひふみ投信の請求目論見書にも下記のような記述があります。

2【投資方針】
(1)【投資方針】
①基本方針
「ひふみ投信」は、受益者の長期的な資産形成に貢献するために、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、マザーファンドの受益証券を通じて国内外の株式に投資することにより積極運用を行ないます。
②投資態度
主としてマザーファンドの受益証券に投資します。
なお、運用成果について目標とするベンチマークは設定しません。

ひふみ投信 よくある誤解

kage

2018/09/08 (Sat)

ご覧のとおり、今回もまたひふみ投信ネタです。このところ安直にこのネタを引きずっておりますが、その背景に「とりあえずひふみ投信のことを書いておけば簡単にアクセス数が稼げる」というよこしまな考えがあることを私は決して否定いたしません。ご承知のとおり今年に入ってから(正確には2月初旬のVIXショック以降)ひふみ投信の運用成績は低迷を続けています。このため不安に駆られた多くの受益者がいろいろと情報を求めてネット上を徘徊しておられるのでしょう。かく言う私もひふみ投信設定時からの受益者ですのでそのお気持ちは痛いほど分かります。一方で理由はどうあれひふみ投信に対する関心が高まっていることは紛れもない事実ですので、ブロガーとしてはその状況を黙って見逃す手はありません。ですからこのように柳の下で二匹目、三匹目のどじょうを狙うことを悪しからずご了承くださいませ。

先ほども書いたとおり、私自身もひふみ投信の受益者ですのでネット上で日々さまざまな関連情報を収集しております。今回はその中から、「ちょっとそれは違うんじゃないの?」と感じたご指摘をいくつか取り上げてみましょう。それではまずこちらのご指摘から。

・ひふみ投信はもはや中小型株ファンドではない

ひふみ投信の月報にだって多少の脚色はある

kage

2018/08/26 (Sun)

今月は酷暑と夏休みボケの影響で新規エントリー数が少なくなっっておりますので、安易な発想で誠に恐縮ではございますが引き続きひふみ投信ネタを引きずって更新数を稼がせていただきます。

ひふみ投信に関しては相互リンクさせていただいている【L】米国株投資実践日記で「(ひふみ投信)純資産残高増加の運用に与える影響について公式回答」というエントリーが公開されております。これはひふみ投信8月度中間報告「ひふみのあゆみ」の中にある「ひふみのはてな」というコーナーで「純資産残高が増えることによる運用の難しさはありますか?」という問いに対する回答が掲載されたことを取り上げたものです。その詳しい内容についてはあえて私の方では触れませんので、ぜひエルさんのエントリーでご確認ください。

この回答は私も拝読しましたが、正直なところ本音半分、建前半分くらいであろう捉えました。なぜならもし仮に「カンブリア宮殿効果」による純資産残高急増で運用に困っているとしても、正直に「実は大いに困っています」とは口が裂けても言えないと思うからです。ですからどうしても「確かにデメリットもあるがメリットだって決して少なくはない」という無難な回答にならざるを得ないのでしょう。そういう意味で私はタイトルに掲げたように、ひふみ投信の月報にだって多少の脚色はあると考えております。

ひふみ投信は本当にもうダメなのか?

kage

2018/08/25 (Sat)

前回のエントリーでも触れたとおり、私自身が毎月コツコツと積立投資を継続しているひふみ投信の基準価額がこのところ急降下を続けているため、ネット上には不満や批判の声が満ちあふれています。実際にその急降下ぶりを調べてみると、7月27日の52,700円を目先のピークにして8月21日には48,275円まで下落していますので、わずか17営業日で約8.4%も値下がりした計算になります。この状況をいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた過去1ヵ月間の比較チャートで再確認してみれば、そのダメっぷりがお分かりいただけるでしょう。

ひふみ投信1月チャート

青:ひふみ投信
赤:TOPIX
緑:JASDAQ

ご覧のとおりこの1ヵ月は指数にボロ負けですね。基準価額自体は8月21日を目先の底にして反発に転じていますが、現時点で49,671円といまだに5万円の大台を回復できていません。このような体たらくではネット上に不満や批判の声が満ちあふれるのも致し方なしといったところでしょう。ご承知のとおりひふみ投信を筆頭にしたひふみシスターズ(ひふみプラス、ひふみ年金)は「カンブリア宮殿効果」による急激な純資産総額増加に対応するため得意としてきた中小型新興市場銘柄だけで勝負できなくなっています。これをもって「ひふみはもうダメだ」とのご意見もネット上では多々目にしますが本当のそうなのでしょうか?

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/08/18 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、8月13日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,927 円 (先月より95 円上昇)
●約定価額 : 49,133 円 (先月より1,713 円下落)
●騰落率 : +174.1% (先月より11.0%悪化)


先月の定時報告で私は「このところの相場に対する体感温度はおそらく個別株投資家とインデックス投資家では天と地ほどの違いがあるのではないでしょうか?」と書いておりました。これは国内個人投資家の参加比率が高い中小型新興市場銘柄の多くが極めて弱い値動きであるのに対して、米国株を筆頭にした海外先進国株式の値動きがおおむね堅調であったためです。その後この格差はいったん収束方向に動いていたのですが、先般の「トルコショック」により元の木阿弥となってしまいました。特に今月の約定日となった8月13日(月)はトルコリラ急落の影響で日経平均株価が急落(前日比-440.65円、-1.98%)こともあり、ご覧のとおり約定価額はあっけなく5万円の大台を割り込む49,133円となりました。

ちなみに翌8月14日(火)の日経平均株価は一転して大幅反発(前日比+498.65円、+2.28%)となったため、今月はタイミングよく目先の大底で拾えたかも?と密かにほくそ笑んでおりました。しかし、投資の神様がそうそう簡単に幸運をもたらしてくださるはずもなく、ひふみ投信の基準価額は16日(木)に48,000円台に転落。現時点でも49,000円台を回復できていません。この一連の動きを分かりやすくするため、いつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたひふみ投信の1ヵ月チャートを貼り付けておきますのでご参照ください(赤丸が今月の約定日です)。

約定日

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/07/16 (Mon)

今月もまたご報告が大変遅くなり恐縮ですが、7月12日(木)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,832 円 (先月より97 円上昇)
●約定価額 : 50,846 円 (先月より2,874 円下落)
●騰落率 : +185.1% (先月より17.8%悪化)


このところの相場に対する体感温度はおそらく個別株投資家とインデックス投資家では天と地ほどの違いがあるのではないでしょうか?例えば今や世界経済の中で一人勝ち状態の米国では株式相場もナスダック総合指数がここに来て再び史上最高値を更新するなど堅調で、為替相場がドル高・円安に振れていることもあって、国際分散投資の成果は極めて順調です。論より証拠でいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたeMAXIS全世界株式インデックス(左)と楽天・全世界株式インデックス・ファンド(右)の半年チャートをぜひ確認してみてください。

eMAXIS全世界株式 楽天・全世界株式

ご覧のとおり2月のあの大暴落分をほとんど取り戻していることがお分かりいただけるでしょう。余談ですが楽天・全米株式インデックス・ファンドの方はすでに大暴落前の高値を抜いており、米国一人勝ち状態を裏付ける形になっています。

楽天・全米株式