2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/02/17 (Sat)

またまたご報告が大変遅れてしまいましたが、2月13日(火)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,316 円 (先月より98 円上昇)
●約定価額 : 48,453 円 (先月より4,966 円下落)
●騰落率 : +179.8% (先月より30.5%悪化)


先月の定時報告を書いた1月20日(土)の時点では、まさか今月の定期積立投資約定価額が5万円の大台を割り込むとは夢にも思っておりませんでした。しかし相場というものは時に想定外の事態を引き起こすものです。実際に今般の米国を震源地としたプチ・パニック的な市場混乱により今月の約定価額はご覧のとおり先月より5千円近くも安い48,453円となり、私個人の運用成績を示す騰落率も資産3倍増ライン(+200%)を大きく下回る+179.8%にまで悪化してしまいました。この数字だけを見ると今般の市場混乱により大打撃を被ったことは間違いないのですが、冷静に分析してみれば昨年11月の約定価額48,596円水準に戻っただけであり、「わずか3ヵ月分後戻りしただけだ」と思えばそれほど深刻に考える必要はないのかも知れませんね。とはいえもちろんこれは単なる気休めに過ぎません。長期金利が上昇しているにも関わらず上昇する米国株や円高が進行しているにも関わらず上昇する日本株の現状を見るにつけ、個人的には今はまだ行き過ぎた下落からの短期的な反発局面に過ぎないのだろうとの思いを強くしています。ですからおそらく私たち個人投資家としても、まだまだ混乱の渦中にあるのだという覚悟をしておくべきなのでしょう。しかしながらひふみ投信の過去の実績を振り返ってみると、数々の危機的状況から半沢直樹ばりに「やられたらやり返す、倍返しだ!」を実現して大復活を遂げてきたこともまた事実です。「過去の実績は未来を保証しない」が投資における真理であることは紛れもない事実ですが、私は今回もひふみ投信の倍返しに大いに期待しつつ、今後も投資を継続していくつもりです。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/01/20 (Sat)

年が明けても相変わらず遅いご報告となり恐縮ですが、1月15日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,218 円 (先月より103 円上昇)
●約定価額 : 53,419 円 (先月より3,117 円上昇)
●騰落率 : +210.3% (先月より16.4%改善)


思い起こせば「祝!ひふみ投信基準価額5万円超え」を書いたのは先月9日のことでした。そしてその3日後には定期積立投資約定日を迎え、50,302円で約定したことを先月の定時報告に書いております。さらに先月21日には私個人の運用成績を示す騰落率がめでたく+200%を超え、「ついに資産3倍増を達成」することができました(この時点の基準価額は51,484円です)。そして今般の約定価額はご覧のとおり53,419円となり、わずか40日あまりで3,345円(率にして6.68%)も上昇した計算になるわけです。このような絶好調ぶりを目の当たりにすると、いくら世界的な株高傾向が継続しているとはいえ、やはり「順調過ぎてかえって怖い」という複雑な心境が生まれてしまうのを禁じ得ません。しかしそんな受益者の不安を吹き飛ばすように昨日時点の基準価額は見事に設定来最高値を更新する53,941円となって週末を迎えており、現時点でひふみ投信の受益者は誰一人として損をしていないというアクティブファンドにとっては理想的な状態です。もとより私はストロングホールド継続でこの上昇が行き着くところまでトコトンお付き合いする覚悟ですが、受益者の中にはいくらなんでもそろそろ売り時では?と悩まれている方も少なからずおられるのではないでしょうか?しかし将来の値動きは誰にも分からない(=神のみぞ知る)が相場の真理である以上、絶好の売り時も結局は後になってみなければ分かりません。それでもあえてどんな時が売り時なのかを申し上げるなら、それは「売りたくなった時」で間違いないでしょう。自分の気持ちに正直に行動した方が、後々どんな結果になったとしても一番納得できるはずですから。

ついに資産3倍増を達成

kage

2017/12/21 (Thu)

