2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/11/17 (Sun)

毎回ご報告が遅れ大変恐縮ですが、11月12日(火)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,280 円 (先月より86 円上昇)
●約定価額 : 48,769 円 (先月より2,637 円上昇)
●騰落率 : +153.0% (先月より12.7%改善)


先月の定時報告で私は「私個人の体感としては先月あたりから市場環境がひふみ投信にとって追い風に変わったように思えるため、ここから年末に向けての高値更新に大いに期待しております」と書いておりました。ご承知のとおりその後もひふみ投信は市場環境の好転を追い風にして上昇を続け、10月25日に年初来高値を更新し(47,278円)、11月12日の48,769円が直近の高値となっております。この高値更新がちょうど今月の定期積立投資の約定日になったことに対しては多少のもやもや感も否めませんが、このところの基準価額が順調に上昇を続けていることは受益者の端くれとして誠に喜ばしいことであります。

とはいえ改めて投資環境を確認してみると、相変わらず懸念材料が満載です。具体的には米中貿易摩擦や英国のEU離脱、さらには香港情勢やシリア情勢など何一つ解決しておりません。そんな中でも米国株はダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数が共に史上最高値を更新しており、日本株も日経平均株価やTOPIXが年初来高値を更新しました。このように世界的な株価上昇が続くと、そろそろ利益確定をしておこうかと考える個人投資家も出てくることでしょう。「利益は確定してナンボ(=含み益など所詮絵に描いた餅に過ぎない)」が投資の真理である以上、このあたりで一旦持ち高を減らして様子を見るという選択も決して間違いではありません。しかし個人的には満載の懸念材料の内、どれか一つでも解決に向かえばさらなる意外高もあり得るという面も無視できないと考えております。もちろんこれは欲の皮が突っ張ったハイリスク投機家の単なる希望的観測に過ぎません。一方で現状は2000年にピークを付けたあのITバブル直前の雰囲気に似ているという指摘もありますので、売却による機会損失リスクも一応頭の片隅に置いておく必要があるのではないでしょうか?

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/10/20 (Sun)

ご報告が大変遅れてしまいましたが、10月15日(火)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,194 円 (先月より106 円上昇)
●約定価額 : 46,132 円 (先月より1,234 円上昇)
●騰落率 : +140.3% (先月より5.1%改善)


今年に入ってからのひふみ投信は4月17日(水)に付けた47,235円が年初来高値であり、その後は2度ほど高値更新にチャレンジしたものの、いずれもあえなく跳ね返されてしまいました。しかしここに来て基準価額がジワジワと回復を続け、3度めの上値チャレンジの様相を呈しています。これが「三度目の正直」になるのか?はたまた「二度あることは三度ある」になるのか?は終わってみなければ分かりませんが、私個人の体感としては先月あたりから市場環境がひふみ投信にとって追い風に変わったように思えるため、ここから年末に向けての高値更新に大いに期待しております。

とはいえ米中貿易摩擦や英国のEU離脱、さらには香港情勢やシリア情勢など相変わらず懸念材料が山積の状況に変わりはありませんので、決して楽観はできません。とりあえず目先の重要イベントは今月末に迫った英国のEU離脱期限ですね。英国政府とEUの離脱協議は合意に達したものの、英国議会は承認を先送りしてしまいましたので、「合意なき離脱」という最悪のシナリオも覚悟しておく必要があるかも知れません。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/09/22 (Sun)

ご報告が大変遅れてしまいましたが、一つ前のエントリーにも書いたとおり9月12日(木)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,088 円 (先月より82 円上昇)
●約定価額 : 44,898 円 (先月より1,906 円上昇)
●騰落率 : +135.2% (先月より9.0%改善)


金曜日の米国株はまたしても米中貿易戦争激化懸念で下落して終わりましたが、トータルで見ればこの1カ月間で米国株は再び史上最高値圏に戻ってきました。その後押しもあってか、ご覧のとおり今月は先月より1,906円高い価額で約定しています。さらに金曜日時点の基準価額は45,675円にまで上昇しており、ひふみ投信にもようやく明るい兆しが見え始めたように思えます。現実にこのところの国内株式市場では中小型株に強い銘柄が現れており、少しずつ風向きが変わってきているのかも知れませんね。

ここで話題を米国に戻しましょう。18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では市場の予想通り0.25%の利下げが決定されましたが、市場解説によると現在の株価は年内にもう一回の追加利下げがあることを織り込んで上昇しているようです。そして米FRBが市場の期待に応えて今後も「予防的利下げ」を継続するとしたら、もしかすると本当に「バブルへGo!」が現実になるのかも知れません。実際に現状は2000年にピークを付けたITバブル前に似ているという指摘も出ていますしね。

思い起こせば私が暴落のリスクだけでなく暴騰のリスクも考えておいた方がいいのでは?と考えて「史上空前のバブル到来に備えよ」を書いたのは2015年2月11日のことでした。ちなみにその日のダウ平均株価は17,862ドルです。そしてあれから4年半が経過した現在では26,935ドルにまで上昇しています。将来の値動きは誰にも分かりませんが(神のみぞ知る)、もしかすると私たちはこれから史上空前のバブル到来とその先に待ち受ける史上空前のバブル崩壊を経験することになるのかも知れませんね。

ひふみワールドの新規設定について

kage

2019/09/15 (Sun)

