2022 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 06

お知らせ

kage

 私は自己責任において極めてリスクの高い資産運用を行っております。
 投資判断はご自身の責任において決定されますようお願いいたします。
 「おやじダンサーのひとりごと 別館」は2014年6月末で閉鎖いたしました。

過去半年間のアクセスランキング(2021年11月-2022年4月)
1.迫るiDeCoの制度変更
2.今年二番目の決断
3.iDeCoのスイッチングを実施
4.今年最初の決断
5.人間万事塞翁が馬
6.確定拠出年金のスイッチングは時間がかかる
7.ひふみ投信定期積立経過報告
8.インフレの時代
9.マイ確定拠出年金リターンランキング

内科外来定期通院日

kage

2022/05/22 (Sun)

昨日5月21日(土)は3カ月に一度の内科外来定期通院日でした。前回のご報告で7.4にまで上昇していたHbA1c(NGSP)(筆者注:過去1~2ヵ月の血糖の平均値を示しています。詳細は2015年9月7日付のエントリー「糖尿病は辛いよ」をご参照ください)は下記のような結果となりました。

・HbA1c(NGSP) 6.6 (下限値4.9/上限値6.0) %

ご覧のとおり要注意レベルである7.0を下回る6.6となり、ホッと一安心といったところです。ちなみに担当医からも「これなら問題ないでしょう」と言ってもらえました。数値がここまで下がった理由は私の努力も多少は影響したとは思いますが、冷静かつ客観的に判断するに前回の診察で追加された2種類の薬の効果が大きかったのでしょう。というわけで、私の次なる目標はこの数値をさらに低下させ、少しでも薬の種類を減らすことに置きたいと思います。実際のところ薬が増えると飲み忘れのリスクも増加しますし、何より調剤薬局で支払う自己負担額がバカになりませんので。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2022/05/15 (Sun)

5月13日(金)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものように、ひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり、下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 22,039 円 (先月より77 円上昇)
●約定価額 : 53,148 円 (先月より1,319 円下落)
●騰落率 : +141.2% (先月より6.8%悪化)


まずは最初にお断りから。今月の約定日は金曜日だったため、取引明細の発行は週明け月曜日(16日)になります。このため取得単価は私が手計算で行いましたので、もしかすると多少の誤差があるかも知れません。明日発行の取引明細を見てもし差異があった場合は、後でこっそりと直しておきますので悪しからずご了承ください。

今月の約定価額はご覧のとおり先月より1,319円安い53,148円となりました。しかし実はこれでも前日比+955円だったのですよ。結果論で言えば前日木曜日(12日)の52,193円が直近1カ月の最安値となっていますので、どうせならそこで約定してくれればと虫の良い考えが脳裏をよぎったりもします。しかしそれは翌日の+955円を知っているからこそであり、そもそも底値買いは狙ってできるような簡単なものではありませんので、積み立て投資の約定タイミングに関して一喜一憂することは時間の無駄以外の何者でもないでしょう。

それにしても新年度入り以降のひふみ投信はまたジリ貧状態に戻ってしまいましたね。もちろんこれは外部環境の影響も大きく、運用チームの責任だけでないことは重々承知しております。とはいえ運用チームの皆様には、私たち受益者が「守りながら増やす」という看板を信じて託した大切な資産がジリジリと目減りしていることへの責任をぜひ肝に銘じてこれからも運用に全力を尽くしてくださいませ。

iDeCoのスイッチングを実施

kage

2022/05/07 (Sat)

今年の大型連休もいよいよ明日までとなりました。コロナ禍が続く中でも今年は行動制限なしということで、各地の観光地は大いに賑わっているようですね。私自身もこの大型連休中はいろいろと予定が入り、何度か遠出もして参りました。実は今日も午後から出かける予定が入っていたりします。このような状況ですので、すっかりブログの更新がおろそかになっておりました。正直に言えば今回のエントリーも5月1日(日)に更新するつもりで準備に取り掛かっていたのですが、果たせぬまま今日に至った次第です。という訳で、今回の更新は簡単に済ませることをお許しください。

4月3日付のエントリー「iDeCoのスイッチングを実施」で私は次回のスイッチングについて以下のように書いておりました。

次回のスイッチングについても来月早々を予定しています。ただし5月はちょうどゴールデンウィークでもありますので、5月2日(月)か6日(金)のいずれかになるでしょう。内容はiFree 8資産バランスの一部売却と朝日Nvest グローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E)の購入で変わりません。実際に指図を出したらまた改めてご報告いたします。


この予告を踏まえ、5月2日(月)に指図を出すのを忘れないよう、5月1日(日)の間に以下の内容でiDeCoのスイッチング指図を出しましたので謹んでご報告申し上げます。

スイッチング

マイ確定拠出年金リターンランキング

kage

2022/04/24 (Sun)