12月16日付のエントリー「ひふみ投信定期積立経過報告」の中で私は、「もしかすると近々資産3倍増(騰落率200%)達成のご報告ができるかも知れません」と書いておりました。それが本日めでたく現実のものとなりましたので、謹んでご報告させていただきます。まずはご参考までに現時点の騰落率(私個人の運用成績)をご覧ください。なお12月12日は今月の定期積立投資約定日であります。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,115 円 (12月12日から増減なし)
●基準価額 : 51,484 円 (12月12日より1,182円上昇)
●騰落率 : +200.8% (12月12日より6.9%改善)


今回は記念すべき資産3倍増達成ですので、一応念のために上記数値を裏付けるエビデンス(証拠)もお示ししておきましょうか。下記左が本日の基準価額、そして下記右が今月の定期積立投資約定時に交付された取引報告書に記載されている私個人の取得単価です。

ひふみ投信基準価額 ひふみ投信取得単価

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/12/16 (Sat)

今月もまたご報告が遅くなりましたが、12月12日(火)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,115 円 (先月より100円上昇)
●約定価額 : 50,302 円 (先月より1,706円上昇)
●騰落率 : +193.9% (先月より8.3%改善)


祝!ひふみ投信基準価額5万円超え」でご紹介したとおり、ひふみ投信の基準価額は先週金曜日(12月8日)、ついに5万円の大台に乗りました。その後今週に入って多少の上げ下げはあったものの5万円の大台は何とか維持したため、今月の約定価額も定期積立投資開始から9年あまりで初めて5万円超えとなりました。ちなみに今週中で一番5万円割れに近かったのは約定日翌日の12月13日(水)の50,102円でしたので、無駄とは知りつつ約定日があと1日遅ければと思わずにはいられません。とはいえ現実にはたかだか一度の約定価額が200円程度安くなったとしても全体に及ぼす影響は微々たるものですので、その観点からも考えるだけ時間の無駄というものでしょう。改めて今週の基準価額動向を振り返ってみると、火曜日の50,302円は水曜日に次いで2番目に安かったのですからこれ以上を望むのは欲張り過ぎというものですね。なお昨日の基準価額は設定来最高値となる50,524円でしたので、ひふみ投信の受益者は現時点で誰一人として損をしていないという理想的な形で週末を迎えることができました。これにより私個人の運用成績を示す騰落率も現時点では+195.2%にまで上昇しており、もしかすると近々資産3倍増(騰落率200%)達成のご報告ができるかも知れません。冒頭にも書いているとおり、この騰落率はほぼ定期積立投資だけによるものです。加えて当然のことではありますが、火曜日に50,302円で買った分も含めて資産3倍増目前なのですから本当にありがたい限りです。机上の空論ではありますが、10年で3.3倍のペースが今後も続くと仮定すると10年後の20年目には夢の10倍増が実現することになります。10倍株(テンバガー)など個別株の専売特許だとばかり思っていましたが、コツコツ積立投資でももしかしたらもしかするかも?と思わせてくれるところがひふみ投信の魅力なのかも知れませんね。

祝!ひふみ投信基準価額5万円超え

kage

2017/12/09 (Sat)

私自身が設定時から毎月コツコツと積立投資を継続しているひふみ投信の基準価額が昨日ついに節目の5万円を突破しました。思い起こせば「祝!ひふみ投信基準価額4万円超え」を書いたのはゴールデンウィーク明けの5月8日(月)のことでしたので、あれからちょうど7ヵ月でさらに1万円上昇した計算になるわけですね。いくらハイリスク投機家を自認する私であってもさすがにこのスピードには恐怖すら覚えるのですが、とりあえず今は設定から10年を待たずに基準価額5倍増を達成したという偉業をひふみ投信の関係者各位並びに受益者の皆さま方とともに素直に喜ぶことにしましょう。