9月12日(木)はひふみ投信の定期積立投資約定日でしたので、本来であれば今回のタイトルは「ひふみ投信定期積立経過報告」になるはずでした。しかし現在、運用元であるレオス・キャピタルワークス社のWebサービスがメンテナンス中で明日までログイン不可のため取引明細や応援金の確認ができません。このため当初は定時報告の中で触れるつもりだった「ひふみワールドの新規設定について」を切り出して、独立したエントリーにさせていただきます。この件につきましては私にもいろいろと考えさせられる点がありますので、この場をお借りして忌憚のない意見を申し述べさせていただきます。なおひふみワールドの詳細につきましては、レオス社から9月10日に出された下記ニュースリリースをご参照ください。

ひふみワールド

世界株ファンド「ひふみワールド」新規設定のお知らせ

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/08/19 (Mon)

毎度毎度ご報告が遅れて大変恐縮ですが、8月13日(火)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,006 円 (先月より80 円上昇)
●約定価額 : 42,992 円 (先月より2,800 円下落)
●騰落率 : +126.2% (先月より15.0%悪化)


今月初旬にトランプさんの対中制裁第4弾発動ツイートで市場が大いに翻弄されたのは記憶に新しいところですが、今度は米国で景気後退の予兆とされる長短金利の逆転現象(逆イールド)が発生して市場は一時的な大混乱に陥りました。今回の約定価額は運悪くその直前のものでしたので、現時点の基準価額42,948円より高値で買ってしまうという誠に残念な結果となっています。もっとも7月末頃の基準価額が46,000円を超えていたことを思えば、これでも十分に「安値でたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言えるレベルには違いありません。とはいえ内心ではとても喜べる状態でないことはお察しのとおりです。一方である相場解説によると、過去の経験則では逆イールドの発生から実際の景気後退までには数年のタイムラグがあり、株価の上昇がもうしばらく続く可能性も十分にあるとのこと。そう考えれば態勢の立て直しや戦略の練り直しには十分に余裕があると思われますので、運用チームの皆さまにおかれましては引き続き受益者にとってベストと思える判断を模索してくださいませ。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/07/22 (Mon)

前回のエントリーで触れたとおり、7月12日(金)はひふみ投信の定期積立投資約定日だったのですが、取引報告書の発行が3連休明けになったためご報告が遅れてしまいました。

それではいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,926 円 (先月より84 円上昇)
●約定価額 : 45,792 円 (先月より519 円上昇)
●騰落率 : +141.2% (先月より0.9%改善)


ご報告を先延ばししている間に、7月18日(木)の日経平均株価は前日比422円94銭安の急落となり、翌7月19日(金)は一転して420円75銭高の急騰となりました。これは現物株の取引高が細る中で先物に大きく動かされた典型でしょう。このように最近の日本株投資は明確な理由もなく乱高下するため本当に難しく感じます。これにはひふみ投信も思い切り翻弄され、7月18日(木)の基準価額は44,596円まで下落。翌7月19日(金)は戻しても45,273円までで、今月の約定価額45,792円に届かないという誠に残念な結果となりました。今後の日本株については7月21日(日)投開票の参議院選挙で与党が過半数を維持したことから、10月からの消費増税がほぼ確実になったと考えて間違いないでしょう。そうなると、消費低迷による軟調相場が懸念されます。この選挙結果を受けてひふみ投信の運用テームがいったいどのようなスタンスを取るのか?個人的にも大いに興味がありますので、7月度の月報(ひふみのあゆみ)でしっかりと確認したいと思います。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/06/16 (Sun)

毎度ご報告が遅れて大変恐縮ですが、6月12日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 18,842 円 (先月より84 円上昇)
●約定価額 : 45,273 円 (先月より814 円上昇)
●騰落率 : +140.3% (先月より3.3%改善)


先月の定時報告で私は「それにしても毎度毎度トランプさんの気まぐれツイートに市場が翻弄されて、本当に困ったものですね」と書きましたが、今月もまたデジャヴのように同じことが繰り返されました。言うまでもなくそれは「対メキシコ関税を最大25%まで引き上げるぞ」ツイートであり、その後の「やっぱりやーめた(無期限延期)」ツイートも含めてまたまた市場は激しく翻弄されてしまったのです。結果的にひふみ投信もその影響を回避することはできず、6月4日には基準価額が43,301円まで下落し、そこを目先の底にしてその後は上昇に転じて現時点では45,237円にまで回復しています(それでも今月の約定価額に届いていないのがいささか残念ではありますが)。

このようにトランプさんの気まぐれツイートは市場にとって撹乱要因以外の何ものでもないのですが、視点を変えれば私たちにリスク資産を安く買えるチャンスを与えてくれているのかも知れません。一部報道によればむちゃくちゃとも思えるトランプさんの行動も実は来年の大統領選挙に向けた自作自演の可能性があるとのこと。すなわち今は自分で混乱のタネをまき散らしておいて、来年になればそれらを一気に刈り取りに向かうという寸法です。そもそもビジネスマンであるトランプさんは株安を望まないと言われていますので、もし来年に向けて支持率上昇のために株高を演出するつもりなら、もしかすると今は絶好の買い場なのかも知れません。もっとも市場がトランプさんの思惑どおりに動いてくれるかどうかは誰にも分かりませんが。