今週は特に書きたいネタが浮かびませんでしたので、久しぶりにこのネタを発動することにしました。思い起こせば前回は約4カ月前の昨年12月12日のことでしたので(該当エントリーはこちらをご参照ください)、タイミング的にはちょうどいいでしょう。ご承知のとおりこの間にはロシアによるウクライナ侵攻という大きな出来事がありました。これを背景として世界的にインフレが加速し、日本に限って言えば円安が物価高に拍車をかけています。直近ではインフレ抑制のため米FRBが大幅利上げに踏み切るのではないか?との思惑から先週末には米国株が急落しました。このように長期投資を取り巻く環境はここに来て大きく動いています。今回のエントリーはその過程における一場面の記録とご理解いただければ幸いです。

さて、実際のランキングをご紹介する前に毎度のご注意となり恐縮ではありますが、このランキングを見る上で以下の点にはくれぐれもご留意ください。私は確定拠出年金の運用に関して頻繁にスイッチング(=乗り換え)を行っていますので、現在の保有銘柄の買い付け時期、買い付け継続期間、保有期間などはすべてバラバラで、損益率だけを単純比較することは本来無意味です。ですからこの企画はとりあえず余白を埋めるための「ネタ」であることをご理解いただければ感謝に堪えません。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2022/04/17 (Sun)

エントリーを書くのが大変遅くなってしまいましたが4月12日(火)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこで遅ればせながらいつものように、ひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり、下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 21,962 円 (先月より124 円上昇)
●約定価額 : 54,467 円 (先月より1,989 円上昇)
●騰落率 : +148.0% (先月より7.7%改善)


ご覧のとおり今月の定期積立投資約定価額は先月より1,989円高い54,467円となりました。ただし先月の定時報告を書いた3月19日(土)時点の基準価額は54,664円でしたので、それと比べると197円安いことになり、素直には喜べません。もっともそんな事を言い出すと下に貼り付けている定点観測のチャートにあるとおり現時点の基準価額は55,361円ですから、「今回も安くたくさん買えてラッキー!」と強がりを言っておくことにしましょう。

ただ確かなことは、ひふみ投信はまだ反転攻勢には至っていないという厳しい現実です。このような状況にモヤモヤ感を募らせている受益者も少なくないことでしょう。このまま基準価額の低迷が続くと、コロナショック後の回復期に「やれやれ売り」の解約が相次いだ事態の二の舞いともなりかねませんので、私も受益者の端くれとして心配しております。運用チームの皆さまにはぜひ私たち受益者のモヤモヤ感を吹き飛ばしてくれるような結果をお示しください。ちなみにこの結果とは必ずしも基準価額の回復のみを意味するわけではありません。コロナショック時のように、今は守りを固める時期だとの判断の下で現金比率を大幅に増やすという「結果」でも構わないのです。要は私たち受益者が今の運用方針や基準価額の推移に納得できればいいということですね。

新社会人の皆さんへ

kage

2022/04/10 (Sun)

4月に入って日本中で数多くの新社会人が誕生しました。そんな新社会人の皆さんに当ブログからアドバイスできることがあるとすれば、もちろん「早い内から投資を始めよう」ということになろうかと思います。しかしそれではあまりにも芸がないので、私自身が新社会人だったはるか昔の記憶をたどって、お金にまつわるいくつかのアドバイスをさせていただきましょう。

1.4月の給料には期待するべからず

これは会社によって給与の計算方法が異なるので一概には言えないのですが、例えば月末締め翌月25日払いであれば4月入社の新入社員に給与の支払いはありません。これが15日締め当月25日払いだったとしても、受け取れる給与は半月分(半額)ということになります。私のケースがまさにこれで、新社会人最初の給料は半額でした。しかも給与振り込みの口座登録が間に合わず、現金でもらったことを鮮明に覚えています。私はそうなることが事前に分かっていたため、親に泣き付いて仕送りを1カ月間延長してもらいました。本来なら初任給で親への恩返しプレゼントでもすべきところだったのですが、社会人になってもなお親のスネをかじってしまうとはあべこべですよね。

桜01

本エントリーでは最近私自身が撮影した春らしい写真を添付します。ご覧のとおりこれは満開の桜(ソメイヨシノ)です。

iDeCoのスイッチングを実施

kage

2022/04/03 (Sun)

3月6日付のエントリー「iDeCoのスイッチングを実施」で私は次回のスイッチングについて以下のように書いておりました。

次回のスイッチングについても来月早々を予定しています。内容はiFree 8資産バランスの一部売却と朝日Nvest グローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E)の購入で変わりません。


この予告どおり、4月2日(土)に以下の内容でiDeCoのスイッチング指図を出しましたので謹んでご報告申し上げます。

スイッチング

受付番号の下に取消アイコンがあることからお分かりのとおり、今回のスイッチング指図はまだ確定しておりません。とはいえ今のところは取り消すつもりはありませんので、明日4月4日(月)に指図が確定し、翌4月5日(火)にiFree 8資産バランスの一部売却が実行される予定です。本当は4月1日(金)に指図を出したかったのですが、うっかり忘れておりました。