ひふみ投信

言うまでもなく基準価額の上昇は受益者にとって無条件で大歓迎です。基準価額5万円達成は誰もケチが付けられない金字塔と言って間違いないでしょう。しかしそれでもハイリスク投機家特有の天の邪鬼な性格を持つ私ですから、「本当に手放しで喜んでいいのか?」という疑問を脳裏から消し去ることができません。そこで今回も7ヵ月前と同様に他の有力アクティブファンドとの比較でひふみ投信の相対的な評価を試みたいと思います。ただその前に、まずは前回同様いつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた東証株価指数(TOPIX)との比較チャート(過去1年)からご覧ください(赤:TOPIX 青:ひふみ投信)。

ひふみ投信1年

こちらはわずか7ヵ月間で見える景色が一変してしまいましたね。前回はTOPIXに対してむしろ劣勢であったひふみ投信ですが、今ではご覧のとおり圧勝です。これを見れば少々スピード違反気味の基準価額上昇にも納得です。しかしながら(繰り返しになりますが)私たち受益者は本当に手放しで喜んでいいのでしょうか?そこでいよいよ本エントリーの本題に入って参ります。

ひふみ投信第9期運用報告書斜め読み

kage

2017/11/25 (Sat)

去る10月1日に設定から9周年を迎えたひふみ投信は翌10月2日に決算を迎えました。ちなみに決算日が設定記念日前日の9月30日ではなく10月2日になったのは単純に9月30日が土曜日であったためです。そして昨日、ひふみ投信の運用元であるレオス・キャピタルワークス株式会社より“「ひふみ投信 第9期運用報告書」発行のお知らせ”と題するメールをいただきましたので、早速ブログネタとして使わせていただこうというのが本エントリーの趣旨であります。なおひふみ投信を筆頭とする姉妹ファンド(ひふみシスターズ)の運用報告書については昨日付でレオス社のサイトに掲示された「ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の運用報告書を発行いたしました。」にそれぞれへのリンクが貼り付けてありますので、関心をお持ちの方はぜひそちらからアクセスしてみてください。

なおご承知のとおりひふみシスターズはすべて同じひふみ投信マザーファンドで運用されているため、運用結果についてもまったく違いはありません。ただしコスト面では多少の違いがあります。本エントリーではひふみシスターズの長女として最も運用暦の長いひふみ投信に敬意を表して、その運用報告書を元ネタとして選ばせていただきました。

ひふみ投信第9期運用報告書

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/11/18 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなり恐縮ですが、11月13日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,015 円 (先月より100円上昇)
●約定価額 : 48,596 円 (先月より2,706円上昇)
●騰落率 : +185.6% (先月より14.3%改善)


ご覧のとおり、上記の数字だけを見ればひふみ投信定期積立投資の経過は順風満帆で絶好調のように思えます。騰落率もいよいよ+200%(資産三倍増)が見えてきました。しかし投資を通じて大切な資産をリスクに晒している個人投資家の皆さんなら身に染みて理解しておられると思いますが、現実は決して楽観できるものではありません。ご承知のとおり今週の日本株はかなりボラティリティが大きい乱高下相場となり、「守りながら増やす」の運用方針を標榜しているひふみ投信であってもその大波に抗うことはできませんでした。終わってみれば今回の約定価額48,596円は今週で最も高いところを買ってしまったという誠に残念な結果となったのです。ちなみに今週の最安値は11月15日(水)の47,461円であり、前日比-1,000円ジャストという久しぶりの大幅下落となりました。その後2日間で基準価額は48,298円まで復活したのですが、それでも月曜日の約定価額48,596円には届いていません。定期積立投資においてはそもそも買い付けのタイミングを狙うことはできないので悔やんでも仕方ないのですが、わずか一週間でこれほど大きな値動きがあると無駄とは知りつつ「約定日があと2日遅ければ」と思ってしまいます。余談ですが今月のiDeCo(個人型確定拠出年金)の約定は国内株式が15日(水)で海外株式などの外貨建て資産関連が16日(木)とピンポイントで絶好のタイミングにはまっており、こちらは内心「してやったり」とほくそ笑んでおります。そういう意味では積立投資においてもできるだけ約定日を分散することで精神安定上の効果が望めそうですね。